サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

戦争

【暴走のイスラム】葬儀狙い空爆₋イスラム教徒とっての葬儀

イスラム教にとってのタブーがまたひとつ崩されようとしている。 内戦が続くイエメンで、葬儀自体が空爆の対象となる、信じられない事態が発生した。 死者を弔う葬儀に爆弾が落とされ、参列していた多数の会葬者が犠牲となった。

驚愕!日本(広島・長崎)に原爆が落とされた本当の理由‐私が思う2×2×2=最悪の核世界

NHKドキュメンタリーで「決断なき原爆投下~米大統領 71年目の真実~」という番組が放送されていました。 内容は原爆が落とされるまでのトルーマン大統領や軍幹部の言動から、日本に原爆が投下された本当の狙いは何だったのかを探る番組でした。

私の中の「الله أكبر(アッラー・アクバル【神は偉大なり】)」を汚さないで!-バンブラティシュ ダッカテロ事件

「الله أكبر(アッラー・アクバル【神は偉大なり】)」 2016年7月1日、数人の男たちがそう叫びながら、店内にいる人々に銃弾を浴びせた。 バングラデシュの首都ダッカのレストランが、イスラム過激派に襲撃された事件だ。

サミット(主要国首脳会議)のテロ対策が教えてくれた身近に迫るテロの驚異

身近に感じるテロの恐怖・・・ 2016年5月26日~27日に三重県志摩市阿児町神明賢島で開催された伊勢志摩サミット。 第42回を迎えた先進国首脳会議として、現役の米国大統領が初めて広島を訪れるなど、画期的な成果も見られた。

ドイツ・韓国と比べた日米地位協定と基地費用負担の問題点と改定点-在日米軍に苦しめられる沖縄県民

日本ほど不平等な地位協定を結んでいる国は、世界中どこを探しても存在しないという現実を各国の地位協定と比較しながら考える。 世界の警察として世界中に軍隊を駐留させているアメリカ軍。 当然軍隊や基地の扱いをめぐって、駐留国との間に取り決めがなさ…

殺人・強姦・強盗・傷害...なぜ在日米軍基地の米兵は凶悪犯罪を繰り返すのか?-沖縄の苦悩と日米地位協定

日本に駐留する在日米軍基地などの米軍施設の74%が集中する沖縄を中心に、全国に駐留する米軍兵士により引き起こされる殺人・強姦・強盗・傷害などの凶悪犯罪。 身内を殺害された遺族の「また米軍兵士か...」と吐き捨てるようにメディアに語った姿が印象的だ…

失われる憲法第9条-独裁国家に向かう日本・阿部総理とアメリカ・トランプ氏

憲法9条改正など軍整備改革に本腰を入れ始めた阿部総理、次期アメリカ大統領選挙において「強いアメリカ」を全面的に押し出し、大統領選挙に向けて予想外の躍進を続けるドナルド・トランプ共和党議員・・・ その姿が北の独裁者と重なって見えるのは、気のせ…

今なお続くカンボジアの地雷・不発弾被害を知っていますか?-戦争の中で育った子供こそ幸せになるべきだ!

カンボジアをはじめ、世界中で起こる地雷・不発弾被害の現状を語る。 1993年に終わりを告げたカンボジア内戦から20年以上の年月が流れました。 しかし今なお当時の地雷や不発弾により多くの人間が犠牲になっているのを知っていますか?

太陽と月・ジキルとハイド・マララとナビラ-世界の光と影~テロリストはなぜ生まれるのか?~

同じような境遇にありながら、その評価が真っ二つに分かれる2人の少女がいる。 少女の名はマララ・ユスフザイとナビラ・レフマン。 彼女たちの境遇がテロを生むメカニズムとは何かを鮮明に語っている。 欧米諸国がこの事実から目を背け続ける限り、テロリス…

繰り返される負の連鎖-暴力は暴力を、悲しみは悲しみを、怒りは怒りしか生まないという現実

血で血を洗い、したたり落ちた血が川となり、やがては海となっても人間は、互いに傷つけあうことを止めようとはしない。 暴力は暴力しか生まないと誰もがわかっていても、自ら負の連鎖を断ち切る勇気も、気負いも、使命感も持ち合わせていない。

安部首相のタヌキっぷり本領発揮-南シナ海の軍事行動示唆-憲法第九条改訂へ

ここまでくると安部首相のタヌキっぷりも見事なものだ。 菅官房長官が南シナ海での混乱について、将来の軍事行動を示唆した件だ。 安倍総理の狙いは初めから憲法第九条を改定し、日本の積極的な軍事行動を可能にすることだった。

イスラム国が日本人の人質に200億円の身代金を要求した挙句に殺害した理由

イスラム国(ISIL・ISIS)が後藤健二さんと湯川遥菜さんの2人を拘束。 200億円の身代金を要求するなどしたが、紆余曲折を経て、2人とも殺害されるという最悪の結末を迎えた。