サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

【騙された!】お粥は消化に良くないって本当!?

【スポンサーリンク】

気温の乱高下の激しい季節。気を付けていてもつい体調を崩しがちだ。

ところで風邪の時の定番メニューといえば、

 

「カツ丼」肉多めで!

 

冗談はさて置き、やはり「お粥」でしょう!

 

f:id:beauty-box:20150523221642j:plain

 

卵なんぞを割り入れて、或いはシンプルに梅干だけで・・・

家庭毎のスタイルがあるだろうが、食欲のない時でも、さらっと食べられ、消化にも良い。もはや風邪の時には欠かせない定番の国民食


しかし!

実はお粥は決して消化が良い食べ物ではないらしい。

わかめを食べても髪が黒くならない、卵は1日1個までしか食べてはいけないなど、案外食品に関する「昔からの定説」には間違いが多い。


お粥が消化に悪い食べ物、と言われる理由は大きく2つ。

①咀嚼〔そしゃく〕の回数

お粥を食べるときの時のことを、思い出して欲しい。

「カレーは飲み物」ならぬ「お粥は飲み物だー!」とばかりに、ろくすっぽ噛みもせず、グビッっといってはいないだろうか?

もっともタダでさえ体調悪い時に、じっくり噛んでる力も気力もないだろう。


誰しも小さい頃に親から「ご飯はよく噛んで食べなさい。」と言われた経験は、一度や二度ではないだろう。食べ物は30回噛むことが理想と言われるが、咀嚼〔そしゃく〕することで、食べ物が細かくすり潰されると同時に、唾液の分泌を促す。

この唾液の中に含まれる酵素が、歯で細かくされた食べ物を、さらに細かく消化する。消化というとすぐに胃や腸を思い浮かべてしまいがちだが、実は口の中も重要な消化工程のひとつなのだ。


ご飯を煮たお粥そのものは「イカ」や「ゆで卵」など、消化が悪いと認知されている食品と比べると、むしろ消化しやすい部類に入るだろう。

しかしろくすっぽ噛まずに胃へ送られることで、たちまち消化の悪い食べ物へと変化してしまうという訳だ。


②隠れた伏兵

ひとつ目の理由は「食べ方」による理由だったが、もうひとつは「お粥」そのモノの特性だ。

それはお米の「皮」。

実はお米で一番消化が困難な部分は、表面を覆うお米の皮だ。

お米を煮るとこの皮が剥離し、おもゆ(お粥のたっぷりの水分)に流れ出す。

先程の話にも通じるが、通常のご飯の状態であれば、歯で砕かれ、また磨り潰され胃に送られるところだが、液体状のお粥では細かく砕くことは難しい。また前述の通り、体調面からその気も起こらないことも多い。


これらの状況から導き出されるお粥の真実とは・・・

"Give me a truth" 

「消化に悪い」

ということだ。

 

フードプロセッサーやジューサーで粉々にして、文字通り「お粥=飲み物」にするしかないだろう。

それにしても幼少の頃から、何の疑いもなく信じてきたことだ。長年当たり前に教えられてきたことがこうも簡単に覆されるのは、かなりショックだ。

 

何だかショックで風邪でも引きそうになる。

消化に良いお粥でも食べて、早く寝るとするか・・・

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo