サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

何故大人になると昆虫が嫌いになるのか?

【スポンサーリンク】

子供の頃は大好きだったのに、今となっては大の虫嫌い。

「【クワガタ】と【ゴキブリ】の違いがわからない!」という昆虫界の禁句まで飛び出す始末。

私の友人の話だ。

かくいう私も同じようなものだ。夏休みには母親の実家に帰って、虫を捕まえるのが大の楽しみだった。

それが今となっては、当時の面影はゼロ。日々ゴキブリの襲来に怯える今日この頃である。ゴキブリならまだしも子供の英雄、カブトムシやクワガタさえも、好んで触りたいとは思えなくなった。昔はあんなに必死に追いかけていたのにと思うと、寂しくさえある。

何故人は大人になるにつれて虫が嫌いになるのか?

こう言ってしまえば身も蓋もないが、一言で言ってしまえば「気持ち悪い」からに他ならない。

人間も動物だ。自分の仲間とそれ以外を判断するために、自分により近いものには親近感を覚え、自分とは異型であればある程、嫌悪感を覚えるように本能が備わっている。つまり人間とは全く似ても似つかない形状を持つ昆虫は、本来人間にとって嫌悪感の塊だ。

ところが子供にはその本能をも凌駕する程の「知的好奇心」がある。故に子供は虫に対して、抵抗が無い。

 

青天井の好奇心を満たす為に、随分残虐なこともしたものだ。

・カマキリとトンボやバッタを同じ虫かごに入れて、食べられていくのを観察。

・巣から出入りする蟻を永遠と踏み続ける。

・トンボやバッタの羽や脚を全て引っこ抜く。

・ムカデを真っ二つに引きちぎる。

・弱らせた蜂の針を引っこ抜く。

ダンゴムシを丸まらせては、片っ端から踏み潰す。

・蝶の羽をクリップやホチキス留めして放置。

・カナブンを線香花火で焼き殺す。

・トンボの尾っぽを引きちぎって、代わりに藁〔わら〕を差し込んで飛ばす。

・蛙の肛門にストローを差込み、破裂するまで膨らませ続ける。

 

考えられる限り、残虐の限りを尽くしたものだ。思えばゴキブリほいほいにかかったゴキブリさえも、なぶり殺しにして、楽しんでいた記憶がある。

みな同じようなことを経験してきたことだろうが、これが人間の世界なら、一昔前までの子供はみな、歴史に名を残す悪帝ということになる。

 

ところが大人になり、この青天井だった好奇心が満たされ、陰りが出てくる。途端に本来の異型のもモノに対する嫌悪感が頭をもたげる。

その結果気持ち悪いから嫌い!となる訳だ。

見た目のグロテスクさに加え、噛み付き、針、毒、臭いといった、昆虫の自己防衛機能の餌食となり、或いは他から知り、益々嫌いになってゆく・・・

子供の頃は大好きだが、大人になったら大嫌いになる。これはある意味極自然なことだという訳だ。

分かってしまえば何てことは無いが、この先普通に生活していれば、虫が好きになる日は来ないんだろうなと思うと、なんだかちょっと悲しい気もする。

 

ところで気になるデータ結果がある。

自然と触れ合うことの少なくなった現在では、子供でも虫に触れられない子供が急増中なんだとか。

大阪府高等学校生物教育研究会が発表した調査によると、25年前に比べ、虫嫌いは倍増しているという。

f:id:beauty-box:20150225170643j:plain


都市化が進み、自然と触れ合う機会も場所もなくなったことが大きな原因だ。また少子化で親が過保護になり過ぎて、自然の中で遊ばせなくなったり、そもそも親自身が虫に触れられなかったりすることも、関係しているらしい。

未知のモノに興味を持つというのは、非常に大切なことだ。好奇心からくる情熱、そして経験は、後々様々なモノを我々にもたらしてくれる。そういった経験が出来ないことは、大いなる損失だ。

また、我々を含めた古い世代にとって、虫は鉄板ネタだ。

「昔はあんなに好きだったのに、今となっては・・・」などと世代を超えて、共通の話題で盛り上がれなくなるのも寂しい話だ。

 

今年も東京ではセミを元気に追いかけ回す、子供の姿が見られないのだろうか・・・