サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

反日教育の罠~J1鳥栖DFキム・ミンヒョクにみる韓国の問題点~

【スポンサーリンク】

J1「キム・ミンヒョク問題」について考える。

 

今月3日に行われた鳥栖対鹿島の一戦。

後半36分鳥栖DFキム・ミンヒョク(23)が、倒れた鹿島MF金崎夢生(26)の頭部を故意に踏み付けたとして、イエローカードを受けた。

 

f:id:beauty-box:20150409183920j:plain

 

その後、処罰が不十分だとの声を受け、J1サイドが再審査を実施。非常に悪質な行為だったとして、公式戦4試合出場停止処分となった。

およそスポーツマンらしかなぬ行動に加え、当たり所が悪ければ失明していたなどと、騒ぎ立てるメディアも手伝って、キム選手への大ブーイングを巻き起こした。

さらに騒ぎは留まることを知らず、強烈な「韓国批判」にまで及んでいる。

 

これを受けてチームメイトの林彰洋選手が、一連の批判を逆に批判している。

 

「実際にテレビの方でも見ましたが、まずあの反則については不必要な行為であった事は間違いないと思います。そこを擁護するわけではありません」と、キムの行動が批判の対象となっていることに理解を示した。  

 しかし、「ただ僕は思ったのは彼が韓国人の選手だからといって、「韓国が悪い」や、「彼の根本を否定する発言まで見受けられるように思います」それは本当に必要なことなのでしょうか?」と、キムのルーツや人格を攻撃するような意見に疑問を呈した。

「もちろん。こういうプレーは2度と見たくないです。そしてこういったコメントも見たくないと思ったのが僕の感想です」  最後に林は「長いシーズンの中で、これから先を皆さんと協力してよりいいものを作り上げたいと思います。よろしくお願い致します」と結んだ。

 キムの行為は波紋を呼び、鹿島側はリーグに申し立てを行うという報道もある。それでも、「韓国が悪い」という表現は人種差別的と捉えられるもので、あってはならないだろう。

 

ライブドアニュース

 

ごもっともな意見だ。 確かに林選手や、ライブドアニュースの記者の主張は正しい。

 だが残念なことに私を含め、世界の大半の人間は聖人君子ではない。大方の人間は常に自分を取り巻く様々な環境や、その時々の時流の影響を非常に強く受けながら、生きているものであり、それが(俗世)社会で生きるということだろう。

そうである以上、ひとつの物事を考えるにあたり、これはこれ、あれはあれ、と割り切って考えることは、正直難しい。 キム選手はキム選手、韓国は韓国と考えたいところだが、なかなかそうもいかない。

理想論は理想論として尊重する姿勢はあるが、綺麗事を言っても始まらない現実もある。

 

実際、嫌韓感情がこの上ないほどの高まりを受けている日本にあって、その感情は一部の嫌韓団体のみならず、一般市民にまで及ぶ事態となっている。
日韓双方の国民が、寝ても覚めてもお互いを攻撃する口実を、血眼になって探している状況だ。
我々が聖人君子でない以上、この様な状況下で今回の様な事態が起これば、立ち所にそれが本人のプレーのみならず、人格否定や韓国全体の批判に繋がることなど、火を見るよりも明らかだ。
 
 
本人が意識するしないに関わらず、ただでさえスポーツ選手というものは、その国の代表として、見られがちだ。
そうである以上、常に自国と相手国との関係や情勢、立場を考慮しながら、適切な対応を心掛けることは、当然の義務だ。
そうしたことを忘れてしまっては、立ち所に自国の品格を下げかねない。
 
繰り返しになるが、スポーツに政治を持ち込んではいけないなどどいう発言は、理想ではあるが、現実的には単なる綺麗事にしか過ぎない。
 実際はそれほど甘いものではない以上、彼らには環境に合わせた、賢い行動が求められる。
 それが出来ないのであれば、国を背負って、海外でプレーするなどどいう選択は今すぐに捨てるべきだ。
 
 
もうひとつの問題は韓国の教育について。
韓国人のネットには、キム選手を非難するコメントに並んで、「よくやった!」という趣旨のコメントもかなり目に付く。
 
とある韓国人の書いた書き込みが、韓国人の受けてきた教育を、端的に表現している。
「生まれた時から365日24時間、日本を敵とみなす教育を受け続ければ、とっさの時に、この様な行為に出る人間が育つのは当たり前だ。」
 
恐ろしいことだが、実際にスポーツの場で繰り返される、日本批判の言動を振り返ってみると、キム選手の行動も、この教育の影響を少なからず受けていることは、否定できない。
 
常に日本人を目の敵にし、ひどく理不尽なことであっても、反日が頭につくだけで、全てが正義へと変わってしまう韓国。
 
これからもその様な教育や文化が続くならば、事態はかなり深刻だ。
「海外で働く人間は国の代表」という、品格ある教育すら満足にできずに、自国民を海外に送り出す現状にピリオドが打たれない限り、残念ながらこの様な悲劇は繰り返されることになるだろう。
 
日本と韓国の雪解けは、果てしなく遠い・・・
 
 

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo