サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

まさか出口調査でスルーされるとは・・・終わり悪けりゃ全てダメ!~2015年統一地方選挙~

【スポンサーリンク】

街中でティッシュ配りに、もらう気満々で近づいていった結果、 思いっきり無視された・・・

誰しもそんな悲しい経験の一度や二度は、あるのでは?

 

先日行われた、統一地方選挙の投票に行った時の話。

 

f:id:beauty-box:20150414000052p:plain

 

 

 投票所はなかなかの繁盛ぶり。

長蛇の列に並んで投票待ちをしていると、出入り口で、出口調査のアンケートを取っている人がいた。

投票を終えて出てくる人、ひとりひとりに声をかけ、どの政党に投票したかをアンケート用紙に記入してくれるよう、声をかけていた。

 

しかし気の毒なことに、なかなか協力してくれる人が現れない。

協力してあげたい反面、私もあまり時間が無い。どうしようかあれこれ考えながら、順番待ちをしていると、そのうちに投票所内に案内された。

 

投票は何事もなく終了。

 

やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらないやる・やらない・やる・やらないやる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない・やる・やらない

 

やる!!!

 

(こんな時代だからこそ、助け合いの精神!お前だった、今まで様々な人に助けられてここにいるんだろ!?)

 

そう自分に言い聞かせ、協力してあげようという思いがMAXに達したところで、出口から外に出た。

 

私と目が合ったアンケート係りの男性が、にっこり微笑む。

 

(時間はないので手短に頼みまっせ!)

 

そう思いながら、おもむろに近づいてく私に、男性が一言。

 

「お疲れ様でした。お気を付けてお帰り下さい。」

 

ってアンケート頼まんのかい!?

 

込み上げるこの熱い思いをどうしたらええんや~!?

 

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

 

 

それにしても今までの時間は何だったんだ!!!

 

 俺の青春を返せー!!!

 

 

その後男性は、私のすぐ後に出てきた女性にアンケートの協力を依頼して、敢え無く撃沈していた。

 

私ってそんなに非協力的に見えたんですかね・・・。

 

些細なことだが、地味にショックを受けた、今年の統一地方選挙だった。

 

 

あわせて読みたい

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo