サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

【六信五行】イスラム教の戒律は何故厳しい?断食・礼拝・聖地巡礼・・・

【スポンサーリンク】

イスラム教徒(ムスリム)の基本行動である五行・・・信仰告白・断食(食事)・礼拝・聖地巡礼喜捨について触れてみたい。

 

イスラム教と聞いて殆どの人が真っ先に思い浮かべること言えば、

「戒律が厳しい」

「野蛮・原理主義・テロ」

「よく知らない」

そんなところではないだろうか?

 

f:id:beauty-box:20150510233305j:plain

(photo by R. Mitra) 

 

では何故イスラム教は戒律が厳しいのだろうか?

今回はそんな「戒律」について取り上げてみたいと思う。

「野蛮・原理主義」などの概念ばかりが先行してしまいがちなイスラム教だが、まずは相手をよく知ることなくしては、問題の解決は有り得ない。

 

ということで、私が大学時代やエジプト留学時代に学び、或いは導き出したイスラムの基本的な戒律「五行」の意味するところを書いてみたい。(ちなみに私は根っからの無神論者なのだが・・・)

何かの参考にしていただければ有難い。

※五行とはイスラム教徒が守るべき、最も重要で偉大とされる五つの行ない。

六信とは、イスラム教徒が信じるべきとされる六つの存在。

  

イスラムの基本理念
イスラム」とはアラビア語で「委ね」を意味する。委ねる対象は勿論「神(アッラー)」。ちなみに「アッラー」とはアラビア語でズバリ「神」の意。
これは人間の力ではどうにもならない厳しい自然環境で、良くも悪くも人智の及ばない次元での「誰かのせいにしたい」という運命論的思考が働くのは、古今東西、洋の東西を問わず人間という存在の常なのだろう。
しかし、「委ね」にはもうひとつ意味が存在する。それは元来「人間とは怠惰な生き物だ」という、謂わば性悪説に似た考え方だ。だからこそ自由にしてしまっては、堕落の一途をたどる。
そこで神が厳しく管理するというのが、イスラムにおける「委ね」の基本理念だ。神からのメッセージと共に、厳しい神からの管理体制を紹介したい。

 

アッラーの他に神はなし、ムハンマドアッラーの使徒である」
イスラム教徒(ムスリム)になる場合、「敬虔かつ公正な男性イスラーム教徒」2人の前で信仰告白を唱えれば、その瞬間からムスリムとして認められる。
教会に赴き神父(牧師)から洗礼を受けるキリスト教や、僧侶から戒を授かる(授戒)仏教に比べて簡素。キリスト教における洗礼名や、仏教における戒名に当たる特別な名前も無い。
人が何かを信じることはごく自然なことであり、その証明に特別な儀式や面倒な手続きなど、不必要というメッセージだろうか。

 

礼拝(サラート)
1日5回メッカに向かっての礼拝義務

夜明け(起床)

夜明け後(仕事前や午前中のブレイクタイム)

昼(昼休み)

日没(仕事終わり)

夜(就寝前)

ここまで書けば、何かにお気付きだろうか?
目覚まし代わりの1発目から始まる礼拝は、神の定めた、ある種のタイムスケジュールだ。純粋に神への信仰心を示す為の行為の裏には「規則正しい生活をせよ」との神からのメッセージが込められている。
金曜日(イスラム教の祝日)は少なくとも1回はモスクに出向き、皆と共に礼拝することが良しとされる。
地域内でのコミュニケーションを活性化させ、結束力を高めよとのメッセージなのだが、今日の日本人にとっては何とも耳が痛い。

 

喜捨(ザカート)
裕福な者が貧しい者へ行う寄付・喜捨・施し。
現在では「ザカート」を一定の財産にかかる財産税(救貧税)、「サダカ」を自由喜捨と呼んで区別しているが、元々はどちらも自主的な喜捨を表す。

共同体としての性質の強いイスラム世界が生み出した、社会福祉システムが、この喜捨制度。そこには富や成功とは(神の意思による)周囲の協力があってはじめて得られるものとの考えがある。

故に「周囲に感謝し、他の人々を気遣う心を忘るべからず」という神のメッセージがある。人間はひとりでは何も出来ないということだ。

 

断食(サウム)

イスラム暦ヒジュラ)の第9番目の月の1ヶ月間、日の出から日没までの間、飲食・喫煙・性交の禁止。

ヒジュラ太陰暦の為、その年によって時期は異なる。

唾液を飲みことは禁止されているわけではないが、敬虔なイスラム教徒の男性は、唾すら飲まない。

断食

・ある程度腹を空腹にすることで、節度とバランスを保った生活環境を構築する。

・体を休める。

・食べ物の有り難みを知る。

・思考を活性化させる。

断食中の食事

断食期間中は日没後に家族や親戚・友人を招いて一緒に食事を摂る。大勢での食事はタダでさえ美味しいものだが、大変な空腹時となれば尚更だ。

食を断つというイメージが強いが、その他にも騙す・暴力・喧嘩・邪な考えを巡らす等の良くない行ないを断ち、寄付やその他多くの善行に励むことが求められる。

・自らの行いを省みて品格を高める。

・今までの罪を洗い浄める。

・自らが苦しみを体験することで、他人の痛みや苦しみを知る。

・社会の連帯感を高め、弱者を救済する。

上記の事柄を目的とした謂わば「精算・浄化・再生」の期間だ。

小さな子供、妊婦、老人、病人、旅行者、重労働者、戦争中の兵士等、正当な理由のある人間は免除されており、柔軟性は比較的高い。(出来る限りにおいては、諸事情が解決した後、やり直す事が求められる。)

うっかり食べてしまっても、問題にはならない。

生命に関わる薬の投薬等は禁止されていない。

昼夜を通した断食や、ラマダン月以外の月も断食を行うことは、原則禁じられている。身体を激しく痛めつけることを目的としていないからだ。

「いつもいつも好きな物食って、やりたい放題しながら生きてるんだから、1年にひと月くらい我慢というものをしてみろ!」

「空腹で活性化した頭で自らの行いを省み、行動を改め、そしてその証として他人の為に善行をしてみろ!」

暴飲暴食で酷使した体を休め、貧しい人を思いを、自らは食べられることに、ひいては生きていることに感謝しろ!」

「家族やなかなか会えない親戚・知人を招き食事を共にしろ!彼らに感謝し、人と人との親交を深めろ!」

これが神からのメッセージだ。

 

巡礼(ハッジ)

一生に一度イスラム最大の聖地メッカ(マッカ)にあるカアバ神殿へ巡礼する行ない。 イスラム暦ヒジュラ)の第12番目の月の8日~10日を中心に行われる。

他の五行と違い、経済的・体力的に可能な人間だけが行えば良いとされており、必ずしも強制ではない。

ハッジを完遂した者は、イスラム社会で大きな尊敬を集めていたが、近年は経済・交通手段の発達により、メッカから遠く離れた地域のムスリムにとっても、ハッジは一般的な行ないとなりつつある。

義務ではないが、イスラム教第2の聖地メディナ(マディーナ)の「預言者のモスク」(ムハンマドの墓)にも詣でることが通例となっている。
  ハッジはムスリムにとっての夢であり、人生におけるひとつの大きな目的となっている。イスラムへの信仰心を強大なものにさせ、イスラム社会の連帯を構築する為の大きな役割を担っている。

それでは裏に隠された神からのメッセージとは?

今でこそ旅行は一般的な娯楽となりつつあるが、昔は旅行など庶民にとっては夢のまた夢だった。

その旅行に大義名分を与えたのがハッジだ。タダでさえ娯楽の少ない時代。毎日毎日働き詰めの中、人生そのものに夢や希望を与えるのに大いに役立ったはずだ。

つまり一生に一度くらいは最大級の娯楽である旅行を楽しみ、同時に幅広い見識と高い信仰心を得よ!というのが神からのメッセージだ。

 

六信
②天使
③啓典(イスラム聖典コーランなどの4つの啓示書物)
④使徒・預言者
⑤来世
⑥定命(この世の森羅万象は全て神の意思により定められる)
五行と合わせて「六信五行」と呼ばれ、イスラムの根幹を支えている。

 

如何だっただろうか?

原理主義を声高に唱える一部の過激派によって、「イスラム=テロ」のイメージが定着してしまったが、殆どのイスラム教徒は、蛮行など望んでいない。

厳格な神の管理下のもと、心から世界の平和を願って暮らしている。

アメリカをはじめとする西洋諸国のプロパガンダに乗っかって、「イスラム=敵」という極端な思考に走ることは、待っていただきたい。

少しでもイスラムを身近に感じ、お互いが理解し合うことで、混沌とした世界に平和が訪れることを願って止まない。