サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

国家プロジェクトが白紙に戻った意義-新国立競技場建設計画-

【スポンサーリンク】

「国がたった2,500億円も出せなかったのかね、という不満はある」

 

f:id:beauty-box:20150720220423j:plain

 

森喜朗元総理大臣のこの発言が、この国の政治家というものの実態を如実に表している。

 

言うまでもなく、新国立競技場の建設見直しに絡んでの発言である。

 

こうした発言をするのが、元内閣総理大臣なのだから、国民はたまったものではない。

 

東京オリンピックパラリンピック組織委員会の会長として、建設案の白紙化に一定の評価を示した所までは良かったが、短命だった総理大臣時代同様、「たったの2,500億円でガタナタ言騒ぐな!」という、決して口に出してはいけない本音を隠しておくことが出来る程、頭の良い人間では無かったようだ。

 

「ああいう、でかいものやったことないんだよ。スーパーゼネコンと話し合うような行為をしたことないわけですよ。 JSCだけじゃないですよ、文科省もそうですよ。 国がたった2,500億円も出せなかったのかねっていう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。皆、『高い、高い』と言うけれど」

 

何を基準に『高い』と言うか?

 

日本で夏季オリンピックを開催するにあたって、メイン会場にかけられる予算基準に対して「高い」に決まっている。(ちなみに現在確保出来ている財源は、全て合わせても1,500億円弱)

 

さすがば「サメの脳」と揶揄された実力の持ち主。「IT」を「イット」と読むだけのことはある。

余談だが、喋れば喋る程ボロが出るのだから、これ以上喋らないことを強くオススメする。

 


近年のオリンピックメイン会場(建設費4-6百億円)

東京スカイツリー(建設費4百億円) 

東京ドーム(建設費3.5百億円)

 

庶民にはイマイチピンとこない額だけに、2,500億円という金がどの程度かを示す議論が白熱しているが、言うまでもなくとてつもない大金だ。

 

国の借金が1,000兆円あるのだから、2,500億円など誤差の範囲というとんでもない意見もあるが、全く逆だ。

 

この様な国民の血税を屁とも思わない政治家がのさばった結果が、あの様な天文学的な借金を生み出したのだ。

 

既にデザイン料として、デザイナーのザハ・ハディド氏の事務所に、13億円を支払ったと聞いた時は耳を疑ったが、日本の国家予算96兆円を動かしているトップの政治家にとって、一般庶民と金銭感覚に大きなズレが生じてくる危険性は大いに存在する。


それでなくても莫大な金が動く巨大な国家プロジェクトには、裏があるのではないかと、国民は懐疑的になってしまうものだ。 

だからこそ余計に、しっかりとした説明と庶民的な金銭感覚との乖離を小さくする為の、たゆまぬ努力が必要になる。

 

 ちなみに新国立競技場の建設問題には、どうやらその「裏」が存在するらしい。

 

  • 日本ラクビー協会の会長として、W杯の誘致に命を注ぐ森元総理が、強力な武器と成りうる八万人規模のスタジアムを欲した。
  • ハコ物の公共事業の政治家へのバックは5%。その為、森元総理は年間10日前後しか見込めないのコンサートでの使用の為に、莫大な資金が必要となる開閉式の屋根を建設計画に盛り込んだ。

 

俄かには信じられない事柄だが、古今東西、洋の東西を問わず、政治と金と公共事業は非常に相性が良い。

 

事実こうしたことを考えると、一連の不可解な実態の謎が解けるのも確かだ。

 

 

何れにせよ2,500億円の建設費に加え、収益を差し引いても、年間20億円の持ち出しとも言われる、莫大な維持費がかかるデザイン案は白紙に戻った訳だか、何よりもこうした国家プロジェクト規模の公共事業をストップさせたことは、実は相当な評価に値する。

 

無能で自己中心的で無責任な政治家がGOサインを出した後、世界有数の経済大国の税金をバックに、お役所仕事の公務員が淡々と各工程を完遂していく公共事業は、いわばブレーキの無い列車のようなものだ。

良く無いことに、事業の規模が大きくなれば大きくなる程、その傾向は強くなる。

 

今回は安保関連法案なども絡んで、政府への批判をかわす狙いがあったとはいえ、首相自らが行動し、止まることは不可能と思われた有数の巨大国家プロジェクトを白紙に戻したのだ。


「止めようと思えば止められる」


日々の生活では一般的であっても、公共事業においては、「ほぼ不可能」とされてきたことが、「その気になれば出来る」と証明された意義は、とてつもなく大きい。

 

今後は規模に関係なく、クリーンな金の流れや、国民第一の公共事業を念頭に、疑問符の付く公共事業は、容赦なく白紙に戻すという姿勢を「継続」して打ち出していけるかが、政治家本来の存在意義を問う鍵となる。

 

あわせて読みたい

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo