サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

意外とダサい!?歴代オリンピックエンブレム(ロゴ)TOP10

【スポンサーリンク】

晴れて?白紙撤回となった2020年の東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)。

 

盗作疑惑はさており、デザイン的にもダサいと散々叩かれていましたが、改めて歴代オリンピックのエンブレムを見てみると、結構「!?」なデザインって多くないですか?

 

※素人の個人的な見解ですので、さらっと読み流してください。

 

 

 

★10位★1960年ローマ(夏季)

 
 

 1960年ローマ(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

「MCMLX」とは、ローマ数字で1960年のことらしいです。

 

それにしても

 

全体的に絵面が怖ぇーし。。。

 

平和の祭典なんですから、もっと穏やかにいきましょうよ。

 

www.benricho.org

 

 

 

★9位★2010年バンクーバ(冬季)

 
 

 2010年バンクーバ(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

オリンピックぽいっちゃあ、ぽいんですが・・・

 

個人的にどうしても「天空の城ラピュタ」に出てくる、ロボット兵に見えてしまうんですよね・・・

 

バルス!!!」

 

 

 

★8位★1988年ソウル(夏季)

 
 

 1988年ソウル(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

こちらも個人的にどうしても巨大な「オウムガイ」か「アンモナイト」にしか見えない・・・

 

 

 

★7位★2012年ロンドン(夏季)

 
 

2012年ロンドン(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

エヴァンゲリオンあたりに出てきそうな、ちょい悪ロボット風フォルムのエンブレム。

本国を中心に大批判を浴びたことは、記憶に新しい。

 

 

 

 

★6位★1980年レークプラシッド(冬季)

 
 

1980年レークプラシッド(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ん?

 

どうした?どうした?

 

天下のアメリカ様のデザインとは思えないほど、洗練さに欠けるような。。。

 

やっちまった感半端無い!?

 

 

 

★第5★2018平昌(冬季)

 
 

2018平昌(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

素材は色のついたマッチ棒かドミノ? 

 

Pyeong Chang2018の文字と五輪マークが無かったら、幼稚園児の絵の様だと、どこぞのデザイナー様が酷評していましたが。。。

 

 

 

★4位★1976年モントリオール(夏季)

 
 

1976年モントリオール(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ザ・シンプル!

 

メリケンサックみたいですね。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221453j:plain

 

★3位★1968年メキシコ(夏季)

 
 

 

1968年メキシコ(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

「狂気」すら感じるメキシコ五輪のエンブレム。

 

まさに迷路。

 

ジャポニカ学習帳の裏にこんなのが書いてあったような。。。

 

見ているだけで目が回りそうです。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221512j:plain

 

★2位★1936年ベルリン(夏季)

 
 

 1936年ベルリン(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ベルマークがいつからあるのかは知らんけど、

 

「昭和初期のベルマーク」って言われたら、まず疑わないよね。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221530j:plain

 

★1位★2020年東京(夏)

 
 

 栄えある1位に輝いたのは・・・

 

2020年東京オリンピック

 

 

ベルギー劇場2020年東京(夏)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

 やべぇー!!!

 

違う!違う!

 

こっちだった・・・

 

 

2020年東京(夏)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

結局これがやりたかっただけなんですけどね笑

 

 

先日何だかよく分からない説明と共に、正式に取り下げが決定した、日本が誇るパクリエーター佐野氏デザインのエンブレム。

 

 

新国立競技場に続き、とんでもない醜態を晒している東京オリンピックですが、責任の所在をはっきりさせると共に、今後は競技場、エンブレムに続く3度目の大失態だけは絶対に出さないよう、きちんとしたマネジメントをしてもらいたいところですね。

 

 

それにしても・・・

 

オリンピックのデザインって、国際的なイベントにも関わらず、意外とイケてないものが多い様に感じるのは私だけでしょうか?

 

実際ランキングに入っていないものの中にも、「?」のつくデザインはまだまだ存在します。

 

1984年サラエボ(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1984年サラエボ(冬季)

 

1988年カルガリー(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1988年カルガリー(冬季)

 

1976年インスブルック(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1976年インスブルック(冬季)

 

 

思えば今回の東京オリンピックエンブレム選考コンペは、デキレースだと散々叩かれてました。

 

先述の通りデザイン自体に関しても、盗作疑惑の前から国民の評判は芳しいとは言えませんでした。

 

もしかすると日本のみならずデザイン業界には悪しき風習が存在し、こうした大規模な選考には何らかの政治的な力が働くものであり、それ故国民の支持するデザインとはかけ離れていく傾向にあることを、示唆しているのかも知れませんね。

 

 

ここはいっちょ私もデザイン選考会に応募してみましょうかね。

 

いや、あまりに触らなさ過ぎて、Illustratorの基本的な使い方すら怪しくなってきているかも・・・

 

まずは、もう一度イラレを学び直さねば・・・

 

今週のお題「いま学んでみたいこと」

 

※見解はあくまでも個人的な意見です。

 

 

 合わせて読みたい!いや、読んいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo