サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

1964年の公式エンブレム再登場待望論-前例はあるのか?-2020年東京オリンピック

【スポンサーリンク】

佐野氏考案の2020年東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)が、正式に白紙撤回になっり、再度選考が行われることとなった。

 

こうした事態を受けて、椎名林檎さんややくみつるさんを中心に、故・亀倉雄策さんがデザインした1964年の東京五輪公式エンブレムの再登場に、期待する声があがっている。

 

f:id:beauty-box:20150903130448p:plain

 

「明快で荘厳。あれを超えるデザインはない。2度目の五輪開催都市として、先人への尊崇の念を持ち、理念を継承していくことが大切」

 

やくみつる (朝日新聞電子版)

 

 「斯くなる上は、亀倉雄策氏による1964年ロゴを再利用するのはいけないのでしょうか。年号は変更が必要ですけれど。『東京・二度目の余裕』を見せていただきたい、などと思ってしまいます」

 

椎名林檎 (公式ツイッター

 

確かにかっこいい。

 

流石に若干の古臭さは否めないが、シンプルな中にも力強さがあり、昇りゆく太陽の如く経済成長を続ける日本のたくましさを、微妙な色のグラデーションだけで表現した秀逸さは、今見ても純粋にかっこいいと思える。

 

では、過去に同じエンブレムを使用した開催都市はあったのだろうか?

 

近代オリンピックが開催されるようになってから、同一都市で夏季・冬季オリンピックが開催されたのは7都市。

 

夏季大会の複数開催都市

アテネ

第1回(1896年)・第28回(2004)

 

パリ

第2回(1900年)・第8回(1924年

 

ロンドン

第4回(1908年)・第14回(1948年)・第30回(2012年)

 

ロサンゼルス

第10回(1932年)・第23回(1984年)

 

冬季大会の複数開催都市

サンモリッツ

第2回(1928年)・第5回(1948年)

 

レークプラシッド

第3回(1932年)・第13回(1980年)

 

インスブルック

第9回(1964年)・第12回(1976年)

 

 

当然と言えば当然だが、どの大会も同じエンブレムを使用した前例は無い。また、招致用のエンブレムを、その後公式エンブレムへと昇格させた前例も無い。

 

だが過去に一度だけ、同じようなロゴを使ったオリンピックがある。

 

それがインスブルックだ。

 

f:id:beauty-box:20150903134030j:plain

 

第9回(1964年)冬季オリンピック公式エンブレム

 

 

f:id:beauty-box:20150902174810g:plain

 

第12回(1976年)冬季オリンピック公式エンブレム

 

実は1976年の冬季オリンピックは、アメリカのデンバーで開催されることが決まっていた。

 

しかし、環境破壊を憂慮した住民が反対運動を展開。

 

結果、開催資格返上となり、1973年2月に急遽物理的に開催可能な状況などを考慮して、インスブルックに変更となった経緯がある。

 

その為、公式エンブレムをいちから作る余裕が無かったのだろう。

 

五輪の色を黒に統一する、字のフォントを変える等の小幅な変更で対応したものと思われる。

 

流石に年号を変えるだけでは味気ないが、個人的には1964年のロゴをベースに2020年のロゴを作るのは、それはそれで有りだと思う。

 

 

では万が一同じエンブレム(年号だけは変更)を使うとしたら、どうだろうか?

日本オリンピック委員会(JOC)の見解では、全ての判断は国際オリンピック委員会(IOC)次第とのことだ。

 

IOCからすれば、巨大な放映権料を確実に手に入れる為に、新国立競技場を2020年の1月までに完成さえてくれるのかどうかが、当面の最大にして唯一の懸案事項というのが本音だろうが・・・

 

世界に醜態をさらしたエンブレム問題。

 

一体どのような決着をみるのだろうか?

 

 

やっはりここはイラレを勉強し直して、私も再選考に参戦するしかない!?

 

完成予定は・・・

 

2050年春!

 

今週のお題「いま学んでみたいこと」

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m! 

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo