サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

悪名高きアラブのIBM-「思い出の先生」

【スポンサーリンク】

エジプト人は総じて約束や時間にルーズな民族だ。

 

アラブのIBM

 
とある著書で一躍有名になった「アラブのIBM
 

インシャッラー(I)

「神が望むならば」という意味のアラビア語
 
約束の後に必ず付ける。
 
もし、約束が果たされなかったとしても、それは神が望まなかったということになる。
 
本来は神に対して「約束を守りたいから、望んでね!」というお願いの意味合いが強いのだが、この言葉の特性上、約束をすっぽかした時の免罪符として機能してしまう一面も持つ。
 

ボクラ(B)

アラビア語で「明日」の意味。
 
私の住んでいた部屋はマンションの5階にあった。
 
エレベーターは壊れており、入居当時から使えなかった。
 
灼熱のエジプトで、毎回の上り下りはたいそう骨が折れる。
 
管理人に会う度に「エレベーターはいつ直るのか?」と尋ねていたが、いつも答えは「ボクラ、インシャッラー。」だった。
 
これは半永久的に直らないと悟ったのは、入居から4ヶ月くらい経った頃だった。
 
 

マーレイシュ(M)

アラビア語で「ごめんさない」、或いは「仕方ないね」の意味。
 
この世の森羅万象は全て神の思し召しなのだから、何が起こっても起こらなくても仕方がない、ごめんねとなる。
 
事件ならまだしも、簡単な事故や出来事ならばこの言葉ひとつで、大体かたが付く。
 
 
A「いつ私の家に来る?」
 
B「ボクラ、インシャッラー(明日、神が望むなら)」
 
A「インシャッラー(神が望むなら)」
 
 
A「昨日は私の家に来なかっただろう?」
 
B「マーレイシュ(ごめんなさい)。」
 
A「マーレイシュ(仕方ないね)。」
 
 
こんな感じだ。
 
 
何事もきっちりとした日本人には極めて評判のヨロシクないIBMだが、そこには彼らなりの事情や、生活環境もある。
 
従って直ちにこのIBMが全て悪だと言うつもりもない。
 
だが、そうした背景を抜きにして事実だけ捉えるならば、確かに彼らは非常に時間や約束にルーズな民族だ。
 
 
私が通っていたエジプトのとある大学での話。
 
ある日の午後一の講義は、少人数のフスハー(正則アラビア語-ムハンマド時代のアラビア語)の講義だった。
 
少人数だったこともあってか、何となく講義の前に集まり、連れ立って外に昼食を取りに行くのが通例となっていた。
 
 
その日はとても暑い日だった(いつもだが。。。)
 
昼食を取り、しばし休憩していると、
 
「海でも行きたいな」
 
誰とも無しに呟く。
 
(私の街は海沿いに広がっており、四六時中海に入ってはいたが。。。)
 
「行くか?」
 
みんなが相槌を打つ。
 
次の瞬間、我々の足は自然と海に向かっていた。
 
もうとっくに授業開始時間は過ぎていたが、照りつける暑さで脳が溶け、そこにいる人間がほぼ講義に参加する生徒全員だという事実を忘れてしまったらしい。
 
さすがに泳ぐ訳にはいかなかったが、ハーフパンツの裾をビチョビチョに濡らしながら、しばしエジプトの海を満喫した。
 
満足した我々は、真っ黒に日焼けした顔をほころばせながら、勢いよく教室のドアを開けた。
 
 
そこには。。。
 
 
教壇には鬼の形相をしたエジプト人女性が、ひとりポツンと立っていた。
 
言うまでもなく、この講義を担当している講師だ。
 
 
そそくさと席に着く私達。
 
一瞬不気味な静寂が教室を包み込む。
 
 
次の瞬間!
 
 
「あんたたち、全員揃って遅刻するなんて、どういうことなの!?」
 
彼女の雷が炸裂する。
 
当然だ。
 
 
「授業に遅刻するなんて、アラブ人じゃあるまいし、先進諸国の民族のすることじゃないわよ!」
 
アラブ人と比較されても困るが、言われてみれば確かに生徒は皆、日米欧の先進国出身者だ。
 
 
「すんません。天気が良かったもので、つい海に行きたくなりましてね。それでちょいとばかし、バシャバシャやっちまいまして。。。」
 
みんなを代表して私が経緯を説明する。
 
「はっ!?天気が良いから海に行ってて授業に遅刻!?
 
 
夏のエジプトなんて毎日天気だわ!!!」
 
 
彼女のプロメテウス火山が噴火した!
 
 
我々に出来ることと言えば、真夏の屋外とは対照的に、暴風雨の吹き荒れる教室で、嵐が過ぎるのをひたすら耐え忍ぶしかない。
 
一通り悪態をついた後、怒り冷めやらぬ彼女は、最後に大声でこう言い放った!
 
 
「そもそも理解不能な理由で授業をすっぽかすなんて、
 
 
あんたらはエジプト人か!?」
 
 
「マーレイシュ」と呟き、うなだれる我々に、
 
「ノット マーレイシュ!!!(仕方なくない!)」と叫ぶ姿は、もう講師と言うよりジャイアンそのもの。

イスラム文化もへったくれも無い。
 
しかし内心は自国の文化ガン無視した挙句、外国人を自国民に例えて本気で罵倒するエジプト人の姿が、あまりに滑稽過ぎて、笑いを堪えるのに必死だったことを、今でも良く覚えている。
 
 
ちなみにその後、歯の痛みを和らげる為に、リラックス効果の高い香水を探しに行くという理解不能な理由で、彼女が2週間ほど講義を休講にしたところは、流石エジプト人と言ったことろだが。。。

それはまた別のお話。
 
 
何かと不思議な先生だったが、今では良い思い出だ。
 
 
今週のお題「思い出の先生」
 
合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!
いやいや、読んでくださいm(__)m!