サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

神戸のスタジアムは数億、新国立は100億円!冷房設備が高すぎると改めて話題に・・・

【スポンサーリンク】

ザハ・ハディド氏が2020年のオリンピック・パラリンピックスタジアムの再選考への参加を、断念したことが判明した。

 

2020年東京オリンピック新国立競技場

日本スポーツ振興センター

 

施工業者が見つからなかった為とのことだ。

 

これにより伊東豊雄氏陣営(日本設計・竹中工務店清水建設大林組)対 隈研吾氏陣営(梓設計・大成建設)の一騎打ちとなった。

 

鹿島建設が大型受注を抱え、手が回らないとの理由で辞退したが、またしても建設費高騰の理由に挙げられる、スーパーゼネコンしか参加できない受注システムが崩れることはなさそうだ。

 

詳しくはこちらの記事で↓↓↓

world-news.beauty-box.tokyo

 

そんな中、ヴィッセル神戸の本拠地ノエビアスタジアムが注目を集めている。

 

2003年に市民球場を230億円で開閉式のスタジアムに全面改装。収容人数は3万4千人と新国立競技場の8万人に比べれば小さいが、それでも冷暖房の導入費用は新国立の100億円に対して、数億円と桁外れに少ない。

 

座席下に埋め込んだ特殊なスイングダンパーが上下に作動することで、冷風を座席上部へ、温風は足元へ送風するなどの工夫を凝らしているそうです。

 

「既にあった技術を組み合わせたので、設置費用は数億円に抑えられました。そもそもこのスタジアム全体の工費が230億円です。

座席数は新国立の方が倍ほどの規模ですが、座席空調だけで100億円という話を聞いて驚きました。基本的な考え方がまったく違うのでしょう」と、神戸の関係者はあきれ気味に言いました。

 

関口威人/Newzdrive

 

そもそも近年のオリンピックにおいて、あんなにも立派な競技場が、総工費500億円程度で作られているのだ。

 

まだまだ珍しい設備とはいえ京セラドームや札幌ドームにも導入され、ずば抜けて突飛なアイデアでもなくなった座席空調設備の導入に、何故100億円もかかるのか?

 

1,500億円やら3,000億円の中の100億円と言うから感覚がマヒしてしまうが、近年のメインスタジアムの標準工事費500億円前後に対する100億円と考えれば、えらく高いことに気が付く。

 

国は暑さ対策として救護設備に10億円を投じる考えを示しているが、本当は十数億で空調設備が付けられるのではないかと、疑わずにはいられない。

 

当然ゼネコンとすればひとつひとつの設備が見直され、個々の単価が引き下げられていくより、個々の単価はそのままで、空調設備を丸ごと削ったように、設備そのものが削られていく方が、良いに決まっている。

 

同じ100億円を削減するとした場合、言うまでもなく前者のほうが仕事量が増え、利益が圧迫されるからだ。

 

逆に国民にとって利益が大きいのは、後者に決まっている。

 

そんなことは小学生でも分かることだが、ひとつひとつの設備がきちんと見直されないのは、ひとえに政府や組織委員会の怠慢に他ならないのでは無いか?

 

高いから即省こうではなく、何故以前の案では2,550億円になったのか?何故空調だけで100億円もかかるのか?

 

建設費が国民の血税である以上、政府はひとつひとつの設備について、過去の事例を元に、きちんと付き詰める義務がある。

 

政府の力を持ってすれば、造作も無いことが当たり前に行われない現実こそ、国民が最も危惧する懸案事項だ。

 

このまま事が進めば、ひとつひとつの設備自体の単価は異常に高いまま、施工費節減の為に、必要な機能削減に拍車がかかり、結果使い辛いだけの施設に成りかねない。

 

 

一方で文部科学省第三者委員会は、一連の新国立競技場建設問題が河野一郎日本スポーツ振興センター理事長や、下村博文文部科学省大臣に責任があったとの報告書をまとめた。

 

報告を受け、河野理事長は会談した下村大臣に求められ、今月末で理事長の座を降りることを発表した。

 

任期満了に伴う辞任だが、事実上の引責辞任だという。

 

責任の所在を明確にしたこは一定の評価に値するが、先述の通り国民が本当に知りたいのは、何故そんなに高いのかだ。

 

今後の関係各所の報告に期待したいところだが、何れにせよ2020年東京オリンピックパラリンピックのスタジアムの問題から、当分目が離せそうにない。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo