サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

小野妹子は何故男性なのに「子」が付くのか?-結構いる、名前に「子」が付く有名人!

【スポンサーリンク】

小野妹子が実は髭面の男だった!?

 

この驚愕の事実に度肝を抜かれるのは、もはや日本の小学生の宿命と言っても過言ではない。

 

では何故小野妹子は名前に「子」の字が付くのだろうか?

 

 f:id:beauty-box:20151105123536j:plain

 

実は中国では思想家を中心に、「子」は学に優れた男性への尊称として用いられた。

 

「子」とは「先生」の意味だ。

 

つまり「子」は元々男性に付けられる名称だったのだ!

 

諸子百家(中国の有名な思想学者とその学派)

孔子(こうし)・孟子(もうし)・老子(ろうし)・荘子(そうし)

朱子(しゅし)・墨子(ぼくし)・荀子(じゅんし)

 

中国からの影響を受け、飛鳥・奈良・平安時代には日本でも位の高い男女の名前に「子」の付く名前が見られるようになる。

 

圧倒的に小野妹子が有名だが、他にも男性なのに「子」が付く歴史上の有名人は複数いる。

 

◆男性

蘇我馬子(そがの うまこ) 

蘇我連子(そがの むらじこ)

中臣 鎌子(なかとみの かまこ) 

中臣御食子(なかとみの みけこ)

小野妹子(おのの いもこ) 

 

◆女性

藤原旅子(ふじわらの たびこ)

藤原吉子(ふじわらの よしこ)

藤原 帯子(ふじわらの たらしこ)

御井子(たちばなの みいこ)

紀 若子(きの わかこ)

坂上 春子(さかのうえの はるこ)

 

中臣鎌子(なかとみの かまこ)など、もう完全に大化の改新で有名な中臣鎌足(なかとみの かまたり)の女装した姿しか想像出来ないが、実在した別人物だ。

 

冗談はさて置き、蘇我氏・中臣氏・藤原氏橘氏・紀氏・・・

 

何れも高貴な家柄であることが分かる。

 

つまり日本では「子」の字が持つ権威に与ろうと、上流階級がこぞって「子」を自分の子供達に付けたという訳だ。

 

その後は内親王(女性皇族)や源平藤橘藤原氏・源氏・平家、橘家)など、天皇家と関係の深い特級貴族出身の女性を中心に「子」の付く名前が頻繁に使われるようになる。

 

これは推測だが特級貴族にのみ集中したのは権力を握った「源平藤橘」が、格調高い「子」の字を独占し、他者は遠慮したのではないかと思われる。

 

また女性に集中したのは藤原家がそうだった様に、自らの娘を天皇に嫁がせ、外戚関係を構築するのが、当時権力を掌握するのに最も有効な手段だった。

 

兎に角優秀な女子が欲しい。

 

そうした願いが特に女児に「子」を付けさせる動機になったのではないだろうか?

 

こうして「子」は皇室や特級貴族の女性のド定番となり、明治以降は皇族にあやかろうと、日本全体で女性の名前の筆頭格となっていった。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo