サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

風俗の領収書は経費で落ちるのか?-同僚の出した領収書に開いた口がふさがらねぇ・・・

【スポンサーリンク】

ビジネスマンにとって強い味方、経費。

出費が全て経費で落ちればどんなにいいだろう?

サラリーマンなら一度は夢見る【壮大な夢】ですが、接待に使った風俗の支払いは経費で落ちるのでしょうか?

 

風俗の領収書は経費で落ちるのか?-同僚の出した領収書に開いた口がふさがらねぇ・・・

 

今年の春頃から数年間ご無沙汰だった商社時代の仕事仲間と、またちょくちょく飲みに行くようになった。

 

その中のひとり「彼」。

 

※怪しい関係ではありません。

 

笑える「彼」のあだ名とは・・・?

 

数年前、まだ「彼」と一緒に働いていた頃の話。

 

ある日、飲み屋でのこと。

 

いつものように4~5人で軽快にビールをあおっていた。

 

かなり酒が入り、みんなの気分は上々⤴︎⤴︎

 

ところが「彼」のテンションだけが、イマイチ上がらない。

 

私「どうした?何かあったのか?」

 

彼「いや・・・」

 

A男「おい、何かあったなら言ってみろよ。」

 

みんなに突っ込まれ、ようやく重い口を開いた「彼」。

 

彼「実は・・・、ひとつ出せずにいる領収書の経費清算期限が明日なんだよ・・・。」

 

私「じゃあ明日出せよ。」

 

彼「いや、それが出来たら苦労はしないよ。」

 

B男「何だがよく分からんが、だったら諦めろよ。」

 

彼「それが結構な額でさ~。しかもカード引き落としだから、カミさんにばれないうちに金を口座に入金しとかなきゃいけなんだけど、少ない小遣い制の俺にはそんな金は無い。」

 

C美「何なのよ、いったい?」

 

彼「実はさぁ・・・これなんだよ・・・」

 

恐る恐る財布から「彼」が取りだしたのは一枚の領収書。

 

ぱっと見ごく普通の領収書・・・

 

かと思いきや、発行元の名前が

 

 

「プッチモミ」

 

 

もう完全に~

 

もう完全に~

 

ダメなやつじゃん!!!

 

「プチ」だろうが何だろうが、揉んじゃあダメだろ、揉んじゃあ!

 

清算はスッパリ諦めて、

 

てめぇの汚いケツでも拭きやがれ!!!

 

 

トイレットペーパー

 

 

周囲の冷ややかな目線が容赦なく降り注ぐ。

 

彼「違うんだー!違うんだー!」

 

 泣き喚く男性

誰もなんにも言ってないのに、機関銃のごとくに言い訳を始める「彼」。

 

当時勤めていた会社の顧客には大企業がずら~り。

 

当然派手な接待は日常茶飯事だった。

 

 

ひとまず「彼」の言い分をまとめると、とある取引先の担当と飲みに行き、お互いベロベロになるまで飲んだらしい。

 

取引先の人間もそっち系がかなり好きな人らしく、言われるがままに、いかがわし~お店に行ってしまったとのこと。

 

彼「俺は会社の為に、会社の為に~!!!」

 

って言ってたけど、完全に

 

お前の息子の為だろ!?

 

せめて飲食店名義で領収書を発行してもらうとか、少し頭ひねれば方法は他にもあっただろうに、完全に酒に飲まれた口だ。

 

泥酔状態だったことに加え、大口の契約がまとまったことでテンションが上がり、何故かすんなり経理を通過出来る思ったらしい。

 

出来るか、バ~カ!

 

 

その日は楽しく終了。(だろうね・・・)

 

そんでもって朝起きて、

 

ドエライことになった!!!

 

ってことにようやく気が付いたらしい。

 

バ~カ!バカ 〜カ!

 

勿論会計上は風俗代を経費で落とすことは可能だが、お堅い上場会社の経理が、イチ平社員の持ってきたモロ風俗の領収書など、すんなり通す訳が無い。

 

C美「男ってホントにバカよね・・・」

 

って言葉が全てなのだが、悲しいかな同じ男として、痛いほど若干気持が分かってしまう。

 

そっぽを向くC美をよそに、バカな男連中で必死に頭をひねる。

 

修正は出来ないので取りあえず、文字を消してみようってことで話は落ち着いた。

 

 

秘技「ポテチ消し」

 

ポテトチップスを消しゴム替わりにする

 

 (Photo by 胖胖豬)

月の半分以上を出張に費やす私が、出張先から毎日の日報を出す時によく使っていた技だ。

 

コンビニも近くに無い地方での出張。

 

深夜に日報を書くことが多かったのだが、修正テープが見当たらないこともある。

 

そこで登場するのが、当時常時携帯していたスナック菓子。

 

油性インクは水には強いが、同じ油性の物には溶ける。

 

その性質を利用してスナック菓子にインクを吸わせる訳だ。

 

勿論完全にきれいにはならないがコツをつかむと、これが結構イケる。

 

かなり酒が入っていたこともあり、満場一致で「ポテチ消し」採用決定!

 

早速メニューにあったポテチを注文し、大の大人が1枚の風俗店の領収書を囲んで、ああだこうだと必死こく。

 

余談だが必死に頑張る我々を横目に、C美はポテチを「彼」の腕にこすりつけていた。

 

後で聞いた話では、どうやら

 

「お前が消えろ!」

 

という無言のメッセージだったらしい・・・

 

お、恐ろしい・・・

 

 

兎に角かなり不自然ではあるが、取りあえず消えるには消えた。

 

新たに生み出された領収書の発行元は、

 

 

「プッチモ」

 

 

今から考えればバカみたいな話だが、その時は全員みょうな達成感に包まれていた。

 

何だかイケそうな気がする〜♬

 

「彼」の目元は感激で若干潤んでいるように見えた。

 

彼「みんな有難う!何かイケる気がしてきた。」

 

私「そうか、検討を祈る!」

 

A男「よかったな~。経費で落ちたら一杯おごれよ~。」

 

彼「分かった。ところでもうひとつ相談があるんだ・・・今度はこの領収書なんだけど・・・」

 

 

「パイパニック」

 

 

満場一致で、

 

もう死ね!!!

 

 

って思ったよね。

 

経費で落ちずに、

 

地獄に堕ちろ!

 

ビックリマン 魔肖ネロ

 

ちなみに後日談としては、案の定経理に突っ込まれて、自腹寸前だった所を、いつもはクールな営業本部の常務のひとりが、必死にかばってくれたらしい。

 

経理上の詳しい処理方法までは分からないが、ひとまず「彼」には、領収書分の金額が補填されることで一件落着した。

 

経費で落ちたことで、地獄には堕ちずには済んだ訳だが、それにしても気になるのは・・・

 

じ、常務・・・あんたの過去に一体何が・・・?

 

 

その後の「彼」のあだ名は勿論、

 

「プッチモ」

 

余談だが個人的には過去に「○×□△モミ」という店名の「モミ」の部分を削除しようとした人間がいて、これが「モミ消す」の語源だと思っているのだか、残念ながらまだ裏は取れていない。

 

日本文学会からの正式な発表が待たれる次第だ。

 

※諸説有り by エクスプロージョン

 

今週のお題「私の流行語大賞

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo