読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

無免許運転の検挙件数は年間23,500件超!24年間無免許運転の男逮捕-氷山の一角か!?

【スポンサーリンク】

年間多くの人が命を落とす交通事故。

その裏には多くの無免許運転者が影響しいるのですが、あなたは年間どれほどの人間が無免許運転で検挙されるか知っていましたか?

 

 無免許運転の検挙件数は年間23,500件超!24年間無免許運転の男逮捕-氷山の一角か!?

画像はイメージです(Photo by houstondwi_photos)

 

無免許運転は珍しくない?

 京都府で長期間無免許で車を運転していた男が逮捕された。

 

京都府で24年にわたって無免許運転をしていた男が逮捕されました。  

 

捜査員:「前の車止まれ!前の車」  逮捕された会社員の岡谷博幸容疑者(45)は、京都府木津川市の市道で車を無免許で運転した疑いが持たれています。岡谷容疑者は19日朝、警察官の制止を振り切って逃走。その後、勤務先で身柄を確保されました。  

 

岡谷博幸容疑者:「もう(車に)乗った時点で、自分が甘かったんかなと思った。甘いというか、気持ちに負けた」

 

岡谷容疑者は24年前に運転免許を取り消されていて、警察は、日常的に無免許運転を繰り返していたとみて調べています。 

 

ANN

 

無免許運転なんて!

 

と思うかもしれないが、無免許運転で検挙される件数は、2015年で

 

年間23,500件超!

 

実に1日60人以上が検挙されている。だかこれは氷山に一角でしかない。

 

検挙される人間などほんのひと握りだろうから、岡谷容疑者のように長期間の無免許運転者もかなりの数が存在していることだろう。

 

何とも恐ろしい現実だが、無免許運転の人間などそれ程多くはないだろうと、勝手にタカをくくっていただけに、この数字にはかなり驚かされた。

 

今回の事件は氷山の一角でしかないが、日本に抱える車社会の闇は予想以上に深いという現実を知ることになる。

 

道を誤った24年間無事故無違反の男

それにしても岡谷容疑者とは、色々な意味でスゴい男だ。

 

24年無免許運転をしていたということは、裏を返せば24年間無事故無違反だったということだ。

 

24年前に免許取り消しにあったということは、当時相当無茶な運転を重ねていたのだろうが、免許取り消し後は、超が付く程の優良ドライバーに変身した訳だ。

 

車で通勤していたことからも、かなり頻繁に車を運転していたことは間違いない。事実警察もそう見ているようだ。

 

私などつい先日交通違反で捕まり、(次回こそは!)と意気込んでいたゴールド免許の夢が、新年早々についえたばかりだ。

 

京都の道路は運転したことがない。「迷路」と称され、至るところに警察が潜む東京周辺の道路と比べて、京都がどの程度のものなのかは分からない。

 

しかし、そうは言っても大都市京都である訳だし、何より本人が超が付くほど優良ドライバーであったことに間違いはないだろう。

 

捕まるわけにはいかないという思いが、常に【安全運転絶対主義】の精神での運転動機だろうが、何にせよ免許を持ちながらも、飲酒運転で人をひき殺す不届き者に比べれば、数段マシに思えてしまう。

 

勿論無免許運転以外、無事故無違反だったからといって、岡谷容疑者のやったことが許されざることには変わりない。

 

さらに最後の無謀な逃走劇や、逮捕後の言い訳は最低だ。

 

しかし、妙な話だが無謀な運転で免許取り消しになった男が、24年間無事故無違反無免許運転以外)だった姿を見ると、何事も気の持ちようだななどと、変に感心させられてしまったのも事実。

 

罪を償い、今後免許を取り直すならば、【安全運転絶対主義】の精神だけは失わないでいただきたいものだ。

 

悲惨なバス事故が次々にクローズアップされる昨今だが、ルールを守って安全運転を心がけたい。

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo