サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

な~に、ちょいとネズミ捕りの罠にハマったってだけの話ですよ・・・ 

【スポンサーリンク】

私は迷っていた。

このまま直進すべきか、信号を左折すべきか。
普段なら十中八九直進するのだが、その日はどうしてそうしようと思ったのか、今考えてみても良く分からない。
兎に角私は左折することにした。
ウインカーを出して、ハンドルを左に切る。
 

な~に、ちょいとネズミ捕りの罠にハマったってだけの話ですよ・・・ 

 

その瞬間、左折した交差点の先の交差点の信号が、赤であることに気が付いた。その交差点の信号は青に変わるのが非常に遅い。
 
選択を間違えた!
 
瞬間的にハンドルを立て直し、直進に切り替えようとする。
 
普段は殆ど車の通らない裏道のこと。多少自分勝手な運転をしても、他の車に迷惑をかけることもない。
 
と、その瞬間。
 
先の交差点の信号が青に変わった。
 
ラッキー!
 
私は慌ててまたハンドルを左に切る。
 
 
次の交差点は細い割には交通量が多いので、十中八九直進する。
 
右折の方が近道なのだが、なかなか右折出来ないことに加え、普段トラックや大型の霊柩車を運転することが多く、全長の長い車は兎に角曲がり辛い。
 
ところがその日に限っては交通量が少なかった。しかも珍しく運転していたのは軽自動車。
 
私は迷わずハンドルを右に切った。
 
 
ウー、ウー、ウー
 
 
突然不気味な音が鳴り響き、赤色灯で目がチカチカする!
 
 

パトカー

 
2人の警察官が駆け寄ってきた。
 

警察官

 
「どうしたんすか⁉︎事件ですか⁉︎」
 
理由は分かっていたがわざとらしく聞いてみた。
 
警官「ええ・・・ある意味・・・事件ですね。」
 
 
ええ、そうなんですよ!
 
小説風に書いてみましたが、要は交通違反で切符切られたってだけの話なんですよ!
 

道路交通法違反切符

 

右折禁止
 
交通量もそこそこで、標識も分かり辛いので、よくネズミ捕りが仕掛けられている場所。
 
勿論知ってはいたんですが、殆ど通らない道だったもんで、完全に忘れてましたよ。
 
 
警察官「ここ、右折禁止って知ってました?」
 
私「ぜんっぜん、知らなかったっす!!!」
 
警察官「・・・・・・。」
 
 
いや〜それにしても何ですかね〜。
 
何で直進しなかったんだろうとか、何でその日に限って軽自動車だったんだろうとか、何で信号が速攻で青になったんだろうとか、何で交通量が少なかったんだろうとか。。。
 
後から後なら「何で???」って言葉が出てくるんですが、偶然が見事に積み重なって、それが必然だったのか?と思った瞬間、事件や事故というのは起きているんだな〜なんて、妙に納得してしまいました。
 
そう、その日は私は捕まる運命にあったのさ!ハハッ。
 
偉そうに何言ってるんだ!って感じですが、我ながらキレイに捕まったなと。
 
違反がたまって、免許センターでの免許更新を余儀なくされたばかりだったのに。。。
 
これでめでたくゴールド免許のお預けと、次回の更新も免許センター行きが確定いたしました!!!
 
 
有難う!素晴らしき右折禁止レーン!有難う!日本の優秀な警察官諸君!
 
 
そんな暇があったら、この前葬儀を担当したひき逃げ死亡事故の犯人でも捕まえてくれたまえ!
 
ってか右左折禁止ってほんっとに分かり辛い。そんなにダメなら、アンパンマン号の顔くらいどデカイ標識でもブッ立ててくれれば良いのに!
 
ってあれこれ文句言ってみたところで、完全に負け犬の遠吠え以外のなにものでもないんですけどね。
 
ええ!分かっとりますよ!分かっとりますとも!
 
それでも人間言わなきゃいけない時がある!言いたい気分の時がある!
 
まぁ大きな事故につながらなかったのが不幸中の幸いでしたが、皆さんも交通違反と交通事故、そして優秀な警察官には十分気を付けましょうね。
 
何はともあれルールを守って正しい運転を!
 
交通ルール違反はダメですよ。
 
 
ってお前が言うな!
 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!
いやいや、読んでくださいm(_ _)m!