サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

教習所教官が語る事故を起こす人間の特徴と事故現場-交通事故を未然に防ぐために知っておきたいこと

【スポンサーリンク】

あたなは知っていますか?

事故を起こす人間の特徴や事故の多い場所、最も危険な瞬間など・・・

教習所の教官が語る【恐ろしい交通事故を防ぐ為に、これだけは押さえておきたい!交通事故を未然に防ぐルール!】

 

教習所教官が語る事故を起こす人間の特徴と事故現場-交通事故を未然に防ぐために知っておきたいこと

 

先日ここ最近の免許更新は、違反が溜まって毎回免許センター行きであることを告白したが、その流れでもうひとつ。

 

有料ドライバーが最寄りの警察署で簡単に免許更新が出来るのと違い、違反者は各都道府県の免許センターで120分の講習と引き換えでしかい、免許更新が出来ない。

 

これが死ぬほど退屈のだが、折角なので3つだけ記憶に残った事柄を紹介したい。

 

最も交通事故の多い場所は?

答え・・・

交差点

 

これは殆どの人が予想できたのではないか?

 

実に交通事故の50%が交差点で起きている。細心の注意を払って交差点を通行するだけで、事故を起こす、或いは事故に巻き込まれるリスクを半減させることが出来る。

 

交差点での事故は全体の半数近く

 雨の日の交差点は特に事故が多い。

 

交差点で最も危険な瞬間は?

答え・・・

左折事故

 

交差点での事故と言えば代表格は以下の3つ

  • 減速した前の車に突っ込む【追突事故】
  • 右折しようとして直進してくる車やバイクに突っ込む【右直事故
  • 左折時に直進してくるバイクや歩行者を巻き込む【巻き込み事故

 

その中でも特に気を付けたいのが、最後に挙げた左折時の巻き込み事故

 

左折時にバイクや横断歩道を渡る歩行者をやり過ごし、改めて発進した瞬間、急に視界に現れた自転車や、別の歩行者にドキっとした経験をしたことのある人も多いのでは?

 

自転車の飛び出し

 

これは人間は緊張している状態が解けて安心すると、視野が狭くなる現象のせいなんだとか。

 

例え目の前の歩行者やバイクをやり過ごしても、決して気を抜くことなく、集中力を保ったまま交差点を通過することが大切だ。

 

事故を起こし易い人の特徴

答え

  • 日常的に信号の変わり目に、無理やり突っ込む
  • 一時停止を守らない

 

警察の協力の元、免許センターがはじき出した統計だ。最も顕著に表れている特長だそうだ。

 

上記の通り交差点は最も事故の多い場所。また一時停止の指示のある場所は、怠ると事故が起こる確率の高い場所だ。言われてみると当然の結果かもしれないが、付け加えるならば「一事が万事」ということわざもある。

 

この様な運転をしている人間は、全てにおいて運転が雑なのだろう。交差点や一時停止違反での事故に限らず、事故を起こすのも時間の問題と言えるのだる。

 

◆まとめ
  • 一時停止の場所では、徐行ではなく、きちんと停止する!
  • 信号は余裕を持って!渡れないようならば、渡らない!

 

この2つを守るだけでも、運転にゆとりが生まれ、交通事故を起こす確率は大幅に減らすことが出来る。

 

「車は走る凶器」

 

ひとりひとりが交通ルールを守って、より良い交通社会の実現を目指しましょう!

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo