【ペットに顔面を食べられた遺体】やっはり犬の祖先は狼だし、猫の親戚はライオンだよねって話…(納棺師の裏話)

納棺師の見る光と闇

映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。

しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。

納棺師のもとに届いた驚愕の依頼!あなたはこの現実に耐えられますか!?

プロローグ

「あたなた犬派?それとも猫派?」

ペットとして絶大な人気を誇り、常に「ペットといえば○○」論争の中心にいる犬と猫。

愛くるしい笑顔を振りまく彼らですが、その本性はやはり野生。

そんな彼らが見せた恐るべき野生の血とは?

狼の子孫

まずは犬の話題から。

東京・福生市で顔の皮膚がはがれた状態で死亡しているのが見つかった男性について、警視庁は、男性は自殺した可能性が高く、顔の皮膚は飼っていた犬が食べたとみられると発表した。  

去年11月、福生市のマンションで、土田芳さん(当時38)が顔の皮膚がはがれた状態で頭からポリ袋をかぶって死亡しているのが見つかった。  
警視庁によると、遺体からは致死量の睡眠薬などの成分が検出されていて、死因は薬物中毒だという。また、ポリ袋は顔の部分が破れていて、顔の皮膚については傷口の形状などから刃物を使った人為的なものでなく、飼っていた犬がかんではがしたものだと断定した。  

飼い犬はチワワと雑種の2匹で、両方の犬の鼻に土田さんの血液がついていたほか、土田さんがかぶっていたポリ袋からも犬のDNA型が検出されたという。 

【ペットに顔面を食べられた遺体】やっはり犬の祖先は狼だし、猫の親戚はライオンだよねって話...

犬といえば、言わずもがな祖先は狼。

学術上の分類である属名の「Canis」や、種小名 の「lupus」はラテン語で、ずばり「狼」の意味です。

分類学上の犬は、古くは独立種とされてきた時代もありましたが、今ではタイリクオオカミの亜種のひとつとされ、狼が家畜化されたものが犬と認識されるに至っています。

狼といえば言わずと知れた、獰猛な肉食獣。ネコ科の大型獣がいない日本においては、人間を除けば、熊と並んで最強ハンターの地位に君臨していた獣王とも言うべき存在。

姿が狼に近い日本犬(秋田犬・柴犬など)はさておき、チワワやミニチュアダックスフンドなどの愛くるしい姿についつい忘れてしまいがちですが、彼らもやはり肉食獣の血を引を引く獰猛なハンターなんですよね。

ネコ科に属する小さなハンター

お次は猫。

最近動画共有サイトに投稿され注目を集めている?動画があります。それはシリアで打ち捨てられたテロリストの死体を食べる猫の動画。

2016年2月11日、猫が人間を食べる様子を収めた動画が、動画共有サイト「LiveLeak」上に公開された。場所は内戦が続くシリア。

争いにより死亡したと思われる、顔がゾンビのようになったテロリストの、損傷が激しく中が見えてしまっている膝上を、猫が一生懸命食べている。

また、すぐそばでは踝(くるぶし)より下だけになった腐敗する足を別の猫がつつく様子や、すでに死亡しハエが群がる男の近くをウロウロする猫なども映し出されている。

【ペットに顔面を食べられた遺体】やっはり犬の祖先は狼だし、猫の親戚はライオンだよねって話...

死体は腐乱が進んでおり、いい感じのグロさに仕上がった死体を貪る猫たち。(検索すればすぐに見つかると思いますが、おススメはしません!)

人間の死体をシマウマ、群がる猫をハイエナに置き換えれば、サバンナのよくある風景に早変わりなんですが・・・

猫といえば、元々は穀物倉庫を狙うネズミや害虫を捕食し、穀物を獣害や虫害から守る獰猛なハンターとして家畜化された動物です。

ライオン・トラ・チーター・ジャガー・ヒョウ・・・体は小さくともそうそうたるネコ科の捕食動物(プレデター)達の一員です。

納棺師の見た世界

先日奇妙なご遺体の処置を頼まれました。

そのご遺体は、おでこと耳のある側面部分は綺麗に残っているのですが、顔面がほぼ無くなっており、ところどころ骨も見えていました。

一昔前ので恐縮ですが、漫画『キン肉マン』に出てくるウォーズマンを想像してしまいました。外側を覆うヘルメットに当たる部分は、綺麗に残っているのですが、中央部分は食い散らかされて、ぐちゃぐちゃでした。

後から葬儀社の担当さんに伺ったところ、故人は孤独死した女性で、飼っていた2匹のペットに食べられてしまったとのことでした。

原型は留めていませんでしたので、写真を見ながら復元する形をとらさせていただきました。

しかし、可愛いペットと言えども元は野生の動物なんだと、改めて感じさせられました。

【ペットに食べられた遺体】やっはり犬の祖先は狼だし、猫の親戚はライオンだよねって話...
出典:https://middle-edge.jp/articles/I0001590

ひと言

ヤマイヌ(オオカミ)の血を引くハンター「犬」

名門狩猟一族の小さなプレデター「猫」

【ペットに顔面を食べられた遺体】やっはり犬の祖先は狼だし、猫の親戚はライオンだよねって話...

人間だろうが他の動物だろうが、犬や猫が動物の個体に群がる姿など、ゴク当たり前といえばそのとおりなんですが、普段はカレンダーなどを飾る愛くるしい表情の彼らからは想像もできない姿に、一瞬ギョッとしてしまいます。

ペットでも買おうかと思っていた矢先の出来事。

恐るべし野生の血・・・ですね。

あわせて読みたい❕
関連記事

納棺師の見る光と闇映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。どんな世界にも華やかな表向き(光)の世界と、怨霊渦巻く闇(裏)の世界があります。納棺師のもとに届いた驚愕[…]

【閲覧注意】息子を自殺で失った母親からの驚愕の再依頼とは?(納棺師の裏話))
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG