サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

【世界の飛行機墜落事故】戦闘機・軍用機の航空機事故 ワースト10

【スポンサーリンク】

世界各国の軍隊が保有する戦闘機・攻撃機爆撃機・輸送機・救難機・ヘリコプター・・・

それら軍用機における航空機墜落事故ワースト10。(戦闘時は除く)

 

【世界の飛行機墜落事故】戦闘機・軍用機の航空機事故 ワースト10

 

戦闘機などは定員も少なく、回避能力も高いため、民間機ほど大きな被害は出にくい軍用機の事故。軍事機密的な観点からも、民間機ほど公にはなりにくいの特性もありますが、かなりの事故が起きているのも事実。

 

有事(戦闘中)以外に起きた輸送中の事故や航空ショーでの事故を、人的被害の大きい順にまとめてみました。 

 

2003年のイラン革命防衛隊Il-76MD墜落事故

イリューシンIl-76MD■
  • 日時 2003年2月19日
  • 所属部隊 イラン革命防衛隊
  • 墜落地 イラン ケルマーン
  • 死者 275人(全員)
機体
ロシアのイリュージョン設計局が製造した大型ジェット輸送機。現在は貨物用に改装されたものが多いが、旅客機に換装されたものもある。
事故概要

イランの軍事組織、イスラム革命防衛隊の軍人を乗せた軍用機が、ケルマーン国際空港に向け着陸動作中に山岳地帯に墜落した。

原因は操作ミスだが、強風と濃い霧という悪天候が操作ミスを引き起こしたとされる。

軍用機による世界最悪の事故。

 

イリューシンIl-76MD

(Photo by Jim Gordon Wikipedia

 

 

オペレーション・ベビーリフト墜落事故

ロッキードC-5ギャラクシー■
機体
アメリカ軍が運用する世界最大級の軍事用超大型長距離輸送機。アメリカ軍が運用する全ての戦車を始めとする戦闘車両や航空機の運搬が可能。「ギャラクシー」は愛称。
事故概要

オペレーション・ベビーリフトとはベトナム戦争中にアメリカ軍が行った南ベトナム人孤児の大量避難計画。

戦時中南ベトナム人の孤児をアメリカ家庭が養子として引き取るケースが増え、戦争末期には30回のオペレーションが支持され、3,300人以上の孤児が西洋諸国に移送された。

事故はその第一回の作戦集に起きた。離陸直後に爆発音と共に急減圧。一旦は落ち着いたが再びコントロール不能に陥り、時速500キロで地上に激突した。

不完全とは言え不時着を試みたことが功を奏し、328人中175名が生還した。

原因は整備不良だった。戦争末期で部品不足に悩まされていたアメリカ空軍は、部品の使い回しをしていた。この機体では14あるハッチロックのうち3個は別の機体で使われており、完全ではなかった。

上昇による気圧の変化に耐え切れず、後方貨物ドアのハッチロックが外れてしまったことが墜落の原因だった。

 

ロッキードC-5ギャラクシー

(Photo by Pedro Aragão Wikipedia

 

 

2015年インドネシア空軍C-130墜落事故

機体
アメリカや日本を始め、世界69カ国で運用される軍事用輸送機のベストセラー。軍事用の輸送機としては非常に優れた能力を有しており、「世界最高の輸送機」との呼び声も高い。愛称の「ハーキュリーズ」はヘラクレスギリシア神話)の英語読み。
事故概要

インドネシア軍の大型輸送機、ロッキードC-130ハーキュリーズが、空軍基地から離陸して2分後に住宅地に墜落した。

12人のクルーとその家族の他、違法でありながらお金を払って登場した一般人など121人の搭乗員は全て死亡した。また、地上にいた多くの住民が、巻き込まれ22人が命を落とした。

インドネシア軍では2009年にも同型機が墜落し、乗員と住民98人が死亡する事故を起こしているが、その他にも近年は老朽化による事故が絶えない。

今回の墜落原因も老朽化によるエンジンの不具合との見方が強い。 

 

ロッキードC-130 ハーキュリーズ

 

 

2009年インドネシア空軍C-130墜落事故

  • 日時 2009年5月20日
  • 所属部隊 インドネシア空軍
  • 墜落地 ジャワ島西部
  • 死者 98人(乗客・住民)
事故概要

インドネシア空軍の輸送機が兵士とその家族109人を乗せて、パプア州に向かう途中で墜落。住宅4軒を破壊し、バウンドしながら水田に突っ込み爆発炎上した。

輸送機に登場していた乗客と地上にいた住人98人が死亡した。

 

 

ポーランド空軍Tu-154墜落事故

■ツポレフTu-154■
機体
ロシアで製造されている現役の旅客機。世界的に見ても政府専用機は軍が管理することが通例となっており、ポーランド政府専用機ポーランド軍が管理している。(日本の政府専用機航空自衛隊が管理)
事故概要

 第二次世界大戦中、ロシアによって大量のポーランド人が殺された「カティンの森事件」。その「カティンの森事件70周年追悼式典」に出席するため、ポーランド大統領夫妻をはじめ、多くの政府要人、軍関係者を乗せた大統領特別輸送機が開催地ロシア連邦スモレンスクへと向かっていた。

着陸予定のスモレンスク北飛行場は吹雪により視界が悪く、ロシア政府は別の空港への着陸を要請したが、ポーランド政府は従わなかった。

また、無謀な操縦を繰り返す機長に対し、ロシア側の管制官は再三注意を促したが、これにも従わなかった。

3度目の着陸挑戦に失敗し、4度目の着陸に向け、体勢を立て直そうとしたところ、高度が低すぎて主翼が木に接触。バラバラになりながら爆発炎上した。

大統領夫妻を始め、全軍のトップ、陸・海・空のトップなど、政府の要人を含む全員が死亡した。

カティンの森事件」が絡んでおり、ロシアの陰謀説なども囁かれたが、ロシア政府は別の空港への着陸を正式に要請しており、墜落には一切関係ないと思われる。

 

ツポレフTu-154

(Photo by Alexander Mishin Wikipedia

 

リヴィウ航空ショー墜落事故

■ツポレフSu-27UB■
  • 日時 2002年7月27日
  • 所属部隊 ウクライナ
  • 墜落地 ウクライナ スクヌィーリウ空軍基地
  • 死者 85人(全て観客)
機体
ロシアの誇る超高性能戦闘機。改良型はアメリカのF15イーグルに匹敵する程の性能を誇り、今なお旧ソ連諸国などでは現役の戦闘機として絶大な信頼を得ている。
事故概要

ウクライナ空軍の展示飛行チーム「ウクライィーンスィキ・ソーコルィ」所属の2名のパイロットが、空軍所属のSu-27UBを使用して、アクロバット飛行を披露している最中にコントロールを失い、地上、他の飛行機に接触。制御不能となり観客エリアに墜落、爆発炎上した。

パイロット2人は脱出して無事だったが、大勢の観客が死亡。バラバラになった遺体が散乱する、史上最悪の航空ショーとなってしまった。

当初予定していた飛行プランとは異なる飛行をしており、それに伴う操縦ミスが原因だが、観客の安全を確保する為に十分離れた場所に客席を設けなかった、燃料不足でリハーサルが行えなかったなど、運営側の過失も大きい。

 

Tu-154

(Photo by Vitaly Kuzmin Wikipedia

 

 

西ドイツ航空ショー フレッチェトリコローリ墜落事故

アエルマッキMB-339■
機体
イタリアの軽攻撃機。航空ショーでの使用や練習機として活用されることも多い。
事故概要

ドイツで行われていた航空ショーの最中、イタリア空軍のアクロバットチーム「フレッチェトリコローリ」に所属する3機が空中衝突し、1機が観客席に墜落した。

パイロット3人、地上の観客73人が死亡する大惨事となった。

 

アエルマッキMB-339

 

 

 米輸送機クラーク空軍基地墜落事故

■C-135ストラトリフター■
  • 日時 1964年5月11日
  • 所属部隊 アメリカ空軍
  • 墜落地 フィリピン クラーク空軍基地
  • 死者 275人(全員)
機体
アメリカ空軍の輸送機。「ストラトリフター」は愛称。
事故概要

フィリピンのルソン島にあった米クラーク空軍基地手前800mの位置で、米軍輸送機が墜落した事故。

搭乗員73名と地上の住民1名が死亡。搭乗員のうち10名は助かった。

C-135は軍事用ジェット輸送機の先駆け的な機体

 

C-135ストラトリフター

 

 

アメリカ海軍ダグラス DC-6墜落事故

■ダグラスR6D-1リフトマスター■
  • 日時 1955年3月22日
  • 所属部隊 アメリカ海軍
  • 墜落地 ハワイ ワイアナエ山脈
  • 死者 66人(全員)
機体
ダグラス社製のDC-6(大型レシプロ旅客機)から派生した海軍仕様の軍事用輸送機。DC-6は世界有数のベストセラー機。
事故概要

ハワイオワフ島からカリフォルニアを目指すアメリカ海軍機に計器の故障が発生。飛行の続行は不可能と見て、ヒッカム空軍基地へ引き返し始めたが、航法を誤りワイアナエ山脈に激突した。

 

 

 

アメリカ陸軍航空軍北京南苑空港墜落事故

■カーチス C-46 コマンドー
  • 日時 1945年10月12日
  • 所属部隊 アメリカ陸軍航空軍
  • 墜落地 中国 北京
  • 死者 59人(全員)
機体
第二次世界大戦中、ダグラス社のDC-3(C-47)と並んで、アメリカ軍の主力輸送機として活躍した機体。埼玉県所沢市にある航空記念公園で見ることが出来る(C-46A型)。
事故概要

アメリカ空軍の前身である陸軍航空軍が、中国の軍人を北京に輸送中に放送塔に激突・墜落した事件。

航空法のシステムや設備が未整備だったことによる。

 

カーチス C-46 コマンドー

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo