サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

ブログのタイトルの決め方で最も重要なこと-ブログのタイトル変えました

【スポンサーリンク】

ブログの顔とも言うべき「タイトル」。

キーワードを盛り込むだとか、タイトルから内容が推測できるものが良いなど、様々なタイトル論が飛び交っていますが、タイトルを付ける上で最も重要なこととは?

 

ブログのタイトルの決め方で最も重要なこと-ブログのタイトル変えました

 

突然ですがブログのタイトル変えました。

 

あれこれ悩みましたが、思い切ってガラッと変えてみました。

 

旧タイトル【丸腰の侍】世界をやんわり斬る

新タイトル サハラの風

 

サハラの風

(Photo by Dave_B_)

 

どうですか、このスッキリ感!

 

ロン毛からベリーショットにイメチェン!みたない感じ?ですよ。

 

何ということでしょう!♪

ヘッダーに配置してあったむさくるしい侍の画像はすっかり撤去され、思い切ってシャムシール(アラブ特有の刀剣)を持ったアラビア美女に変更することで、ブログ全体がぐっと明るい雰囲気に!

 

タイトルを変えた原因は、検索でまーーーーったくヒットしないから。

 

実は旧タイトルはある有名なコラムのパクリパロディです。

 

それは、日高義樹さんのコラム『世界を斬る』

 

実はこの日高義樹さん、アメリカ在住の著名なジャーナリストです。

 

どれくらいすごいかというと・・・

 

Wikipediaに名前が載っている人です!

 

どうですか?お分かりいただけたと思います。

 

もう最近のすごいか?すごくないか?はWikibediaが基本ですね。

日高 義樹(ひだか よしき、1935年6月22日 - )は、日本のジャーナリストである。アメリカ合衆国在住。ハドソン研究所客員上級研究員、全米商工会議所会長首席顧問、ハーバード大学ケネディスクールタウブマンセンター諮問委員。

 

それはさておき、そんなすんごい人のコラムをパクっちゃったもんだから、ネットでブログ名を検索しても、まーーーーーったく出てこない。

 

ちょっとほかの人とブログの話なんかをする機会があったとして、

 

「へぇ~。ブログやってるんですね。今度のぞかせてもらいますよ。」と、なったとします。

 

もちろん『世界をやんわり斬る』で調べれば真っ先に出てきますが、どこぞの馬の骨とも分からない人間のブログなんぞ、正確に覚えてなんていません。

 

断片的な記憶を頼りに、

 

『世界・斬る』辺りで、検索!

 

大体こうなる訳ですよ。

 

 

そうすると・・・

 

f:id:beauty-box:20160305104608j:plain

(出典:日高義樹 ZAKZAK

 

ドーン!!!

 

当然ですよね。

 

そんでもって

 

「う~ん、ちょっと見当たらなかったですね~。えっ?やんわりを入れないとダメ?完全に別の人のサイトとかぶっちゃってますね~」

 

となる訳です。

 

わざとかぶせてたんじゃい!

 

という訳でタイトル変更します。

 

どんなに頑張ってもSEO対策しても、絶対勝てませんからね。

 

 

ブログのタイトルを付ける上で大切なことは何なのか?

 

検索すれば様々な意見が出てきます。

 

もちろんひと目で中身が分かった方がいいとか、キーワードが入っていた方がいいとか、ハンドルネームが入っていた方がいいとか、出来ればやるに越したことはありません。

 

でもそうしたことを全て網羅した上で、自分が気に入った名前を付けるのは至難の業じゃありませんか?

 

どうせ気に食わなくてあとから変更するくらいなら、個人的にはブログのタイトルなんて自分が気に入るものを、好きに付けらたいいと思っています。

 

でも・・・

 

人とはかぶっちゃダメ!

 

これだけは気をつけた方がよろしいかと・・・

 

◆「サハラの風」とは?

サハラ(砂漠)・・・エジプト・スーダン・モロッコ・リビアチュニジアなど北アフリカに広がる広大な砂漠。元来サハラとはアラビア語で「砂漠」の意味。

 

そうした日本から遠く離れた、日本とは全く異なる文化圏からの風(意見)のように、従来の固定観念だけにとらわれない様々な角度からの見解を提案したいとの思いから。

 

今後共よろしくお願いします。

 

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo