サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

【回顧録】ブックオフ秦野曽屋店閉店セール~店の歴史も共にオフ~

【スポンサーリンク】

ブックオフ(BOOK OFF) 秦野曽屋店が閉店。これは秦野曽屋店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。

 

~店の歴史も共にオフ~

 

ブックオフ(BOOK OFF) 秦野曽屋店がいよいよ 2014年6月8日をもって閉店します。

 

今年の4月中旬から、買取りを中止していた為、寿命が尽きかけていたことは薄々感づいていましたが・・・

 

僕が最後にお邪魔したのは5月の始め。

 

お会計が終わった際に店員さんが、長年言い続けてきた癖でついつい余計な一言を。

 

「ありがとうございます。何かお売りいただける物が ございましたら、是非当店まで・・・はっ!!!・・・ 当店までお持ちいただいても、買取りできませんのでご了承ください・・・」

 

そりゃそうでしょうね。

 

「買取りは4月18日で終了しております」 って、あんたの真後ろにデカデカと書いてありますから笑

 

 

しかしどうやらこれが秦野曽屋店と僕との、最後の思い出となりそうです。

 

なんせ最近のブックオフは、昔のようにこれぞ「閉店セール」という心踊るようなセールを、ちっともやらなくなってしまいました。

 

その為、めっきり行く気が起きなくなってしまいました。

 

何だかどんどんツマラナイお店になっていくようで、 悲しい限りですね。

 

あの頃の、キラキラと輝いていたブックオフよ、もう一度!

 

ここで一句。

 

ブックオフ 店の歴史も 共にオフ」

 

そんなことを事務所で熱く語っていると、横で聞いていた店長がボソッと一言。

 

「何かエライ昔からこの業界見てきたみたいに 言ってるけど、チミ、この業界(古本業界)に携わって、まだ大して年月経ってないからね・・・」

 

あら・・・そうでしたっけ笑? (; ̄ー ̄川 アセアセ