サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

20世紀以降の世界(史上)最悪の事件・事故10選-概要・死者・被害比較

【スポンサーリンク】

戦争・事件・事故・・・

人間が巻き起こす数々の大事件や大事故が、人々の命を容赦なく奪ってきました。

20世紀以降に起きた最悪だと思う事件・事故をまとめてみました。

こうしてみるとどの事件・事故も凄まじいですが、やはり戦争が特出してますね・・・

 

アメリカ同時多発テロ事件、、テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故(航空事故)、第二次世界大戦黄河決壊事件、ハリファックス大爆発、ダッカ近郊ビル崩落事故、チェルノブイリ原子力発電所事故、ボパール化学工場事故など

 

世界(史上)最悪の事件・事故10選-概要・死者・被害比較

(長崎に投下された原子爆弾) 

 

世界最悪の戦争

第二次世界大戦

発生日時 1939年9月1日から1945年9月2日
場所 全世界
死者 5,000万~8,500万人

言わずと知れた史上最大の世界戦争。軍の犠牲者が2,200万~2,500万強に対して、民間人の死者が3,800万~5,500万人強となっていることからも、いかに戦闘とは直接関係のない一般市民が多大な犠牲を強いられたかが分かる。
原子爆弾の投下や東京大空襲などを経験した日本人の死者は全体で310万人。
ちなみに第一次世界大戦の死者は世界で850万人程度。

世界最悪の戦争 第二次世界大戦
真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナ)

 

 

世界最悪のテロ事件

アメリカ同時多発テロ事件

発生日時 2001年9月11日
場所 ニューヨークなど
死者 3,025人
原因 イスラム過激派による自爆テロ

アメリカン航空ユナイテッド航空の旅客機4機がイスラム過激派にハイジャックされ、貿易センタービルやアメリカ国防総省に突っ込んだ事件。
マンハッタンの高層ビル群にあり、2機の飛行機が突っ込んだアメリカの象徴のひとつ、世界貿易センタービルは完全に崩壊した。
これによりビル内の人間や救出に向かった消防士など、大勢の人間が犠牲となった。

世界最悪のテロ事件 アメリカ同時多発テロ事件

(Photo by cliff1066™)

 

 

世界最悪の水害

黄河決壊事件

発生日時 1938年6月
中心的な被災地 河南省安徽省江蘇省
死者 100万人
原因 中国軍の破壊工作

日中戦争のさなか、日本軍の進軍を阻止するために中国国民党軍が行った破壊工作。
自ら堤防を破壊し黄河を氾濫させるという愚行により、自国民に甚大な被害を出すこととなった。
被害の程度については諸説あるが、80万人から100万人程度が水死したと見られている。
その他農作物などにも甚大な被害をもたらし、被災者は600万人と言われる。
ちなみに日本軍は懸命の救助活動を行い、中国住民数万人から十数万人を救ったとされるが、当時中国政府は一連の事件が日本軍によって引き起こされたと発表していた。

世界最悪の水害 黄河決壊事件

(日本軍による救助活動)

 

 

世界最悪の爆発事故(平時)

ハリファックス大爆発

発生日時 1917年12月6日
場所 カナダノバスコシア州ハリファックス
死者 約2,000人
原因 船長の運行ミス

フランスの貨物船とベルギーの貨物船が衝突、フランス船に積んであった2,600トンの火薬が爆発した事件。
フランス船の船長はベルギー船の船長が規定を無視した航路をとったことにより両船が衝突したとしている。
いずれにせよ通常なら大した衝突ではなかったが、衝撃でフランス船に積んであったベンゾールに引火。大量の爆薬を積んでいたため、船員は積極的に消化せず、脱出した。
船は炎上しながらハリファックス港の波止場に漂着。消防・救急・見物人達の集まる真っ只中で大爆発を起こした。
1,500人が即死、倒壊した建物の下敷きになるなど、その後400人が死亡した。爆発による失明者も200人に上る。
尚、第一次世界大戦中でドイツ軍に狙われるのを防ぐため、危険物を表す「国際信号旗」を掲げていなかったため、消防や住民は積荷が火薬だとは気がつかなかった。

世界最悪の爆発事故 ハリファックス大爆発
(廃墟と化した街)

 

 

世界最悪の火災

長沙大火(ちょうさたいか)

発生日時 11938年11月13日午前2時
場所 湖南省長沙
死者 20,000~30,000人
原因 中国軍による放火

日中戦争中、日本軍に一切物資を与えないために中国国民党軍が長沙を焼き払った(焦土作戦)。これにより長い歴史を誇り、文化遺産として高い価値を持つ街並みは焦土と化し、2-3万人、或いはそれ以上の人が焼死した。

世界最悪の火災 長沙大火

 

 

世界最悪の建物倒壊事故

ダッカ近郊ビル崩落事故

発生日時 2013年4月24日
場所 バングラデシュ シャバール
死者 1,127人
原因 手抜き工事
日本や欧米などの衣料品業者の下請けが数多く入居する8階建ての商業ビル「ラナ・プラザ」が崩壊した事故。
工場用発電機や数千代のミシンが稼働しており、振動で崩れたとされるが、6-8階は違法に建て増しされており、使用に耐える作りではなかった。
これにより下請けの劣悪な環境がクローズアップされ、日本や欧米の衣料品大手グローバル企業は批判にされされることになる。

世界最悪の建物倒壊 ダッカ近郊ビル崩落事故

 

 

世界最悪の原発事故

チェルノブイリ原子力発電所事故

発生日時 1986年4月26日
場所 ウクライナ キエフ州 プリピャチ
死者 4,000人
原因 工場の管理ミス
世界で初めて商業用原子炉の放射能により死者を出した事故。ウクライナにあるチェルノブイリ原子炉4号機が爆発。当時のソ連政府が事態を隠蔽していたこともあり、復旧に当たった作業員や近隣住民が多数被曝した。
事故は運転を止めて、ストレステストをしている真っ最中に起きたが、炉の設計ミス、作業員の教育不足、特殊な訓練だったにもかかわらず対策が不十分だったなど、様々な原因が複合的に絡み合って起きたとされる。
死者は4,000人とされるが、深刻な健康被害は様々なところで報告されており、最終的な犠牲者は数十万人に上るとされる。しかし全ての病気と放射能の因果関係を明確にすることは不可能であるため、4,000人という数字が大きく変わることはない。

世界最悪の原発事故 チェルノブイリ原子力発電所事故

 

 

世界最悪の産業事故(公害)

ボパール化学工場事故

発生日時 1984年12月2日
場所  インド マディヤ・プラデーシュ州ボパール
死者 15,000~25,000人
原因 工場の管理ミス
郊外を引き起こしたのは米ユニオンカーバイト社のインド工場。イソシアン酸メチルの管理が甘く、タンクに水が混入。発熱により気体となった有毒ガスが風に乗ってボパールの街を襲った。
呼吸器系に深刻なダメージを与えるイソシアン酸メチルにより、翌朝までに2,000人、その後様々な形で人々に害をもたらし、最終的には10,000人を超える命を奪った。

 

 

世界最悪の群集事故

2015年メナー群衆事故

発生日時 2015年9月24日
発生場所 サウジアラビア メッカ
死者 2,181人
イスラム教の第一の聖地メッカ。年一度のハッジ(大巡礼)の季節ともなれば世界中から大勢のイスラム教徒が訪れる。
大混雑の中で将棋倒しが起こり、度々死者が出いるのだが、メッカ近郊の谷メナーで大規模な群集事故が発生。大勢のイラン人を含む2,181人が死亡した。
ちなみにメッカでは1990年7月2日に1,426人が死亡する群集事故が起きている。

世界最悪の群集事故 2015年メナー群衆事故
(事故現場 Photo by Aiman titi)

 

 

世界最悪の交通事故(平時)

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故(航空事故)

発生日時 1977年3月27日
発生場所 スペイン領カナリア諸島テネリフェ島
死者 583人
原因 管制官・両機長の判断ミス
テネリフェ空港において、パンアメリカンパンナム)航空1736便とKLMオランダ航空4805便が同時に滑走路に侵入、KLMが先に離陸を開始した。
滑走路前方にパンナム機を発見した時には、回避不可能な状態だった。
パンナム機も左の回避しようとしたが間に合わず、若干機首を浮かせて離陸態勢に入ったKLM機がパンナム機に覆いかぶさるような形で衝突した。どちらも爆発炎上し、多数の犠牲者を出した。
原因は管制官が2機を同時に滑走路に侵入、離陸を許可したことだが、双方のパイロットも最後まで異変に気付かず、衝突を回避する様々なチャンスをことごとく逃してしまった。

世界最悪の航空事故 テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

 

江亜輪(海難事故)

発生日時 1948年12月4日
発生場所 東日本(1府15県)
死者 2,750人~3,920人
原因 機雷
日本の占領下で日本の企業によって運航されていた船。
戦後中華民国海軍が戦後賠償の一環として接収し、民間旅客船として改修された。 上海から寧波への航行の途中で、旧日本海軍の置き去りにした機雷に触れ、沈没した。
当時の中国は内戦中で、戦火を逃れる難民や帰郷客で密航者の含め多くの人間が乗船しており、最大で4,000人弱の人間が死亡したとみられる。
世界最悪の海難事故 江亜輪

 

ハーモント鉄道事故鉄道事故

発生日時 1918年11月18日
場所 ベルギー・ハーモント
死者 1,007~1,750人以上
原因 梅雨前線・台風
ベルギーとオランダの国境の駅ハーモントで、突如爆弾が爆発。多くの負傷兵を含む帝政ドイツの復員兵を乗せ、駅に停車中だった数台の列車が爆発に巻き込まれた。
原因は子供のたき火が爆弾に引火したとみられているが、第一次大戦終了後の混乱期であり、詳しいことは分かっていない。

 

サラントンネル火災(自動車事故)

発生日時 1982年11月3日
場所 アフガニスタンサラン峠
死者 1,100~2,700人
首都カブールの北に位置するサラン峠のトンネルで起きた事故。
ソ連軍がトンネル内に侵入するが、内部は渋滞しており事故を起こす。一酸化炭素中毒により64名のソ連軍兵士と112名のアフガニスタン人が命を落としたとされる。
しかしこれはソ連が発表したことであり、実際は異なるとの見解がある。
それによるとソ連軍の燃料積載車が爆発(事故か外部からの攻撃かは不明)。次々にトンネル内の車両に飛び火。
ソ連軍が不測の事態に備えてトンネルを封鎖したため、トンネル内にいた最大で700人のソ連軍と2,000人のアフガニスタン兵士・一般人が死亡した可能性がある。
ソ連隠蔽工作により詳しいことは分かっていないが、最悪の交通事故とされている。

世界最悪の自動車事故 サラントンネル火災(自動車事故)
(サラントンネル Photo by Michal Vogt)

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!
いやいや、読んでくださいm(_ _)m!