サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

カシアス・クレイを捨てた男、モハメド・アリ-イスラム教徒の名前と意味

【スポンサーリンク】

イスラム教徒に改宗・改名した元プロボクシング・伝説の世界チャンピオン。

 

モハメド・アリ(74)が亡くなった。20世紀を代表する偉大な人物だった。

 
もともとはキリスト教徒だが、実はマルコメXなどの黒人指導者に影響を受けて、イスラム教に改宗・改名した過去を持つ。
 

カシアス・クレイを捨てた男、モハメド・アリ-イスラム教徒の名前と意味

 

改名前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア。

「チョウのように舞い、ハチのように刺す」の名台詞でお馴染み、言わずと知れた元プロボクシング世界王者のスーパースターだ。
 
かのマイクタイソンと並んで、今だに世界最強のひとりとされる人物で、日本ではアントニオ猪木との異種格闘技戦が注目を集めた。
 
私生活でも信仰の自由やベトナム戦争に反対してアメリカ軍への入隊を拒否、王者剥奪されたり、引退後はパーキンソン病との闘いを余儀なくされるなど、その言動が常に注目を集めた。
 

モハメド・アリという名前

「モハメド」とはイスラム教の開祖、ムハンマドのことだ。
 
アラビア語は広く世界で話されている言葉だけに、言語によってムハンマド・モハメド・モハマッド・メフメトなど若干音が変化する。
 
次に「アリ」とは、ムハンマド死後イスラムを束ねた4代目正統カリフ(最高権威者)にしてシーア派の初代イマーム(最高指導者)、アリー(本名はアリー・イブン・アビー・ターリブ)を短くした名前で、以後イスラム世界では絶大な人気を誇る典型的な男性の名前だ。
 

イスラム教における名前の意義

ムハンマドはその言動を集めたハディースにおいて、「偉大なる神が口に出して呼ぶことをためらわない、立派な名前を付けよ」と語っている。
 
神の言葉を借りてはいるが、古今東西、洋の東西を問わず昔から繰り返されてきた「親心」というやつだ。
 
イスラムではこうしたことが神からの啓示として義務付けられているため、なかなか素晴らしい名前が並ぶ。
 

モハメド・アリ」名前の意味

イスラム世界で最も人気がある「ムハンマド」とは、「賞賛・賞賛に値する男」だ。
 
アリーとは「高貴・崇高なる人」という意味だ。
 
モハメド・アリとは「賞賛に値する男、崇高なる人」という意味になる。
 
最強のボクサーとして、また信仰の自由、戦争反対、黒人の地位向上など・・・有色人種の栄誉と独立を求めて「白人の国・アメリカ」と戦い続けた彼にぴったりの名だ。
 
 
20世紀のアメリカを代表する偉大なチャンピオンの名前の意味を知ることで、少しだけ偉大な元チャンピオンとの距離が縮まる様に感じてもらえれば幸いだ。
 

最後に

アリがベトナム戦争への徴兵を拒否した際に発した言葉だ。 
 
「いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない」

「オレが心から恐れるのは神の法だけだ。人が作った法はどうでもいいと言うつもりはないが、オレは神の法に従う。何の罪も恨みもないべトコンに、銃を向ける理由はオレにはない」
 
アリが入信したブラック・ムスリム運動の中心的団体、ネイション・オブ・ムスリムは当時黒人至上主義を掲げるなど、イスラムとは認められていないという意見もある。
 
しかし少なくともアリは互いをよく知ろうともせず、非難し、血で血を争う西洋世界とイスラム過激派の両者よりもはるかにイスラムの本質を理解しているように思う。
 
どこの国の宗教に本気で戦争を良しとする宗教があるというのだ。
 
そんなものは有りはしない。
 
こんな時代だからこそアメリカのスーパースターでありながら、「平和を愛するイスラム」の本当の姿を知るモハメド・アリの存在は大きい。
 
彼が引退後も健康で、もっともっと精力的に活動できていたら、今の対立はもう少しマシなものになっていたかもしれない。
 
そう思えて、残念でならない。
 
モハメド・アリに心よりの哀悼の意を示して。。。
 
ブラック・ムスリム運動な黒人が虐げられていた時代背景と、置かれた環境からくる知識・勉強不足かが原因。その後本家のイスラムを学ぶ機会が増えるにつれ、独自の思想は急速に消滅していった。
 
 
合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!
いやいや、読んでくださいm(_ _)m!