サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

「ならぬことはならぬものです」-心温まるマナーの話

【スポンサーリンク】

地下鉄の中での出来事。

 

椅子に座ってうとうとしていると、近くで小学校低学年くらいの男の子が、車内のつり革にぶら下がって、遊び始めました。

 

子供の母親は、キャバ嬢みたいな格好のギャルママ。

 

迷惑そうに子供に目を向ける他の乗客達も、ギャルママの格好に(親がこれじゃあね・・・)みたいな感じに。

 

「ならぬことはならぬものです」-心温まるマナーの話

 

特別お題「心温まるマナーの話」 by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest

 

諦めムードが車内に充満し始めた次の瞬間、

 

母親「○○ちゃん、やめなさい。」

 

すかさず注意する母親。

 

しかし注意され、一旦大人しくなった男の子でしたが、暫くするとまたつり革で遊び始めました。

 

それを見ていた母親がまた注意。

 

母親が「○○ちゃん、やめなさいって言ってるでしょ!」

 

それを聞いた男の子。

 

男の子「どうしてダメなの!?」

 

その問いに対して母親が一喝。

 

電車内での迷惑行為

 

母親「どうしてもこうしても、ダメなものはダメなの!大人がダメだと言ったら素直にやめなさい!!!」

 

素晴らしい!

 

最近、ただでさえ子供のヤンチャな振る舞いにキチンと注意出来ない、 或いはする気すらない親が増えている中、小難しい理屈など 一切こねることなく、ダメなものはダメ!と一喝出来る「親力」の高さ。

 

久々に感激いたしました!しかも、見た目が見た目だっただけに感動は2倍。

 

やはり子供の叱り方の基本は、これですよね!

 

 「什の掟」ならぬものはなならぬ 

私も小さい頃、母親に「ダメなものはダメ!」とよく怒られたものです。

 

私の母親は会津出身。

 

会津と言えば「八重の桜」でも有名になった、 「ならぬものはならぬものです」の、お国柄。

 

綾瀬はるか主演 八重の桜

 

江戸時代、武士の子供達(5歳から9歳)は、それぞれ十人前後の グループに属していました。

 

これを会津では「什(じゅう)」と呼び、そこには「什の掟」が 存在しました。

 

什の掟」の典型的なものがこちら。

 

什の掟
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

 

什の掟」を締めくくる言葉が「ならぬものはならぬものです」。

 

つまり、「これこれこの様な(什の)掟を作りました。これよりはこの決められたルールを破ることは、断じて許しませんよ。」 ということです。

 

近年ではこの「上記の決められた掟を破ることは」という部分が疎かになり、単に「ダメなものはダメ」と言う部分のみが一人歩きしています。

 

結果、正しく理解しないままに使っている人が多いという苦言が、ネット上で見られます。

 

しかし、私はその辺の細かいことは、正直どうでも良いと思っています。

 

要するに最も大切なことは、それが客観的なものであれ、主観的なものであれ、 この世の中には「ダメなものはダメ」(言い換えれば、何でも思い通りにやっていいわけではない)という、燦然と輝くルールが存在するということをきちんと教えること。

 

それによって子供の自制心を育ててやることではないでしょうか?

 

ならぬことはならぬものです

 

その基本的なルールすら分からずに育ってしまい、物事の分別も分からぬ大人になってしまっては、一番不幸なのはその子自身なのですから。

 

何故ダメなのかは後で説明するとしても、大人がダメだと思ったことについては、先ずは「ならぬものはならぬもの」と、きちんと言える社会でありたいのですね。

 

母親と息子のその後・・・

言いたいことは書いたのですが、せっかくなので母親と息子のその後を少し・・・

 

男の子がつり革で遊んでいた時、靴が脱げ、近くにいたおばあさんに当たってしまいました。

 

ひとしきり子供を叱った母親は、

 

「じゃあ、行ってきな。」と言って男の子をおばあさんの元へ。

 

「さっきはごめんなさいm(_ _)m」

 

おばあさんに向かって頭を下げると、アメをひとつおばあさんに手渡しました。

 

「ママが渡してこいって・・・」

 

「あらまぁ!有難う、優しいんだねボクは(*^_^*)」

 

笑顔でアメを受け取るおばあさん。

 

マナーを守る

 

照れくさそうに笑う男の子、後ろから満足げな表情の母親、遠目から優しく見守る他の乗客達・・・

 

車内がとても温かい雰囲気に包まれた一瞬でした。

 

子供は社会全体で育てる、そんな言葉がぴったりのある日の日常でした。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo