サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

コーランを生死の境界線代わりに使うんじゃねー!-コーランを暗唱できない異教徒に死をもたらしたバングラデシュのテロ

【スポンサーリンク】

犯人は人質ひとりひとりにクルアーンコーラン)を朗読させ、出来ない人間を異教徒として虐殺した。

 

バングラデシュの首都ダッカで日本人7人を含む、20人が殺害されたテロ事件について生存者が語った内容が、世界中を震撼させている。

 

コーランを生死の境界線代わりに使うんじゃねー!-コーランを暗唱できない異教徒に死をもたらしたバングラデシュのテロ

 

熱狂的なイスラムの国エジプトでは、聖典であるクルアーンコーラン)は生活の一部だ。

 

人口の1割を占めるコプト教徒(キリスト教の一派)や、微々たる他宗教信者を除けば、大人から子供まで街の誰もがクルアーンの暗記に余念がない。

 

私は一時期エジプトの大学で、アラビア語イスラム教について勉強していたことがある。

 

もちろん常にクルアーンはその中心にあった。

 

エジプト人はとにかく人懐こい。

 

私が留学していた街は首都カイロではない。それなりの都市ではあるが、日本人は圧倒的に少なかった。そんな私はどこに行くにも彼らの注目の的だった。

 

彼らはとにかく私と話したがった。そして遥か遠い東洋からやってきた学生がイスラム教を学んでいると聞いては誰もが目を輝かせたし、彼らに催促されてそらんじる私のクルアーンシャハーダ信仰告白)は常に人々の熱い賞賛の的だった。

 

私にとってクルアーンとは彼らの社会や文化の中に飛び込む、いわば鍵のような存在だった。

 

何度も繰り返したクルアーンの冒頭部分(開端章・ファーティハ)やシャハーダ信仰告白)は今でも私の記憶から消えることはない。

 

こめかみに銃を突きつけられ、「イスラム教徒か?」と言われたら?「クルアーンを唱えろ!」と脅されたら私はどうするだろうか?

 

「ナアム アナ ムスリム!ラーイラフ  イッラッラー  ムハンマドッラー  スールッラー  ビスミンラーヒ  ラフマーンラヒーン  アルハムドリッラーヒ  ラッビルアーラミン  ラフマーンラヒーン  マリクルヨウム  アイヤーカナアブド・・・」

 

実のところ私はイスラム教徒でも何でもないが、間違いなく私はイスラム教徒だと嘘をつき、記憶の中のクルアーンシャハーダ信仰告白)を必死に唱え、可能な限りのアラビア語を叫んだだろう。

 

もしかしたら私は助かるかも知れない。

 

そうしてもし私があの場にいて運よく命が助かったならば、(良かった!)と心底思ったことだろう。

 

だか、今いくらその場面を想像してみても、嬉しさよりも、心の底から真っ黒いものがこみ上げてくるような、そんな気持ちにしかならない。

 

言うまでもなくクルアーンは人の生と死を分けるために作られたのではない。

 

怠けのもの人間を神が、より人間らしく規則正しく生きていけるようにと下されたものだ。

 

前述のとおり私はイスラム教徒ではないが、その精神は嫌いではないし、今でも街のあちらこちらで独特の節を付けて語られたクルアーンの詠唱が大好きだ。

 

アッラーアクバル」と同様、イスラムという文化を理解し、その社会に溶け込むための大きな手助けをしてくれたクルアーンが、その様な道具に使われたことにひどく心を痛めないはずがない。

 

ますます激化するイスラム過激派によるテロ。 そのテロが繰り返される度に、少しずつ私の中の大切なイスラムへの思いが汚されていくのは何ともやるせない。

 

テロに対する憤りと、そして大切な「心の中のイスラム」が汚されていくことへの哀しみ、そんな2つの思いを胸にメディアから流れる悲惨な事件を見つめているのである・・・

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo