サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

驚愕!日本(広島・長崎)に原爆が落とされた本当の理由‐私が思う2×2×2=最悪の核世界

【スポンサーリンク】

NHKドキュメンタリーで「決断なき原爆投下~米大統領 71年目の真実~」という番組が放送されていました。

 

内容は原爆が落とされるまでのトルーマン大統領や軍幹部の言動から、日本に原爆が投下された本当の狙いは何だったのかを探る番組でした。

 

驚愕!日本(広島・長崎)に原爆が落とされた本当の理由‐私が思う2×2×2=最悪の核世界

 

その番組は、日本人の救いを叩きつぶし、アメリが人の誇りを打ち砕き、戦争の恐ろしさをまざまざと知らしめる、とんでもなく恐ろしい内容でした。

 

私が思う2×2×2₌最悪の世界

 

 アメリカの「2」

1945年当時の85%に比べれば低くはなってきているとはいえ、現在でもアメリカ人の56%が日本への原爆投下は正しい判断だったと信じています。

 

近年では若者を中心に原爆投下を肯定する動きは小さくなってきていますが、依然として当事者世代の人間たちは、自分たちの過ちを認めようとはしません。

 

それは何故なのでしょうか?

 

大きな正義のための小さな犠牲

「戦争を早期に終結させることで、何百万の米兵の命を救った。そのための大統領による勇気ある2回の決断だった。」

 

当時のアメリカ大統領トルーマンは、何百万人の米兵、ひいては多くの日本人を救うために最善の選択だったと訴え、アメリカを支配しする原爆投下肯定社会を作り上げました。

 

自国民の命のため、あるいはその先の世界平和という大きな正義のためには、多少の犠牲はやむなしというわけです。

 

原子爆弾によるキノコ雲

 

STOP 共産主義

旧ソ連の日本侵略を最小限にとどめ、国土分断や共産主義化を食い止めた。」

 

戦後の日本復興はアメリカ主導で進められ、奇跡的な経済復興・発展を経て、極東の要として中国や旧ソ連などの共産主義に対する大きな防御壁にまで成長しました。

 

日本側の「2」

世界で唯一の被爆国である日本人ではあるが、意外に原爆投下に関する正しい知識を持っている人間は少ない気がします。

 

せめてもの救い

世界で唯一の被爆国として、当然ながら日本に原爆投下を肯定する風潮などあるはずがありません。

 

しかし、アメリカが原爆を投下した最大の要因は、戦争を終わらせるためであり、一億総玉砕を謳う日本政府に対してはどこか致し方なかったという、半ば諦めに似た感情を持っている日本人は少なくありません。

 

それは恐らく、「戦争とはたくさん人を殺すこと」「だから殺した」では、あまりにもむごすぎます。だから少しでもそこに人間らしい意義を見つけ、自らの慰みにしたいのでしょう。

 

広島の原爆ドーム

 

反米感情を避けたい日本政府

良くも悪くもアメリカべったりな政策が慣例化している日本政府としても、自国民が米国に対して反感抱くことはよろしくありません。

 

人類史上有数の黒歴史でありながら、原爆を投下したアメリカを強く糾弾しないところに、こうした政府の思惑が透けて見えます。

 

長崎の平和記念像

 

真実の「2」

それではアメリカが日本に原爆を落とした本当の理由は何だったのでしょうか?

 

それは・・・

 

「原爆を落としたかった」

ただそれだけです。

 

どうです?血の気が引く思いでしょう!?

 

でも考えてみてください。

 

もしあなたがとてつもない時間とお金と労力をかけて、人類初となる何かを作ったとしたら、あなたはそれを物置に放り込んでおいて満足できますか?

 

世界最速のラジコンだったら走らせてみたい、世界で最も優秀なパソコンだったら起動させてみたい、世界一美味しい料理だったら食べてみたい、世界一おしゃれな服だったら来てみたい、世界一豪華な家だったら住んでみたい、

 

では人類史上最大の世界大戦中に作られた、世界で最も強力な爆弾だったら???

 

落としてみたい!

 

という訳です。

 

残念ながら日本への原爆投下は単なる欲求による人体実験だったようです。

 

条件さえそろえば降伏を考えていた日本との戦争をうまく引き伸ばし、「攻撃の対象を軍関係施設のみ」としていたトルーマンを欺くため、米軍幹部により広島は完全な軍事基地の様に装われました。

 

米軍の最高司令官であるトルーマンが明確な意思決定をしないままに、軍主導で広島に原爆が投下。

 

トルーマンが自らの過ちに気付いた半日後には2発目の原爆が長崎に投下されました。

 

4発程度の原爆投下を急いでいた軍の暴走を止めるため、トルーマンが全官僚を集めて原爆の使用禁止を言い渡した時には、20万人以上の命が露と消えた後でした。

 

何が何でも人体実験を行いたかったグローブス准将(マンハッタン計画の中心人物)や、自らの過ちにより、原爆投下直後のトルーマンの深い後悔と苦悩が番組内で次々に明らかにされていきます。

 

トルーマンは「責任は大統領である私にある」として、「原爆投下は戦争の早期終結を狙って、大統領である私が決断した!」という主張に舵を切ります。

 

現在のアメリカの原爆投下肯定説の根底を支えるこの理論が実は完全な後付けであったことが明らかにされる訳です。

 

市街地への核兵器使用

世界に自らの力を誇示するため

旧ソ連などと世界の覇権をかけて激しい争いをしていた時代です。使用可能な原爆の威力を見せつけることで、今後の戦いを有利に進める狙いがあったようです。

 

 

これにより世界は本格的な核開発競争時代へと突入していきます。

 

1950年代には原子爆弾の数十倍~数百倍の威力があるとされる水素爆弾の実戦使用に対する技術が大幅に進み、現在世界には使用可能な核弾頭が15,000発程度存在していると言われてます。

 

こうして2×2×2が生んだ世界は「最悪」となるわけです。

 

改めて戦争の恐ろしさと、人間の欲深さ、リーダーのちょっとした選択ミスが引き起こす怖さ、そんなことを教えてもらった番組でした。