読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

【伝え方が9割】-大切なのは「どう伝えたか」ではなく「どう伝わったか」

爆笑?古本買取

【スポンサーリンク】

とある方の遺品の中から見つけた本。

 

【伝え方が9割】-大切なのは「どう伝えたか」ではなく「どう伝わったか」

『伝え方が9割』  

 

 上手に物事を相手に伝えることができれば、様々なことがうまくいく!

 

分かってはいても、自分の思ってることや考えていることを、上手に人に伝えるのってなかなか難しいですよね。

 

自分の思っていることが相手にうまく伝わらいない。

 

自分はそんなつもりで言ったわけではないのに、相手の印象を悪くしてしまい、後からそれを知って、深い後悔〔こうかい〕と自責〔じせき〕の念にかられた。

 

皆さんもそんな経験の一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

昔、某大手通信企業で働いていた時のことで、今でも忘れられない言葉があります。

 

私の担当していたお客様から契約に関して、「最初の話と違う」というクレームのお電話がありました。

 

当然私はそのことで上司から呼び出だれ、 ひどく怒られました。

 

若かった私は、口を尖らせながら、

 

「私はちゃんと説明したと!自分は悪くいない!」

 

と言い張りました。

 

実際に自分では毎回契約の際には、誰よりも細かく説明しているという自負がありました。

 

しかしその時上司から言われたことが、重要なのは

 

「どう伝えたか」ではなく「どう伝わったか」だ。

 

という言葉でした。

 

この言葉を聞いて、ハッとさせられたのを今でも鮮明に覚えています。

 

 

なかなか実行できないのですが、この言葉は今でも自分の中で大切にしている言葉のひとつです。

 

残念ながら人間は言葉にできないものは識別できません。

 

言い換えればこの世の森羅万象(あらゆる現象、宇宙に存在する一切のもの)を識別する唯一の手段が言葉ということになります。

 

十人十色。

 

ひとりひとり感じ方も考え方も違う中で、唯一の識別手段である「言葉」を駆使して、相手に正確に自分の思いを認識・識別させる。

 

そう考えてみるとなかなか奥が深い世界ですが、自分の思いや考えを正確に相手に伝えるのは、 簡単なようで案外難しいものですよね。

 

取り敢えず今週は絶対に有給を取るぞ!

 

社長にガツンと伝えねば!

 

社長、今週有給をいただきたいっす!

 

 え?理由ですか?

 

何て言ったらいいのか・・・

 

いや・・・実は・・・

 

死んだおばあちゃんが危篤で・・・

 

あー!!!

 

伝えるのって難しい!!!

 

 <(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

 

今週のお題「プレゼントしたい本」