サハラの風

世の中の事件や出来事にひっそり・こっそり・ちゃっかり物申す!(フリをする)

心のゆとりを無くした日本人~葬儀を「通報」 除夜の鐘に「うるさい」 餅つきは「食中毒心配」

【スポンサーリンク】

大晦日の夜に人間の煩悩を消すべく「ゴーン!」という鐘の音が聞こえると、(あぁ、今年も終わりか~)と何とも言えない感慨深い思いに浸り、新年はつきたての餅のえも言われぬ美味しさに舌づつみを打つ。

 

そんな除夜の鐘や餅つきが存亡の危機を迎えているらしい。

 

正月早々そんな気になる記事を見つけた。長文だが非常に興味深い内容なので、是非さっとでも目を通していただきたい。

 

f:id:beauty-box:20170103135822j:plain

 

伝統行事がピンチ!!

 

せちがらい世の中だから……。そう嘆くしかないのか。

 

除夜の鐘は「うるさい」、餅つきは「食中毒が心配」として、年末年始の風物詩が今、自粛や中止を迫られている。「健康への配慮なら仕方ない」との声もある。だが、伝統や文化は廃れてしまわないか、懸念も消えない。 

 

「日本人の心がここまでひねくれてしまったのかと思うと、あぜんとします。除夜の鐘は年1回。それすら我慢できないなんて、自分勝手すぎます」と憤るのは、エッセイストの安藤和津さん(68)だ。

安藤さんは教育や食の問題に関心が高いが、最近の動向に我慢ならない様子。「餅つきで食中毒が怖いなら行かなければいい。主催者側も腰が引け過ぎです」  

矛先を向けるのは、各地でじわじわ広がる除夜の鐘や餅つき大会取りやめの動きだ。餅つきは正月を控えた子供の楽しみ。新年の午前0時をはさみ、「ゴーン」と鳴り響く鐘の音には心が洗われる。なぜ、そんな行事をやめるのか。 

静岡県牧之原市にある大澤寺(だいたくじ)の今井一光住職に聞いてみた。一昨年以降、大みそかの深夜からではなく、昼過ぎに打つ「除夕(じょせき)の鐘」を行っている。

除夜の鐘

今井氏の亡父が住職だった十数年前、「うるさい」という苦情電話が3年連続でかかってきた。激しいクレームで、父は悩み、結局、鐘突きをやめた。しかし惜しむ声は多く、檀家(だんか)とも何度も話し合い、時間を変えて復活させたという。

「一部のクレーマーに過ぎないと言う人もいるが、寺は住宅地にあり、我慢している人は他にいるかもしれない。伝統を振りかざすのではなく、機に応じて対応することが必要と考えました」と今井住職。

特に都市部では鐘と住宅が接近してしまうケースがあり、当事者でなければ分からない「限度を超える被害」もあり得る。近隣に配慮し、除夜の鐘を自粛する寺は他の地域でも出ている。  

一方、餅つき大会中止が広がっているのは今冬、ノロウイルスが大流行する兆しがあるのが大きな要因だ。感染力が強く、乳幼児や高齢者は重症化することもある。

餅つき

急きょ中止を決めたという千葉県木更津市の市郷土博物館の半沢隆副館長に事情を尋ねた。集団食中毒の恐れを心配し保健所に相談すると「できればやめてほしい」と言われたという。「市民の安全安心は何より優先すべきです」と苦しげに話す半沢氏。だが市民からは「毎年の行事なのに残念」との声が絶えないそうだ。

地域交流減り、信頼築けず  

伝統行事を取りやめる理由はそれなりにある。しかし何百年も脈々と受け継がれてきたものが今、相次ぎ苦境に陥っているのは、現代に特有の背景もあるのだろうか。  

伝統的な職人の技を生かし物づくりなどを行っている「和(あ)える」の代表、矢島里佳さん(28)に聞くと、「地域の交流が乏しいことが大きな原因ではないでしょうか。互いに顔を知る同士で餅つきをすれば、不安や疑いは持たないし、誰かを一方的に責めたりはしないはずです」。地域住民同士で信頼関係を築けていないことが、問題の根底にあるのではないか、というのだ。  

餅つきは切り分けや味付けなどで餅に手を触れる工程が多い。ノロウイルスなどがはやっている最中に不特定多数の人が集まる場で行えば心配も大きくなる。

鏡餅作り


万が一、体調を崩す人が出れば主催者の責任も問われかねない。だから自治体や商店街主催の大会は中止に傾きがちだ。もし信頼し合う仲間で行うなら、そう単純に中止したりしないだろうとの見方は多い。  

京都造形芸術大教授で、映画評論などでも知られる元文部科学官僚、寺脇研さん(64)は「除夜の鐘がうるさいとか言うのは、若者でなく、50~60代以上の発想だと思いますね」と分析する。

20世紀後半の高度経済成長期やバブル期には、地域の祭りをはじめ多くの伝統が消えた。経済性が最優先とされたためだ。「この世代は何もかも振り捨てて一生懸命働き、風雅なことには目もくれなかった。私だって20代の頃は、初詣や花火大会に行く余裕なんてなかったですよ」。そんな世代が今、経済的価値のないものを批判している可能性があると見る。  

一方、伝統行事に詳しい食文化研究家、藤原浩さん(52)は「あまりにも伝統や文化の本来の意味を知らなすぎる」と言い切る。

藤原さんによれば、新年に向けてつく餅は、神様へのお供えという神聖な存在。

鏡餅


正月を過ぎ、餅を砕くことが「鏡開き」だが、砕いた餅を配ったのが「お年玉」の起源という。「そんな大切な意味があると知っていたら、簡単にやめられるでしょうか」。きねやうすは熱湯消毒し、参加者は十分手洗いするなど衛生管理を徹底し「伝統は継承してほしい」と話す。  

実際、東京都町田市は「伝統行事がなくなるのは悲しい」としノロリスクを減らしながら餅つきを行う方法をホームページなどで公表。ついた餅と食べる餅を分ける工夫も示し、お汁粉など再加熱して食べるように勧める。  

藤原さんは、本来の意味を知らないため、おかしな事態が生じていると強調する。日本人は古くから稲の神である「サの神様」を大切にしてきた。サの神は年に1度、春に山から里に降りてきて木に宿る。これが「サクラ」であり、桜の花が咲くことで農民たちは神の来訪を知り、願いごとをする。その儀式が花見の始まりだ。

桜の花見


「ちゃんと継承されていれば、東日本大震災の時、全国で花見の自粛はなかったと思う」。沈みきった5年前の春は、なんとももの悲しかった。被災地の復興を願うなら、明るい花見で祈りをささげるべきだったかもしれない。  

藤原さんは言う。「未来に向かうためには、どこから来たか知らねばならない。だから先人が伝えるものを知ることが必要なんです。餅つきなどの伝統行事は、それを教わる貴重な場だと思います」 伝統回帰の若者に期待?  

日本の伝統や文化はこのまま消えてしまうことはないだろうか。危機感を持つ人は少なくない。安藤さんは「日本人には『お互い様』という美徳がありました。長年の伝統が失われたら日本人の心もなくなります。協調性を持ち、隣人を思いやる本来の日本人であり続けるには今が瀬戸際です」。矢島さんは「日本社会全体が忙し過ぎて、心のゆとりを失っているのではないでしょうか」と話す。  

だが、寺脇さんの見方は前向きだ。「今の若い人には伝統や文化を大切にすることへの回帰が見られる」と言うのだ。現代の若者はバブル期のような豊かさを体験せず、車や海外旅行にお金を使ったかつての若者に比べて貧しい。しかし、男女ともわざわざ慣れない浴衣を着て花火大会に出掛けるなど、お金をかけず生活を楽しもうとする。仮装をしてはじけるハロウィーンが定着したのも同じ流れだという。

は浴衣美女


「日本は経済成長一辺倒の中で、あらゆるものを切り捨て、それは今も続いている。だが、これは長い歴史の中のわずか数十年。長い目で見れば、若い人たちが立て直してくれると思う」と寺脇さん。  

日本人はどこへ向かうのか。まずは一連の自粛問題をチャンスとし、この年末年始は伝統や文化を改めて見つめ直したい。

毎日新聞

 

感想・解説

最近人々の心の中から、寛容さや、不便さやリスクを楽しむ精神、人を思いやる心が極端に薄れていくように思えてならない。

 

一言で言えば「心のゆとりの欠落」ということになるだろうが、宗教や地域との関わりの深い葬儀業界にいると、こうした光景をよく目にする。

 

葬儀

 

儀式の意味を知らないがために、葬儀の中の儀式はどんどん簡略化され、地域のつながりが無くなったからこそ、「隣でやっている葬儀がうるさい」と平気で隣家から警察に通報が入る。

 

一昔前までは「親の葬儀は借金してでも出せ」と言われた時代。

 

儀式の意味をきちんと理解していれば、「お金がない」「面倒くさい」「迷惑をかけたくない」などという理由で、ここまで火葬のみの【直葬】が幅を利かせることはなかったはずだ。

 

また、以前の日本は何があっても「村八分(相手がとんでもない人間であっても、葬式の手伝いと消火活動だけは協力しろ)」の時代。

 

葬儀は地域全体で行うのが当たり前だった時代には、非協力的な態度を取る近隣住民など、存在する訳が無い。

 

「近隣住民の苦情を憂慮して、除夜の鐘を中止する予定です。」

 

知り合いの住職達の間から、そんな声を漏れ伝わる度に、なんだかとても悲しい気持ちになる。

 

多少自分が不便を強いられても、相手を思いやる心がなければ社会は成立しない。

 

地域とのふれあいをなくせばなくすほど、少子高齢化核家族化が進む将来、孤独死など大きなしっぺ返しを食らうことになる。

 

何をするにもリスクは付き物だ。「やる」を選択することは、十分なリスク対策が必要になるが、そもそもリスクそのものを避けて安易に「やらない」を選択することは、何も生み出さない現実しか待っていない。

 

先祖が大切に育て、受け継いできた自国の伝統文化を、しっかり後世に受け継いでいくことは、当代に生きる日本人の使命だ。

 

七五三

(七五三)

 

そしてそれは、ほうっておけば誰かがやってくれるものではない。然るべき機関や団体が先頭になって音頭をとることは必要だが、我々一般庶民も自ら率先してこれを学び、身近な人間たちに伝えていかねばならない。

 

一見、すべてバラバラの事柄のように思えるが、全ては日本人が「心のゆとり」を取り戻すことが出来れば、自ずと解決していくような気がしてならない。

 

あけましておめでとうございます。

今年もゆる~く更新していきますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo