最近の鉄道会社社員は鉄道マニアではなくなりつつあるのか?

一昔前の鉄道会社社員といえば、鉄道マニア、いわゆる「鉄オタ」だった。。。(主観です。御免なさいm(_ _)m)

 

葬儀の仕事をするようになって、商社やIT企業に勤めていた時ほど電車を使う機会は少なくなった。

 

しかし、最近電車に乗っていて、とみに思うことがある。

 

f:id:beauty-box:20170227185423j:plain

“最近の鉄道会社社員は鉄道マニアではなくなりつつあるのか?” の続きを読む

モニタリングがやらせっぽくて興ざめ。。。

今週のお題「愛用しているもの」

 

TBSの人気番組モニタリングを見ていた。

 

モニタリングといえば、有り得ない不思議現象が降りかかった人間が、どの様な行動をとるのかを観察する、人間観察バラエティだ。

 

かなりの人気番組で、私も大好きな番組だ。

 

 

f:id:beauty-box:20151030225522j:plain

 

昨晩の企画に「有り得ない喫茶店」というのがあった。

 

舞台はとあるレトロな喫茶店。

 

ターゲットが入店するとそこには店のシャンデリアを修理する技術者が。

 

どうやら照明の調子が悪いらしい。

 

ちなみにターゲット以外は、他の客も含めて全員仕掛け人。

 

そうこうしているうちに店は停電になる。

 

技術者が慌てて復旧させると、他の客のテーブルにあったピザやジュース、時には男性客のカツラが、離れた所にある全く別の客や、ターゲットのテーブルに移動している。

 

これぞまさにテレポーテーション!

 

店はちょっとしたパニックに。。。

 

その他にも停電の度に幽霊が現れたり、時間が逆戻りしたりと様々な怪奇現象が起こるといった内容だった。

 

仕掛けはいたってシンプル。

 

暗視ゴーグルを着用したスタッフが、停電と同時に出動。

 

暗闇の中で物を動かしたり、幽霊を連れてきたり、ついさっき店を出た人間を連れ戻して、元の席に座らせたり。。。

 

ただそれだけのことだか、状況を知らなければ相当に怖い。

 

非常に目立つ男性客のカツラが停電と共になくなり、復旧したら自分の机に置いてあった。。。

 

いや、怖すぎる!

 

10代から20代前半と思われる3人のお一人様がモニタリングされていたが、全員不思議なパラレルワールドにどっぷりはまっていた。

 

いや、怖すぎる!

 

しかし!

 

ここでふととある疑問にぶつかった。

 

この仕掛けのポイントは、完全な暗闇であることだ。

 

僅かな明かりが命取りとなる。

 

ターゲットが入店してから、ある程度時間をおき、停電を仕掛ける。

 

停電時に狭い店内で気づかれないよう、物を移動させたり、人を元の席に戻したりする。

 

非常に慎重な動きが要求され、停電の時間もそれなりに長い。

 

そんな仕掛けを1人につき3つくらい仕掛けるのだから、それなりの時間がかかる。

 

それにも関わらずだ。

 

撮影中誰も携帯を見ないのだ!

 

見ないどころか机の上にも置かない。

 

長時間の停電中も誰1人としてスマホの電源を入れたりはしない。

 

そう、そんなことをされればネタがばれてしまう!

 

お一人様、喫茶店、今時の若者、長時間、停電、行動。。。

 

これだけの単語を一度にググったら、「スマホをいじり倒す」と出てくるんじゃないかと思うくらいだが、何度も言うが画面はおろか、テーブルにも出さない。

 

人は怪奇現象に遭遇すると、他の人にそれを伝えて共感を求めたり、気を紛らわそうとすることも多いが、次々に起こる怪奇現象を前にしても、当然誰もLINEや電話を使うことはない。

 

百歩譲って通常時はそれでも良しとしよう。

 

たが停電時は如何だろうか?

 

ブレーカーが落ちれば、3秒後にはスマホの明かりがつき始め、10秒もすれば誰かのアプリのライトなども点灯する時代だ。

 

危険な西部開拓時代の銃とガンマンの如く、或いは古来日本の武士と刀の様に、常に手の届く所に置き、3秒以内にスマホの電源を押せるなんてのは当たり前。

 

そんな状況下で全く手を加えず、あの撮影を完成させることは不可能に近い様に思えてならない。

 

最後の若者がイヤホンを何度か取ったり付けながらも本体はテーブルの下から一度も姿を現さなかった点も気になる。

 

最近モニタリングに関してちらほらやらせの情報が出てきて若干興ざめなのだが、今回も何らかの手が加わったと思えてならないのだが、真相は如何だろうか。

 

テレビ局が長年「愛用しているもの?」といえば、やらせの台本だが、モニタリングファンとしては、純粋な人間観察だと信じたいところだか。。。

 

真相は如何に?

 

※あくまでも個人的な感想です。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

 

world-news.beauty-box.tokyo

実録・100時間残業!残業時間なんて数えられてるうちは甘いよ!超ブラック企業の実態

最近超人間にわたる残業時間についての記事が注目を集めている。

 

若干乗り遅れた感があるが、私も以前所謂「超ドブラック企業」で働いていた経験があるので、その辺りを書いてみた。

 

nzmoyasystem.hatenablog.com

 

某IT企業で働いていた頃の話。

 
時代は完全にIT=イケイケの時代。
 
元々入社3ヶ月も経てば、毎日の様に終電。
 
帰れない日も珍しくない会社。
 

f:id:beauty-box:20151017165321p:plain

 
 
現場の責任者になった頃には、まともな人間とはかけ離れた生活が待っていた。
 
外回りをして会社に帰るのは午前1時から2時頃。
 
そこから事務処理をやって、退社するのは3時30頃。
 
会社の近くのマンガ喫茶(全席リクライニングチェア)でシャワー、遅すぎる夕食を取り、政治・経済情勢等の把握。
 
寝るのは午前4時30分前後。
 
出社は午前7時30分。
 
 
そんな会社だったので、役職付きの人間で会社に徒歩で通える池袋界隈に住んでいない者は私一人だけだったが、全面的に「帰れない生活」を受け入れてしまう様で、それだけは絶対にしたくなかった。
 
おかげで短期間でリクライニングチェアでの最大限の眠り方を、マスターした。
 
※ちなみにあまりにも多くの社員が会社に泊まり込み、社内が非常に乱雑になってしまう為、会社への寝泊まりは全面禁止されていた。
 
 
当時はネットカフェ難民が深刻な社会問題となっていた時期でもあった。
 
私が頻繁に利用する池袋のどのネットカフェの受付カウンターにも、行政からのネットカフェ難民救済メッセージ入りの立て札が立っていた。
 
毎日の様にやってくる私の姿をエレベーターの中に見つけると、受付の男性がさりげなく端に置いてある立て札を、カウンターの中央付近に移動させる。
 
そしてちらちらと札に目をやりながら、受付をしてくれる。
 
これが一連の恒例行事となっていた。
 
 
ちなみに当時の私の年収はかなりの高収入。
 
私は毎回、苦笑いを堪えるのに必死だった。
 
 
会社の机の中にはワイシャツやら下着やら、髭剃りやらが満載で、家に帰れるのは1週間に一度くらい。
 
朝礼で本日の行動予定や目標を述べるのだか、部下が
 
「今日は色即是空さんを家に帰すこと。」
 
と言った時は、流石に死のうかと思った笑
 
 
あの頃の私は本気でナポレオンなど大したことないと思っていた。
 
「私は1日4時間の睡眠で大丈夫だ!」って
 
1日4時間も寝てるじゃん!
 
って。
 
 
社内にはそんな会社ならではの、おかしなルールが沢山あった。
 
例えば
 
「どんなに席が空いていても、絶対に電車で座ってはいけない!」
 
座ったら最後、目覚めれば終点確実だからだ。
 
以前会社のある池袋から電車に乗り、気が付いたら池袋だったことがあった。
 
終点まで行き、折り返して池袋に、戻ってきたのかと思ったが、時間からするに2往復していたことを知った時は、本気で死のうかと思った笑
 
 
離職率はとんでもない数字になっており、これが降水確率なら10人が10人傘を持って出かけるレベル。
 
毎月新人が入社するが、私の同期は私以外、2週間以内に3人ともいなくなった。
 
時期は違うが私の大学の親友は、入社後3日で辞めている。
 
 
役職のついた人間に休みなんてある訳がない。
 
流石に土日は8時間〜10時間程度しか働かなかったが、もう8時間労働なんて、半分お遊びにしか感じられなくなってくる。
 
他の会社に勤める友人が、とんでもなく忙しい会社だと自慢しながら、
 
「10日連勤(連続勤務)だぜ~♪」と言っているのを聞いた時は、まさか
 
「こっちはざっと100連勤だぜ~♪」とは流石に言えなかった。
 
 
そんな生活を数ヶ月も続ければ、当然体が壊れ始める。
 
ある日車内で倒れた。
 
駅で倒れることは数回あったが、その日はかなりの重症だった。
 
車窓から見える周りの景色から徐々に色が消えていく。
 
セピア色になり白黒になり、意識が途切れた。
 
 
病院のベッドで目お覚ました私が真っ先に言ったセリフは、
 
「アポに遅れる!」だった。
 
制止する看護婦を振り切り、外に飛び出そうとする医者が私に言ったセリフは
 
「あんたこのままいったら2年で死ぬぞ!」
 
だったが、いっそこのまま殺してくれないかと思ったさ笑
 
 
全てかおかしい会社だったが、何かを考える思考などとっくになくなっていた。
 
外回りに出かけてそのまま二度と帰ってこない人間などざらだった。
 
当時は「この腰ぬけめ!」と思っていたが、今から思えば彼らの方が遥かに賢い。
 
100時間労働や150時間労働で過労死したり鬱になったりした人間の記事が世間をにぎわせる度に、
 
「お前らもこいつらと同じように、軟弱な負け犬になりたいのか!?」と怒鳴りと散らされたし、実際私が責任者になった時もそうして部下を叱咤してきたが、今冷静になって考えてみれば、私が過労死や鬱にならなかったのは、単なに運が良かったに過ぎない。
 
今でもその時負った体の傷は私を度々悩ませているが・・・
 
最初の内は必死に残業時間を数え、月給から時給を割り出してはため息をついていたが、そのうちにバカバカしくなって数えるのをやめた。
 
やがて自分を24時間365日地球にデータを送り続け、時が来れば大気圏に突入し燃え尽きる惑星探査機になぞらえるようになっていった。
 
 
心身的にもITが下り坂になったなどの社会情勢等もあり、私の惑星探査機生活は3年弱で終わりを告げた。
 
 
今でもこうした記事を見ると正直「100時間程度の残業で!?」という気持ちが芽生えない訳ではない。
 
だが、冷静に考えてみれば、やはり100時間というのは大した時間だ。
 

potato-gnocchi.hatenablog.com

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

イマドキの小学校の運動会は昔とは違うんです!

先日事務所のすぐ脇にある小学校で、運動会が行われていた。

 

子供達を見ていると自分が子供の頃を思い出して、何だか懐かしい。  

 

一生懸命走ったり踊ったりしている彼らを見ていると、何だかとてもほほえましい気持ちになる。

 

運動会

 

それにしても小学校の運動会も、私の時代と比べると、随分様変わりした。

 

例えば学年ごとに披露する踊り。

 

私の知り合いのお子様が踊っていた曲は、上の子が 「三代目J Soul Brothers」で、下の子は「きゃりーぱみゅぱみゅ」。

 

余計なお世話だと思いながらも、曲紹介をする年配の先生が、正確に歌手名を言えるかどうか冷や冷もの。

 

しかしながら何とも「ハイカラ」な曲だこと・・・

 

そういえばまだ運動会の練習が始まったばかりの頃、事務所に遊びに来ていた2人と、ダンスの話をしていた時のこと。

 

私「今の小学生は三代目とか、きゃりーで踊るんだね。 もう時代は『ソーラン節』とかじゃないんだね~。」

 

小学生「そんなことないよ。『ソーラン節』も踊るよ。」

 

私「ホントに?あの『ソーラン節』?」

 

小学生「ホントだよ。『ソーラン節』って言ったらあの『ソーラン節』しかないでしょ?」

 

私「そうだね。ごめん、ごめん。でも何かちょっと安心したよ。」

 

小学生「明日練習やるから、もし事務所にいたら見てて!」

 

私「了解!」

 

そんな訳で次の日、窓から隣を見ていたのだが・・・

 

ソーラン・ソーラン♪(ソーラン・ソーラン・ソーラン・ソーラン♪)

 

まぁ確かに・・・

 

『ソーラン節』に間違いはないけど・・・

 

機械音に乗せた超アップテンポの曲調、

 

どっからどう聞いても、

 

テクノポップ」やんけー!!!

 

彼らにとっての「普通」が、私とっての「特殊」という現実。

 

自分が年をとったことを、否応無しに感じさせられた、そんな運動会となった。

 

何はともあれ、天気で良かった。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

「袋にお入れしますか?」vs「このままでよろしいですか?」どちらが丁寧?

コンビニでフリスクとクロレッツを買った。

 

レジ係りが満面の笑みで迎える。

 

f:id:beauty-box:20151006120602j:plain

 

「袋にお入れしますか?」

 

「いや、このままで結構です。」

 

私はそう答える。

 

「かしこまりました~♪」

 

これまた満面の笑みで店員が返答する。

 

 

少量の商品を買うと大体言われるセリフは、

 

「袋にお入れしますか?」か

 

「このままでよろしいですか?」の二択。

 

 

 

どちらも本音は「(これくらいの商品なら)そのまま持って帰ってくれ」

 

ということだろうが、満面の笑みを浮かべたまま「袋にお入れしますか?」と聞かれると、少々腹が立つ。

 

店員は親切を装い、店はサービスの充実を謳い、「袋にお入れしますか?」と、へりくだってくる訳だが、逆に「(これっぽちの商品)入れんでええやろ!?」という裏の気持ちが際立って感じられてしまう。

 

それならまだ「(これぽっちの商品)そのままでもよろしいですよね?」の方が、ストレートで気持ちが良い。

 

 

少量の商品でも袋に入れてほしい場合もある。

 

これがまた問題だ。

 

f:id:beauty-box:20151006121158j:plain

 

表面上にしろ「袋にお入れしますか?」と客に選択権を与えたにも関わらず、袋に入れてくれと申し出た客を見て、店員がイラつくのはどうにも納得出来ない。

 

だが、「このままでよろしいですか?」と聞かれて、袋に入れてと申し出た場合、店員がイラついても、それ程嫌な気はしない。

 

だって「袋に入れるの嫌だ!」って最初から意思表示している人間に、それをやらせているのだから、申し訳ない!って気持ちが先に立つ。

 

 

勿論個人的な見解であり、どちらも全く気にならない、或いは逆の意見だという方もいるだろう。

 

しかし、ひとつだけ言えることは「言葉」って難しい!ということだ。

 

こちらは誰もが共感してくれることだろう。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

 

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

日本人のラーメンの好みは?-ヤフージャパン意識調査-

ヤフージャパン特別企画!日本人のラーメン意識調査!

日々ものすごい勢いで進化する国民食「ラーメン」

ヤフージャパンが行った、ラーメンに対する意識調査をまとめてみました。

 

ラーメン

 

お好みのラーメンの種類は?

醤油ラーメン 26,955票

豚骨ラーメン 26,890票

味噌ラーメン 16,256票

塩ラーメン  11,529票

その他    3,679票

 

時代は醤油と豚骨の2強体制へ。

昔は「ラーメン=味噌」というイメージが強かった気がするが、現在はやや衰退気味。

 

その他票が意外と多いところに、「多様化する日本のラーメン文化の今」を見ることが出来る。

 

好みの麺の硬さは?

硬め     15,475票

やや硬め   33,457票

普通     20,233票

やや柔らかめ 2,904票

柔らかめ   663票

 

大人気の博多ラーメンの影響からか、圧倒的に硬めが好みのようだ。

食べているうちに麺が伸びてきてしまう分も考慮すると、やはりベストはやや硬めか?

 

お好みの麺の太さは?

太め   8,505票

やや太め 17,711票

普通   15,323 票

やや細め 18,255 票

細め   12,315票

 

食べやすい「やや細め」が僅差で1位。

博多ラーメンブームと共に、以前は圧倒的に男性の食べ物だったラーメンが、女性にとっても当たり前になったことも影響しているのだろうか。

 

好みの具材は?

チャーシュー 31,638票

味付け卵   14,052票

メンマ    8,885票

ネギ     15,991票

青のり    919票

 

チャーシューの圧勝!そりゃあ、そうだろうね・・・

 

逆に青のりが気になる!?

 

ラーメンと一緒に何を飲む?

水 51,688票

お茶 3,862票

黒ウーロン茶 6,884票

ビール 7,655票

その他 1,273票

 

昼食に食べることも多いラーメン。

本当はビールといきたいところだが、泣く泣く水という人もいるだろうが、基本的には味が濃いラーメンには水がよく合う。

また本格派の急増で、ラーメン1杯あたりの値段が千円程度することも原因だろう。

 

黒ウーロン茶の人は、誘惑に勝てなかった肥満体(予備軍)?

 

ラーメンをよく食べるのはいつ?

朝食 519票

昼食 47,985票

間食 1,547票

夕食 15,371票

夜食 5,798票

 

朝食にラーメンを食べる朝ラーなども、認知されてきてはいるが、やはり圧倒的に昼食が多い。

 

夜食も一定数見られる。

「飲んだ後の〆は、やはりラーメン派」は、まだまだ多いということか。

 

ラーメンのカロリーが気になる?

気になる      17,585票

少し気になる    21,756票

どちらでもない   5,847票

あまり気にならない 12,043票

気にならない    15,679票

 

美味いが、その分カロリーが高めなラーメン。

近年の健康ブームを受けて「気になる」の圧勝かと思いきや、気にならない派もかなり多い。「そもそもカロリーなんて気にするくらいなら、最初からラーメンなんて食べるな!」という、一種の開き直りの境地か?

何れにせよ味はそのままで、健康に良いラーメンが作れたら、満場一致で「国民栄誉賞」あげちゃいますね!

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

最強の次世代ラーメン決定戦!優勝はあの店・・・!

ヤフージャパン特別企画!最強の次世代ラーメン屋決定戦!

優秀な成績のラーメンはカップラーメン化が決定!

みんなの投票で選ばれたの、はたして・・・?

 

f:id:beauty-box:20150928162222j:plain

 

 

★ガツ盛り部門

 
 

優勝

極濃拉麺 らーめん小僧

ramendb.supleks.jp

tabelog.com

 

2016年3月「ガツ盛りシリーズ」でカップラーメン化決定。 

 

 

 

★次世代部門

 
 

審査員特別賞

らーめんstyle JUNK STORY

ramendb.supleks.jp

tabelog.com

 

2016年2月カップラーメン化決定。

 

 

準優勝

麵屋 若武者

ramendb.supleks.jp

tabelog.com

 

2016年1月カップラーメン化決定。

 

 

優勝

鯛塩そば 灯花

ramendb.supleks.jp

tabelog.com

 

2016年1月カップラーメン化決定。

 

機会があれば是非お店に足を運んでみたいものですね。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m! 

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる!は世界で通用しない?

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

 

f:id:beauty-box:20150922184212j:plain

 

『死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる』

 

以前「何故部下はあなたについてこないのか?」という記事を書いたが、

 

「部下は本気度102%の上司にはついてくるが、 98%の上司にはついて来ない!」

 

とい事実に気付くきっかけを与えてくれた1冊だ。

 

world-news.beauty-box.tokyo

 

ところで皆さんはこんな話をご存知だろうか?

 

主人公は日本で両親の経営していた温泉旅館を受け継いだ、とある若い女将。

 

日本では温泉街は下り坂の時代。

 

受け継いだ時点で、経営は既に苦しい状況にあり、負債は膨らむばかり。

 

一発逆転を狙って打ち出した戦略は、海外進出。

 

日本の得意とする温泉旅館のおもてなしを、海外で挑戦してやろうと一念発起。

 

迷っている時間は無いと、早速オーストラリアの温泉地に旅館をオープンさせた。

 

 

結果は・・・散々。

 

 

その理由は一体何だったのだろうか?

 

それは従業員の裏切りに怠慢だった。

 

コックは厨房の食べ物を盗み、仲居は女将の目を盗んで昼寝、あろうことか気に入らない客を追い返そうとするフロントに、 存在意義さえ疑われる支配人・・・

 

女将が必死になればなる程、それに反比例するかの様に従業員の堕落ぶりは加速していく。

 

見る見るうちに評判は下がり、経営は火の車。

 

いよいよ存続の危機を迎えるまでになってしまったそうだ。

 

(社長である私は寝る暇も惜しんで、文字通り死ぬ気で働いていると言うのに、何故一番身近でそれを見ているはずの彼らには、私の思いが全く伝わらないのだろうか?)

 

散々思い悩み、旅館をたたむ覚悟を決めた女将を救ってくれたのは、現地人の友達が放った思わぬ一言だった。

 

それは・・・

 

『優れた上司というは、如何に働かかということである』というもの。

 

働かない=優れた上司とは、一体どういうことなのだろうか?

 

欧米はプライベートが非常に尊重視されるお国柄。

 

プライベートの充実度こそが、人の優劣を測る重要な物差しなのだ。

 

プライベートを充実させるには、何たってお金と時間が必要だ。

 

つまり「あの人、プライベートがめっちゃ充実しとるやん!お金にも時間にも余裕があってステキ! ツイテイキマス!」 となるのだそうだ。

 

逆に仕事に身も心も捧げてしまっているような人間はというと、「あの人の人生って、仕事ばっかやねぇ。あ~ヤダヤダ。余裕もないし、どうせ大した人間じゃないよね!」 となってしまい、その結果部下にそっぽを向かれてしまうという訳だ。

 

日本とは180度考え方が異なる。

 

半ばヤケになっていた女将は、どうにでもなれとその言葉通りに仕事そっちのけで、遊びまくってやったそうだ。

 

その結果・・・

 

f:id:beauty-box:20150922191445j:plain

 

「や、奴は出来る!!!」

 

となり、 女将に認めてもらおうと、従業員の態度が一変。

 

瞬く間に人気旅館となったそうだ。

 

所変われば物の見方も、180度変わる。

 

またまた異文化理解とは実に難しい。

 

ってなわけで、私も仕事そっちのけで、遊び倒してやろうかな?

 

 

(; ̄ェ ̄)・・・

 

 

チョット言ってみただけですよ・・・

 

この記事はサブブログ【走れ!古本屋】で書いた内容を転記しています。

 

furuhon-books.beauty-box.tokyo

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

意外とダサい!?歴代オリンピックエンブレム(ロゴ)TOP10

晴れて?白紙撤回となった2020年の東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)。

 

盗作疑惑はさており、デザイン的にもダサいと散々叩かれていましたが、改めて歴代オリンピックのエンブレムを見てみると、結構「!?」なデザインって多くないですか?

 

※素人の個人的な見解ですので、さらっと読み流してください。

 

 

 

★10位★1960年ローマ(夏季)

 
 

 1960年ローマ(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

「MCMLX」とは、ローマ数字で1960年のことらしいです。

 

それにしても

 

全体的に絵面が怖ぇーし。。。

 

平和の祭典なんですから、もっと穏やかにいきましょうよ。

 

www.benricho.org

 

 

 

★9位★2010年バンクーバ(冬季)

 
 

 2010年バンクーバ(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

オリンピックぽいっちゃあ、ぽいんですが・・・

 

個人的にどうしても「天空の城ラピュタ」に出てくる、ロボット兵に見えてしまうんですよね・・・

 

バルス!!!」

 

 

 

★8位★1988年ソウル(夏季)

 
 

 1988年ソウル(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

こちらも個人的にどうしても巨大な「オウムガイ」か「アンモナイト」にしか見えない・・・

 

 

 

★7位★2012年ロンドン(夏季)

 
 

2012年ロンドン(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

エヴァンゲリオンあたりに出てきそうな、ちょい悪ロボット風フォルムのエンブレム。

本国を中心に大批判を浴びたことは、記憶に新しい。

 

 

 

 

★6位★1980年レークプラシッド(冬季)

 
 

1980年レークプラシッド(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ん?

 

どうした?どうした?

 

天下のアメリカ様のデザインとは思えないほど、洗練さに欠けるような。。。

 

やっちまった感半端無い!?

 

 

 

★第5★2018平昌(冬季)

 
 

2018平昌(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

素材は色のついたマッチ棒かドミノ? 

 

Pyeong Chang2018の文字と五輪マークが無かったら、幼稚園児の絵の様だと、どこぞのデザイナー様が酷評していましたが。。。

 

 

 

★4位★1976年モントリオール(夏季)

 
 

1976年モントリオール(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ザ・シンプル!

 

メリケンサックみたいですね。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221453j:plain

 

★3位★1968年メキシコ(夏季)

 
 

 

1968年メキシコ(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

「狂気」すら感じるメキシコ五輪のエンブレム。

 

まさに迷路。

 

ジャポニカ学習帳の裏にこんなのが書いてあったような。。。

 

見ているだけで目が回りそうです。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221512j:plain

 

★2位★1936年ベルリン(夏季)

 
 

 1936年ベルリン(夏季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

ベルマークがいつからあるのかは知らんけど、

 

「昭和初期のベルマーク」って言われたら、まず疑わないよね。。。

 

 

 

f:id:beauty-box:20150711221530j:plain

 

★1位★2020年東京(夏)

 
 

 栄えある1位に輝いたのは・・・

 

2020年東京オリンピック

 

 

ベルギー劇場2020年東京(夏)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

 やべぇー!!!

 

違う!違う!

 

こっちだった・・・

 

 

2020年東京(夏)オリンピックエンブレム(ロゴ)

 

 

結局これがやりたかっただけなんですけどね笑

 

 

先日何だかよく分からない説明と共に、正式に取り下げが決定した、日本が誇るパクリエーター佐野氏デザインのエンブレム。

 

 

新国立競技場に続き、とんでもない醜態を晒している東京オリンピックですが、責任の所在をはっきりさせると共に、今後は競技場、エンブレムに続く3度目の大失態だけは絶対に出さないよう、きちんとしたマネジメントをしてもらいたいところですね。

 

 

それにしても・・・

 

オリンピックのデザインって、国際的なイベントにも関わらず、意外とイケてないものが多い様に感じるのは私だけでしょうか?

 

実際ランキングに入っていないものの中にも、「?」のつくデザインはまだまだ存在します。

 

1984年サラエボ(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1984年サラエボ(冬季)

 

1988年カルガリー(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1988年カルガリー(冬季)

 

1976年インスブルック(冬季)オリンピックエンブレム(ロゴ)

1976年インスブルック(冬季)

 

 

思えば今回の東京オリンピックエンブレム選考コンペは、デキレースだと散々叩かれてました。

 

先述の通りデザイン自体に関しても、盗作疑惑の前から国民の評判は芳しいとは言えませんでした。

 

もしかすると日本のみならずデザイン業界には悪しき風習が存在し、こうした大規模な選考には何らかの政治的な力が働くものであり、それ故国民の支持するデザインとはかけ離れていく傾向にあることを、示唆しているのかも知れませんね。

 

 

ここはいっちょ私もデザイン選考会に応募してみましょうかね。

 

いや、あまりに触らなさ過ぎて、Illustratorの基本的な使い方すら怪しくなってきているかも・・・

 

まずは、もう一度イラレを学び直さねば・・・

 

今週のお題「いま学んでみたいこと」

 

※見解はあくまでも個人的な意見です。

 

 

 合わせて読みたい!いや、読んいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

world-news.beauty-box.tokyo

 

ボンタンアメが繋いだ不思議な縁-あなたは霊を信じますか?-

ある老人の通夜がしめやかに行われていた。

 

大勢の親族の中で、一際悲しみにひたる人達がいた。

 

喪主を務める故人の子供さんと、そのお孫さんだった。

 

 

通夜が終わり、近しい人間だけで、お棺を囲む。

 

溢れんばかりのお菓子に囲まれ、安らかな寝顔の故人が横たわる。

 

喪主さんとお孫さん達が、愛おしそうに故人の顔を撫でる。

 

 

 

「甘いものがお好きだったんですね。」

 

そう語りかける私に、喪主様が静かに答える。

 

「そうなんですよ。だからお菓子でいっぱいでしょ?」

 

笑いながらそう答えた喪主さんは、次の瞬間悲しそうに声を落とした。

 

「でも心残りは一番大好きな【ボンタンアメ】を棺に入れたあげられなかったことなんです。亡くなってバタバタしてたから探す暇もなかったし、そもそもこっちでは今はあんまり売ってないんだそうですね。」

 

 

ボンタンアメ・・・

 

ボンタンアメ

 

懐かしい記憶が蘇ってきた。

 

まだ私が小さかった頃、母親の実家の喜多方(福島県)に帰ると、いつも祖父が大量のボンタンアメを用意していてくれていた。

 

何故そうなったのかは覚えていない。

 

母親曰く、「祖父の家の近くの農協で行われていた九州の物産展・・・といってもデパートで行われるようなものに比べたら、月とスッポンくらい違うのだが・・・に行った際に、私がえらく気に入ったから」だそうだ。

 

口にボンタンアメを入れられた私は、ベビーカーの中で、ひどくご機嫌だったらしい。

 

 

こうして物心ついた頃には、いつも大量のボンタンアメが出迎えてくれるようになっていた。

 

勿論これは大いに歓迎すべきことであった。

 

これが私にとって母親の田舎に帰る楽しみのひとつになっていたことは、言うまでもない。

 

 

その後関東でもそこそこヒットし、随分とお世話になったものだ。

 

しかし、ブームが下火になると、徐々に店頭から姿を消し、私の興味も急速に失われていった。

 

 

そんな淡い思い出がふと頭をよぎったが、その後慌ただしく動き出した時間に追われ、いつの間にかボンタンアメのことは頭から消えていた。

 

 

通夜振る舞いの席は大いに盛り上がり、お開きになったのは21時を少し回ったところだった。

 

遺族を見送り、会社に帰って翌日の告別式の用意をし、自宅に帰ったのは、23時少し手前だった。

 

 

遅い夕食を食べていると、急にボンタンアメのことが思い出された。

 

何故そう思ったのかは定かではない。

 

ふと私は探しに行ってみようという思いに駆られた。

 

気が付くと、私は家を飛び出していた。

 

時間は夜中の23時30を少し回っている。

 

ネットではコンビニにも置いてあると書いてあったが、流石に数が多すぎる。シラミつぶしに周るには精神的にも肉体的にもきつい。

 

私は24時間、或いは夜中2-3時までやっている、スーパーやドンキホーテなどに狙いを絞ることにした。

 

取り敢えず近隣の店舗に電話をかけてみたが、深夜の電話ということもあってか、どの店舗も営業はしているはずなのに、電話には出ない。

 

虚しくコール音だけが響く。

 

やはり直接行くしかない。

 

実質的に家から無理なく周れる店舗は5軒程度。

 

それくらいなら何とかなる。

 

意を決して早速シラミつぶしに周り始めた。

 

 

1軒目のドンキホーテ

 

探している時間はない。早速店員を捕まえて、聞いてみる。

 

「少々お待ちください」

 

いきなりビンゴの予感がした。

 

「こちらです」

 

拍子抜けするほど、あっさりと答えが返ってくる。

 

売り場に案内してもらう。

 

「え~っと・・・ボンタンアメボンタンアメ・・・この辺にあるはずなんですが・・・」

 

「あれ???」

 

店員の声のトーンが明らかに下がる。

 

「無い・・・」

 

 

その後、無線で仕入れ担当に確認してくれたが、1ヶ月ほど前に仕入れをストップしたらしい。

 

 

気を取り直して、近くの24時間営業のスーパーに向かう。

 

結果は空振りだった。

 

 

3軒目、4軒目も見事に空振り。

 

 

不安が募る。

 

 

藁をもすがる気持ちで飛び込んだ最後の店舗にも、その姿を確認することは出来なかった。

 

 

手元の時計に目をやると、深夜1時を回っていた。

 

どっと疲れが全身を襲う。

 

しかし、不思議と心は晴れやかだった。

 

出来ることはやった。

 

故人も責めはしないだろう。

 

(よし、帰ろう。)

 

そう思って店を出て、駐車場に急いでいると、ふと

 

 

「みんなに(棺に)入れて欲しいんだ」

 

 

そんな老人の声が確かに聞こえた気がした。

 

 

思わず振り返ると、向こうから店員が走って来るのが見えた。

 

「すいませんお客様!事情が事情だったんで、近くの系列店舗に確認してみたら、ちょうどあるって言うんで、取り置いてもらっています!閉店寸前なんで兎に角急いで行ってください!」

 

 

嬉しくて思わず飛び上がってしまった。

 

探している理由を話した店員が、機転を聞かせて周りの店舗に確認の電話をしてくれたのだ。

 

丁寧にお礼を言って、店に急いだ。

 

 

大急ぎで目的の店に駆け込むと、確かにボンタンアメは陳列棚に並んでいた。

 

陳列棚に並ぶボンタンアメ

 

大慌てでレジに持っていこうとして、既にレジで取り置いていてくれていることを思い出す。

 

 

レジには私の注文通り6粒入りのボンタンアメが9箱用意されていた。

 

本当は49日まで一日一粒で49粒用意しようと思ったのだが、6粒入りの箱しかないのだから仕方ない。

 

6粒 × 9箱 = 54粒

 

5粒は私からのサービスだ。

(というか正確には全部サービスなのだが・・・)

 

 

店員は無造作にボンタンアメをレジ裏から取り出し、会計を始めた。

 

事情は知っているはずなのだから、もうちょいこう・・・温かみのある対応というか・・・

 

そんな不満があったのは事実だが、贅沢は言っていられない。

 

置いておいてくれたことだけでも、感謝しなければならない。

 

 

私は大事に包を抱え、軽やかに店を後にした。

 

「全く世話の焼けるじぃさんだぜ」

 

空に向かってそんな悪態をつきながらも、どこか顔はほころんでいたに違いない。

 

 

翌日の故人様との最後のお別れ「お花入れの儀」で、私が遺族に差し出したボンタンアメに、会場が大きく湧いたのは言うまでもない。

 

遺族の歓声と、一際大きくなる泣き声を背に

 

「全く世話の焼けるじぃさんだぜ」

 

そう、小さく悪態をついてみせた。

 

(ありがとう・・・)

 

遺体の口元がそう言って、一瞬ほほ笑んだような気がした。

 

 

「みんなに(棺に)入れて欲しいんだ」

 

 

あの時確かに聞こえた気がした声が、一体何だっかのかは正直分からない。

 

 

しかし、私の心に残る「ボンタンアメ」の思い出と、不思議な力が引き起こした、小さな奇跡を、タダの偶然として片付けてしまうのは、いささか味気ない。

 

こんな霊なら悪くない。

 

ふとそんな思いがよぎったが、毎回これではこっちの身がもたない。

 

やはり金輪際霊からのリクエストは御免こうむりたい・・・というのが本音といったところだ。

 

今週のお題「一番古い記憶」

 

この記事はサブブログ【葬儀屋バカ一代】で書いた記事を転写しています。

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo