東京東高野山長命寺四天王像(持国天・増長天・広目天・多聞天)

最近Instagramにはまっています。

 

葬儀で一日中練馬区にある長命寺にいたので、時間とともに変化する四天王を撮ってみました。

 

かなり巨大で見ごたえがるので、機会があれば是非!

 

朝日の広目天

広目天(こうもくてん)

広目天(梵名ヴィルーパークシャ)は、仏教における天部の仏神。持国天増長天多聞天と共に四天王の一尊に数えられる。

ヴィルーパークシャとは本来サンスクリット語で「種々の眼をした者」あるいは「不格好な眼をした者」という意味だが、「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」さらに千里眼と拡大解釈され、広目と訳された。

西方を護る守護神として造像されることが多い。仏堂内では本尊の向かって左後方に安置するのが原則である。

 

朝日の広目天

“東京東高野山長命寺四天王像(持国天・増長天・広目天・多聞天)” の続きを読む

夏と言ったらやっぱり扇子と日本刀と屏風だよね!

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

 

仕事の関係でとある施設の夏祭りのイベントに参加することになり、大量の扇子を買いました。

 

https://www.instagram.com/p/BL5rZTGhvxE/

#japanesesword #katana #sensu #samurai #ninja #bushi #japanesewarrior #moon #japan #日本刀 #忍者 #武士 #和風 #扇子 #月 #刀 #日本

 

“夏と言ったらやっぱり扇子と日本刀と屏風だよね!” の続きを読む

祝・上野国立西洋美術館世界文化遺産登録決定(外観・前庭彫刻)

記事のタイトルがすべて漢字中国人の書いたブログみたいですね笑

 

それはさて置き、上野で仕事があったので、とりあえず帰りに世界遺産への登録が決定した国立西洋美術館へ。

 

平日のそれほど注目されていない展示会なんて、いつもなら閑古鳥が鳴いてる敷地内がすごいことになっていた。

 

タイミングを見計らって、あまり人が映らないようにしているため分かり辛いが、かなりの人でごった返していた。

 

「考える人」や「地獄の門」などの前庭彫刻は写真待ちの夏休みの親子連れやカップルに、海外からの観光客も交じって長蛇の列に。

 

いつもならガラガラな庭がちょっとしたお祭り騒ぎになっていた。

 

(日本人ってホントにミーハーだよな・・・)って思わずつぶやきそうになったけど、すべて自分に返ってきそうだったので、やめておきました。

 

https://www.instagram.com/p/BIZbZmCAc7s/

“祝・上野国立西洋美術館世界文化遺産登録決定(外観・前庭彫刻)” の続きを読む

下町で見た人情味あふれる粋な張り紙

東京都荒川区で見つけた小粋な一枚。

 

素敵な庭の前に置かれた鉢植えの間に見え隠れする張り紙。

 

そこに書かれていたのは・・・

 

鉢植えを盗む不届き者がいることに憤りを感じる一方で、そうした人間たちをいさめる小粋な注意書きに思わず、頬が緩んでしまた、そんなひと時でした。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

world-news.beauty-box.tokyo

world-news.beauty-box.tokyo

上野恩賜公園内「東叡山寛永寺清水観音堂」の魅力-私の初詣

上野にある東叡山寛永寺。東の比叡山、つまり天台宗の関東大本山として、徳川家の庇護を受け、最盛期は強大な勢力を誇った寺院だ。

 

明治政府に対する幕府方(彰義隊)の最後の抵抗戦である上野戦争により、その伽藍の殆どを焼失し、以後その敷地は上野恩賜公園として整備された。

 

芝の増上寺と共に、徳川家の菩提寺として、公園内に点在する徳川歴代将軍の墓が、栄華を誇った時代の名残を僅かに留める。

 

上野恩賜公園内「東叡山寛永寺清水観音堂」の魅力-私の初詣

“上野恩賜公園内「東叡山寛永寺清水観音堂」の魅力-私の初詣” の続きを読む

レインボーカラーの大菊

商品化されたばかりの素晴らしい菊が見れると言うので、出入りの花屋さんに連れられて市場へ。

 

根から着色料を吸わせ、レインボーカラーに仕上げた特許取得の菊だそうです。

 

素晴らしい!

 

でも・・・ちょっと葬儀には向かないかな・・・

 

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo