【事実は小説より奇なり】『お客様!お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?』

【事実は小説より奇なり】ということわざがあるが、世の中ドラマみたいなこともあるものだ。

先日帰りの電車の中で急病人発生。椅子に座っていた酔っ払いの男性が、急に泡を吹いて前に倒れたんです。

車内は一瞬騒然となったが、すぐさま横の若者が携帯で110番。

ラッシュ時で電車がノロノロ運転だったこともあり、電車が次の駅に着く頃には、駅員が担架を持ってスタンバイ。

車内で救助が始まったが、症状はかなりやばいらしく、若干手こずっていた。

都内有数の巨大駅ということもあり、周りはすぐに野次馬で溢れていた。

すると野次馬に向かって、駅員が一言。

人物
駅員
どなたか医者の方はいらっしゃいませんか?救急隊員が到着するまで、もう少しかかります!

いやいや、いくら大勢の人間で溢れている駅とはいえ、そんなドラマみたいな・・・

恐らく私を含めて、大半の人間が思った次の瞬間、

人物
乗客
私、都内の病院で救急医やってます

いるんかい!?

【人生はドラマより奇なり】とは、よく言ったものです。

その場に漂う妙な充実感と一体感。

そういうドラマみたい展開、ホントにあるんだ!

何だか、病気の人には申し訳ないが、年の瀬に良いもの見れたよ!

因みにその後、名乗り出た医者の方が適切な処理を施して、病人は無事に近くの病院に搬送されて行った。

それにしても、やっぱりカッコいいですね、医者って。

「お客様、お客様の中に、葬儀屋さんはいらしゃいますか!?」

とか、絶対ならないですもんね…

私も葬儀屋やめて、医者にでもなろうかな(ウソ)

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG