【冬季五輪の歴史】歴代オリンピックのメインスタジアム-デザインまとめ

オリンピックの歴史

冬期オリンピックのメインスタジアム。

スキー場やスケートリンクに少し手を加えてメイン会場とされることも多く、夏季オリンピックに比べると特徴的なデザインが無い大会も珍しくないが、中には夏季五輪顔負けのスタジアムを誇る大会もある。

1924年

★シャモニー・モンブランオリンピック

開催都市フランス・シャモニー=モン=ブラン
スタジアムスタッド・オランピック・ド・シャモニー
収容人数45,000人
建設費 

スタッド・オランピック・ド・シャモニー

スタッド・オランピック・ド・シャモニー


1928年

★サンモリッツオリンピック

開催都市スイス・サンモリッツ
スタジアムサンモリッツ・オリンピック・アイスリンク
収容人数 
建設費 

サンモリッツ・オリンピック・アイスリンク


1932年

★レークプラシッドオリンピック

開催都市アメリカ・レークプラシッド
スタジアムレークプラシッド・オリンピック・スケーティング・リンク
収容人数7,500人
建設費

レークプラシッドオリンピック


1936年

★ガルミッシュ=パルテンキルヒェンオリンピック

開催都市ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン
スタジアムグロッセ・オリンピアシャンツェ
収容人数40,000人
建設費 

グロッセ・オリンピアシャンツェ


1948年

★サンモリッツオリンピック

開催都市スイス・サンモリッツ
スタジアムサンモリッツ・オリンピック・アイスリンク
収容人数 
建設費 

サンモリッツ・オリンピック・アイスリンク


1952年

★オスロオリンピック

開催都市ノルウェー・オスロ
スタジアムビスレット・スタディオン
収容人数20,000人
建設費€5,500万ユーロ

ビスレット・スタディオン


1956年

★コルティナダンペッツォオリンピック

開催都市イタリア・コルティナダンペッツォ
スタジアムスタディオ・オリンピコ・デル・ギアッチョ
収容人数12,000人
建設費 

スタディオ・オリンピコ・デル・ギアッチョ

スタディオ・オリンピコ・デル・ギアッチョ


1960年

★スコーバレーオリンピック

開催都市アメリカ・スコーバレー
スタジアムブライスアリーナ
収容人数8,500人
建設費 

ブライスアリーナ

ブライスアリーナ


1964年

★インスブルックオリンピック

開催都市オーストリア・インスブルック
スタジアムベルクイーゼルシャンツェ
収容人数12,000人
建設費 

ベルクイーゼルシャンツェ

ベルクイーゼルシャンツェ


1968年

★グルノーブルオリンピック

開催都市フランス・グルノーブル
スタジアムスタッド・オランピック・ド・グルノーブル
収容人数60,000人
建設費

スタッド・オランピック・ド・グルノーブル


1972年

★札幌オリンピック

開催都市日本・札幌
スタジアム真駒内屋外競技場
収容人数30,000人
建設費13億6,000万円

真駒内屋外競技場

真駒内屋外競技場


1976年

★インスブルックオリンピック

開催都市オーストリア・インスブルック
スタジアムベルクイーゼルシャンツェ
収容人数12,000人
建設費 

ベルクイーゼルシャンツェ

ベルクイーゼルシャンツェ


1980年

★レークプラシッドオリンピック

開催都市アメリカ・レークプラシッド
スタジアムレークプラシッド・エクウェストリアン・スタジアム(開会式)
オリンピック・センター・アリーナ(閉会式)
収容人数10,000人(開会式)・30,000人(閉会式)
建設費
レークプラシッド・エクウェストリアン・スタジアム(開会式)
(レークプラシッド・エクウェストリアン・スタジアム(開会式))
オリンピック・センター・アリーナ(閉会式)
(オリンピック・センター・アリーナ(閉会式))

1984年

★サラエボオリンピック

開催都市ユーゴスラビア・サラエボ
スタジアムアシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場
収容人数50,000人
建設費 

アシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場

アシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場


1988年

★カルガリーオリンピック

開催都市カナダ・カルガリー
スタジアムマクマーン・スタジアム
収容人数38,205人
建設費105万カナダドル

マクマーン・スタジアム

マクマーン・スタジアム


1992年

★アルベールビルオリンピック

開催都市フランス・アルベールヴィル
スタジアムテアトル・ド・セレモニー
収容人数35,000人
建設費 

テアトル・ド・セレモニー


1994年

★リレハンメルオリンピック

開催都市ノルウェー・リレハンメル
スタジアムリスゴーズバッケン
収容人数35,000人
建設費 

リスゴーズバッケン

リスゴーズバッケン


1998年

★長野オリンピック

開催都市日本・長野
スタジアム長野オリンピックスタジアム
収容人数30,000人
建設費106億円

長野オリンピックスタジアム

長野オリンピックスタジアム


2002年

★ソルトレイクシティオリンピック

開催都市アメリカ・ソルトレイクシティ
スタジアムライス・エクルズ・スタジアム
収容人数45,017人
建設費$5,000万米ドル(改修・70億)

ライス・エクルズ・スタジアム

ライス・エクルズ・スタジアム


2006年

★トリノオリンピック

開催都市イタリア・トリノ
スタジアムスタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ
収容人数28,000人
建設費€3,000万ユーロ(改修・44億円)

スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ

スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ


2010年

★バンクーバーオリンピック

開催都市カナダ・バンクーバー
スタジアムBCプレイス・スタジアム
収容人数54,500人
建設費1億2,600万カナダドル(改修・330億円)

BCプレイス・スタジアム

BCプレイス・スタジアム

BCプレイス・スタジアム


2014年

★ソチオリンピック

開催都市ロシア・ソチ
スタジアムソチ・オリンピックスタジアム
収容人数40,000人
建設費約6億米ドル(610億円)

ソチ・オリンピックスタジアム

ソチ・オリンピックスタジアム

ソチ・オリンピックスタジアム


2018年

★平昌オリンピック

開催都市韓国・平昌
スタジアム平昌オリンピックスタジアム
収容人数35,000人
建設費約1,200億ウォン

平昌オリンピックスタジアム


関連記事

オリンピックの度に注目を集めるメインスタジアム。開会式や閉会式はもちろん、花形の陸上トラック競技が行われるなど、大会を通じでメディアへの露出も多いだけに、そのデザインと出来栄えには国の威信がかかる。夏季オリンピックのメイン会場をまとめて[…]

【夏季五輪の歴史】歴代オリンピックのメインスタジアム-デザインまとめ
関連記事

オリンピックの歴史1924年シャモニー・モンブランから始まった近代オリンピック。歴代の夏季オリンピック概要と、エンブレム(ロゴ)のまとめ。1924年★シャモニー・モンブランオリンピック開催都市フランス・シャモ[…]

【冬季五輪の歴史】歴代オリンピック概要&エンブレム(ロゴ)まとめ
【冬季五輪の歴史】歴代オリンピックのメインスタジアム-デザインまとめ
最新情報をチェックしよう!
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG