【なぜお湯を注いで3分?】その理由と味にまつわる知られざる三つの秘密(カップヌードル)

徹底解明!カップヌードル

1971年日清食品が世界で初めてのカップ麺として発売してから45年。

日本のみならず世界でもカップラーメンのパイオニアとして絶大な人気を誇り、現在では世界80ヵ国で販売され、累計売上は400億食以上!(日本累計は200億食以上)

45周年を記念して発売された『謎肉祭り』もだいぶ盛り上がっている模様です。

そんなカップヌードルの秘密を3つ紹介。

名前のひみつ

カップヌードルの『ド』が小さい理由

発音

英語のNoodle(ヌードル)の発音に出来るだけ近い表記にするため。

『ヌード』との混同を避けるため

当時の世相を反映し、『ヌード』との混同や連想を避けるため。

麺のひみつ

麺へのこだわり

麺の太さ

味により麺の太さを微妙に変えている。カレーはスープが麺により絡むよう、代表的な他のものより若干太い。

カレー 1.8mm
レギュラー 1.5mm
シーフード 1.5mm

麺の味

より美味しさを味わってもらうため、麺そのものにも味が付いている。

カレー ポーク味
レギュラー しょうゆ・チキン味
シーフード  しょうゆ味

時間のひみつ

なぜ3分なのか?

五感を高めておいしさアップ

1分・・・早すぎて気分が盛り上がらない

3分・・・空腹感が高くなりより美味しくなる。

5分・・・長すぎてイライラする。

あのジリジリとする時間。期待度がMAXまで高まり、イライラに支配される限界ギリギリのラインに設定してあるんですね。

物理的な理由

もちろん物理的には1分で完成する麺は十分に実現可能だが、それだけ早く出来上がるということは、裏を返せばそれだけ早くに水分を吸うということ。

つまりあっという間に麺がのびてしまうと言う訳です。

変わらない強さ

いつ食べても変わらない懐かしい「あの味」。

しかし、変わらないのではなく、変わっていることが分からないだけなのです。

細部にまでこだわり、時代や土地にあわせて、たゆまぬ微調整を繰り返し続ける。

そうした日々の努力が「あの味」を保ち、半世紀に渡り業界のトップを走り続けられる証なのでしょうね。

まぁ、これだけべた褒めしておいてナンですが・・・私はどちらかというとエースコック派ですけどね。

え?なんでかって?

量が多くて安いから!

売れてます❕
あわせて読みたい❕
関連記事

美味い!即席麺1位~10位今や国民食となったカップラーメン業界において、栄えある1位に輝いたのはどの商品なのでしょうか?第一位★日清食品 カップヌードルシリーズ1971年世界初のカップ麺として発売され、[…]

【超人気ラーメン店の店主122人が選ぶ】本当に美味しいおススメのカップラーメンランキングTOP10+α当に美味しいカップラーメンランキングTOP10
関連記事

ラーメンランキングヤフージャパン特別企画!日本人のラーメン意識調査!日々ものすごい勢いで進化する国民食「ラーメン」ヤフージャパンが行った、ラーメンに対する意識調査をまとめてみました。味お好みのラーメンの種類は[…]

【醤油・味噌・豚骨・塩】日本人のラーメンの好みを徹底調査
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG