【東京東練馬区】高野山長命寺『四天王像(持国天/増長天/広目天/多聞天)』

持国天/増長天/広目天/多聞天

葬儀で一日中練馬区にある長命寺にいたので、時間とともに変化する四天王を撮ってみました。

かなり巨大で見ごたえがるので、機会があれば是非行って、ご自身の目で見てください!

朝日の広目天

 

 

 

 

 

 
 

 

 
この投稿をInstagramで見る
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

色即是空さん(@shikiso9zeku)がシェアした投稿

広目天とは

広目天(梵名ヴィルーパークシャ)は、仏教における天部の仏神。持国天・増長天・多聞天と共に四天王の一尊に数えられる。

ヴィルーパークシャとは本来サンスクリット語で「種々の眼をした者」あるいは「不格好な眼をした者」という意味だが、「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」さらに千里眼と拡大解釈され、広目と訳された。

西方を護る守護神として造像されることが多い。仏堂内では本尊の向かって左後方に安置するのが原則である。

白日の多聞天

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

色即是空さん(@shikiso9zeku)がシェアした投稿

多聞天とは

多聞天(別名【毘沙門天】)

毘沙門天(梵名ヴァイシュラヴァナ)は、仏教における天部の仏神(武神)。

単体の場合は毘沙門天、持国天・増長天・広目天と共に四天王の一尊に数えられる場合は、多聞天として表わされる。

毘沙門という表記は、ヴァイシュラヴァナを中国で音写したものであるが「よく聞く所の者」という意味にも解釈できるため、多聞天(たもんてん)とも訳された。

元来はインドの財神クベーラだが、仏教に取り入れられてからは、北方を守る守護神。

西日の持国天

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

色即是空さん(@shikiso9zeku)がシェアした投稿

持国天とは

持国天(梵名ドゥリタラーシュトラ )は、仏教における天部の仏神。

「国を支える者」という意味を持ち、本来はインド神話に登場する雷神インドラ(帝釈天)の配下で、後に仏教に守護神として取り入れられた。

東方を護る守護神として造像される場合が多く、仏堂内部では本尊の向かって右手前に安置されるのが原則である。

月明かりの増長天

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

色即是空さん(@shikiso9zeku)がシェアした投稿

増長天とは

増長天(梵名ヴィルーダカ )はは、仏教における天部の仏神。

「成長、増大した者」という意味を持ち、本来はインド神話に登場する雷神インドラ(帝釈天)の配下で、後に仏教に守護神として取り入れられた。

南方を護る守護神として造像される場合が多い。仏堂では本尊の向かって左手前に安置するのが原則である。

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG