自らの学び舎から飛び降り自殺した学生と、最期まで消せなかった自死遺族の心の闇

自死遺族の叫び

もう何年も前の話である。

ひとつ若い命の灯火が、自らの手によって静かに消えて行った。

自身が籍を置く学び舎から身を投げたのは、まだ十代の若者だった。

詳しいとこは書けないが、高校を卒業し、東京の実家を離れて、ひとり海外の大学に留学していた中での惨事だった。

留学先から羽田行きの貨物機に乗せられ、「物質」と成り果てた悲しい帰国となってしまった。

晩秋の秋風と共に吹き去った、前途洋々のはずだった若い命。

最期の瞬間、彼女の目には一体どんな光景が見えていたのだろうか。。。

自宅に安置された遺体のそばを片時も離れず、生前同様に語りかける両親の姿が胸を締め付ける。

「こんな若さで死なせる為に、ここまで育ててきたんじゃないんですよ。こんな惨たらしい最期を迎える為に、海外の大学に進学させたわけじゃないんですよ。。。」

父親がくやしそうに絞り出した言葉が、むせ返るほど線香の煙の充満した部屋に、虚しく響き渡る。

どんなに嘆こうとも、死者が息を吹き返すことはない。

代々資産家の裕福な家庭だったこともあり、葬儀はそれなりに盛大だった。

自らの手で人生を終わらせてしまうような、不気味な黒い影など、微塵も感じさせない、楽器を片手に微笑む遺影の中の彼女は、ひときわ輝いて見えた。

通夜には故人が通っていた小中高一貫校の生徒が、大勢弔問に訪れてくれた。

皆神妙な面持ちで斎場に入ってくる。後輩だろうか、制服を着て親に支えられながら入ってくる女生徒もいる。

突然大切な友達を失い、泣きじゃくる同級生たち。疲労と動揺、色濃い悲しみの表情が交錯する。

しかし、良くも悪くも所詮は他人事だ。

焼香が終わって一息付けば、そこはたちまち即席の同窓会やクラス会の場となる。

外にはたちまちのうちにいくつもの輪が出来上がる。

彼らの表情から悲しみの色はとうに消え失せ、無邪気な笑顔と笑い声がこだまする。いつ終わるともない楽しげな再会の時間。

自らの学び舎から飛び降り自殺した学生と、最期まで消せなかった自死遺族の心の闇

こんな時いつもの癖で故人の両親を探してしまうのは、私の悪い癖だ。

二階のお清め席の窓から、外の様子を微笑ましげに見つめる母親。

しかし、その裏にあるこの世のものとは思えないほど深い悲しみを、押し隠すことなど出来はしない。

あの輪の中に自分の子供もいるはずだった。しかし、いるはずの愛娘はもうそこにはいない。

愛娘のいない輪の中で、同じ年の同級生が、楽しそうに笑っている。彼らの眼前には前途洋々とした未来が広がっている。明日になれば彼らはまた、意気揚々と自分の生活へと戻っていく。この世から消えてしまった同級生のことなどすっかり忘れて。。。

だがどうだろう。

冷たい骸となり果て、棺に横たわる自分の娘は、もう二度とこの世でその声を、笑顔を、胸の鼓動を見ることはかなわない。

静かにレースのカーテンを閉めるその仕草に、やりきれない思いだけが暗い影を落とす。

母親の悲痛な叫びが、若者たちの笑い声とともに、暗い夜空に消えていった。。。

この一ヶ月後、母親は自宅で首を吊った。

【助けれ上げられなくてごめんね…】

一枚のメモを残して・・・

あわせて読みたい❕
関連記事

自死遺族からの手紙私の父は焼死しました。13年前の事です。その日、私は自宅から車で1時間ほど離れた所へ遊びに行っていました。「父と連絡が取れない」お昼過ぎに母から電話がありました。「携帯は置きっぱなしで車も自宅にあるが、姿[…]

【事故?自殺?他殺?】焼死した父親の闇と遺族を縛る後悔の念
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG