CATEGORY

世界の災害悲劇

【令和2年7月豪雨】迫る濁流、家に戻った妻が犠牲に 「息子のお骨を…」無念の夫

九州豪雨(熊本県) 濁流や土砂が住民の日常を一瞬にして奪った日から1週間がたった。九州豪雨で最初の大雨特別警報が発令された4日に被害が集中した熊本県南部。被災地では日ごとに新たな犠牲者が確認され、11日も捜索現場から遺体が見つかった。「無事でいて」「生きていて」。あの日、川からあふれ出た水や山から崩れ落ちた土砂は、家族や親友の願いをものみこんだ。 「お骨を取りに戻ったのではないか」涙ぐむ夫 熊本県 […]

【令和2年7月豪雨】冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く

九州豪雨(熊本県)   熊本県芦北町佐敷地区で犠牲となった酒井民子さん(82)は4日未明、押し寄せた濁流に首までつかり、姉の大瀬妙子さん(87)らと抱き合って約5時間耐えたが、力尽きた。 4日午前3時過ぎ、大瀬さんは猛烈な雨の中、隣で1人暮らしをしている酒井さんを起こしに行った。耳が遠い酒井さんを夫と2人で寝室から外に引っ張り出したが、その時にはベッドの高さまで水が押し寄せていた。水かさはどんどん […]

【令和2年7月豪雨】流される母に手が届かず 球磨村職員、千寿園で「誰かの声」に救われた命

九州豪雨(熊本県) 九州豪雨で被害が大きかった熊本県球磨村で被災者支援にあたる村住民福祉課長の大岩正明さん(51)は豪雨当日の4日、母ユウコさん(83)が暮らす同村渡の特別養護老人ホーム「千寿園」で救助活動に加わった。 入所者を上へと避難させていたが、水位は一気に上昇。車椅子に乗ったまま流される母が見えたが、手が届かなかった。 「全員を助けたい」と決死の救出を続けたが、母を含む入所者14人が帰らぬ […]

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG