CATEGORY

葬儀泣き笑い

【仰天必至】想定外のとんでもないお供え物(香典/供物)の話

みんなのお葬式体験談 葬儀で故人や遺族の為に持参するお香典やお供物。 お金・果物・お線香・お菓子・お酒等故人に縁のあるものなど様々ですが、時には度肝を抜くようなお供え物があるようです。 数十年前に葬儀関連のアルバイトをしていた方から、そんな仰天のお供え物についての投稿をいただきました。 とんでもない会葬者の話 私が学生時代に葬儀会館でアルバイトをしてた数十年前、当時は一般人の葬儀でも今よりもはるか […]

【宗教は人を幸せにする?不幸にする?】親の葬儀への出席を拒否した宗教家の話

人がその一生を終えた時、その最後の花道として準備されるセレモニーが『葬儀』だ。 『人は生きてきたようにしか死ねない』 十人十色。だからこそそこには様々なドラマがある。 いったい何人の人を送り出してきただろうか… 葬儀を通して実に様々な出来事を体験してきた。 大切な人の死をきっかけに、遺産相続等の親族間のいざこざでいがみ合う家族 生まれ変わってもまた結婚したいと話す、妻を亡くした90歳を […]

【爆睡の喪主が大ピンチ!】お疲れの喪主様を救った無邪気な子供達のファインプレー

とある高齢男性の葬儀。 4年に渡る療養期間の末に亡くなられた方で、ご家族は看護と介護に明け暮れたと聞いていた。 リハビリも兼ねた手術入院で半年、自宅療養を2年だそうだ。しばらく小康状態が続いたが、その後体調が思わしくなくなり再入院。手立てを尽くしたものの、1年ほどで他界されたそうだ。 特に喪主である奥様は、面会時間はほぼ病室に詰めてご主人を見守り励まし、必死に命をつなごうと努力なさったと他の遺族か […]

【子供の葬儀】悲しくて辛い現場にそれでも私は立っている…

誰の葬儀においても辛く悲しい思いは一緒だが、若くして逝去された人のそれは、また格別に辛く哀しい。 それが年端もいかない子供なら、なおさらだ。 この世の生き地獄・・・ 僧侶 皆様、故人の為に毎日仏様に手を合わせてあげてください そんなことを考えながら、小さな棺の前に崩れ落ちる両親と、苦渋の面持ちで法話する僧侶の姿を、遠目からぼんやりと見つめていた。 私事で恐縮だが、私にも息子がいる。 今では何事もな […]

【人生が辛い!つまらない!楽しくない!やり直したい!】と嘆いた哀れな男性の話…

絵に描いたような哀れで惨めな人生だった。一体ワタシの人生って何だったんですかね? 火葬が終わり、喪主(故人の長男)さんを車に乗せる。 60歳前後だが、深いシワに加え、酷く曲がった腰のせいか、見た目はひとまわり上に見える。 喪服は持っておらず、ヨレヨレの青いジャンバーに、古びたジーパンという出で立ちだった。 会社の近くだったこともあり、ご自宅まで送って差し上げたのだが、冒頭のセリフはその帰り道、ポツ […]

【都市伝説】死亡届を役所に出すと本人の銀行の預金口座は凍結されるのか?

葬儀は一度に多額のお金が必要となります。 2019年の法改正により150万円を上限として、故人の凍結後も葬儀等にかかる費用の引き出し(仮払い)が可能になりましたが、それ以前はお金の工面が本当に大変でした。 そのせいか、『死亡届を役所に出すと、自動的に本人の銀行口座が凍結されて、預金が引き出せなくなる』という都市伝説が、今だに多くの遺族を恐怖に陥れています。 しかしこれは100%間違った情報であり、 […]

【泣ける葬儀】新型コロナウイルスが強くした家族の絆

感動する葬儀 世界を未曾有の大混乱に陥れた新型コロナウイルス。 日本にも経済的・精神的・肉体的・・・あらゆる困難をもたらし、今なお多くの国民がこの困難を克服できずにいる。 そんな中、この遺族にとっては、全てが困難という訳ではなかったようである。 広い心で読んでいただきたい。 亡くなったのは40代後半の女性。 中央省庁のキャリアとして、第一線で活躍する女性だったが、数か月前に癌が見つかり、検査入院す […]

【新型コロナウイルスが教えてくれたこと】当たり前のことが有難い‐大切な人の死に想う

昨今は世の中がコロナの話題一色だ。 先日中学を卒業したばかりの知り合いがいる。中学校生活最後の一ヶ月は、学校閉鎖となり、満足に友達にすら会えずに卒業しなければならなかった。 そんな彼らに学校最後の日、担任の先生がかけてくれた言葉が素晴らしい。 日々に感謝!君たちは毎日を当たり前のように生き当たり前のように学校に行き当たり前のように友達がいて当たり前のように勉強し当たり前のように遊び当たり前のように […]

【名もなき囚人の最期】死は時に残酷で、時に優しい…

その存在は時に骸骨の身にマントをまとい、大鎌を持った恐ろしい異型の怪物もって表され、時に手の中の命をいくつしむ、美しくもはかなげな天使として表される。 どちらも同じ「死」を人間が具現化したものだ。 実にこの世で死ほど残酷で、反面優しさに包まれた存在はない。 釈迦は死を、人間の持つ最も大きな苦しみのひとつだと説いた。 しかし、反面、死は同じく釈迦が最も大きな苦しみのひとつであると説く「生きる苦しみ」 […]

【自死遺族が味わったこの世の地獄】自殺の果てに待ち受けていたもの

目を背けたくなるほど、辛く悲しい現実・・・皆さんはそんなこの世の地獄を見たことはありますか? これは6年ほど前に担当した葬儀での話。 主人公は30代後半の女性とその子供達。 その女性は10代前半で家庭が崩壊。父親はアル中、母親は育児放棄。最後は親に捨てられ、小さな施設に預けられます。 その後幸せな家庭を求めて、とある男性と結婚。3人の子宝にも恵まれます。 ところが優しかった旦那は大手メーカーをクビ […]

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG