CATEGORY

仏教

【ありがたい言葉】殺し合わなくとも、みんな一度は死ぬものを…

【お寺の掲示板】 仕事柄お寺を訪れることがよくあります。ふとした瞬間にそうしたお寺の随所で、心を打つ教えに出会うことがあります。  お寺の住職が日々の修行の中で書いた一枚の書。 この投稿をInstagramで見る 色即是空(@shikiso9zeku)がシェアした投稿 – 2017年 1月月26日午前3時07分PST イスラム過激派がテロをくり返し、世界を牛耳るキリスト教勢力 […]

【人は二度死ぬ】今は亡き大切なあの人に会いたいあなたへ・・・

大切な人を失ったあなたへ・・・ ひとりの人間には二回の「死が訪れる」という有名な言葉がある。 一度目は我々が通常使っている肉体的な死、二度目は人々の記憶の中から消え去り、誰からも思い出されなくなった時・・・ 第一の人生は儚い 100歳を超える高齢者から、二桁にすら乗らない子供まで・・・ 言うまでもなく、葬儀屋はありとあらゆる年代の葬儀に立ち会う。 どの葬儀も悲しいが、一般的には50代をひとつの境と […]

【仏教って何?】お釈迦様(ゴータマ シッダールタ)が本当に教えたかったこと…

仏陀(ブッダ)の教え 仏教というとお釈迦さまの教えなのだと思われています。 それは、半分はアタリで半分はハズレです。 ゴータマシッダルタの出家 確かに仏教は、インドの小国で産まれたカピラ城の王子、お釈迦さまの教えです。正式にはゴータマシッダルタ(ガウタマ シッダールタ)さまと呼びます。釈迦とは釈迦族の者だからそう呼ばれることもあるのです。 とはいえ、ここではよく知られている呼び方にしましょう。 お […]

【浄土とは?】『浄土と天国の違い』極楽浄土だけじゃない!?浄土にも沢山の種類があることを知っていますか?

浄土って何?浄土とは・・・ (お)浄土、あの世、天国、他界、彼岸、向こうの世界・・・死後の世界を表す言葉は様々あるけれど、やはり日本人の私は【浄土】という言葉は好きです。 ちなみに日本人がよく使う【天国】という言葉は、キリスト教やイスラム教の思想に起因するものです。死後、全ての苦しみから解放され、永遠に楽しい暮らしが続く楽園、それが【天国】です。 この世のことを「穢(けが)れた地」と書いて【穢土( […]

【大切な人の死に想う】『死』とは一体何であろうか…

人は死ぬとどうなるの? 人が死ぬとは何か?人が亡くなるとどうなるのだろうか? 知り合いが亡くなった。 地元の名士で、その方の紹介でいくつもの大きな葬儀をさせてもらった。 我々と一緒になって、いつもキビキビと葬儀を仕切ってくれていた姿が、強く記憶に残っている。 主を失い、静まり返る病室に入ると、寂しさが込み上げてくる。  思えば2ヶ月ほど前にお見舞いに訪れた病室で、 知人 俺はもう死ぬから […]

【深イイ話】遺体(死人)の顔が眠った様に穏やかな理由(神仏の慈悲に感謝)

死者の顔は往々にして穏やかだ。 『穏やかな顔をしているわね』 『まるで眠っているみたい』 『今にも起き上がりそうだ』 『苦しまずに逝ったのかな』 寝息が聞こえてくるような穏やかな死に顔を前に、残された者たちが口々につぶやく。 葬儀式場では、大抵この手の会話が繰り広げられる。残された者にとって、故人が苦しまずに逝ってくれることは、せめてもの救いだ。 最近では目覚しい医療の発達により、死にゆく人間の痛 […]

【大切な人と死別したあなたへ】悲しみは分かち合うことで2分の1になる

葬儀屋が語る「大切なこと」 誰の死も痛ましいことだが、若い人の葬儀はやはり格別に辛いものだ。 私がまだ駆け出しのころ、18歳の青年の葬儀を担当させていただいたことがある。 式までに少し時間があったので、担当したご導師にひとつ教えを請うた。 それは・・・ 深い悲しみを前にしたご遺族を目の前にして、我々はいったどの様な言葉をかけることが出来るのだろうか? ということだ。 「それではひとつヒントを差し上 […]

【私の太平洋戦争体験談】暴力は暴力を、悲しみは悲しみを、怒りは怒りしか生まないという現実…

太平洋戦争体験記 繰り返される負の連鎖・・・ 血で血を洗い、したたり落ちた血が川となり、やがては海となっても人間は、互いに傷つけあうことを止めようとはしない。 暴力は暴力しか生まないと誰もがわかっていても、自ら負の連鎖を断ち切る勇気も、気負いも、使命感も持ち合わせていない。 キリスト教VSイスラム教 パリ同時多発テロを受けて、フランス軍がIS(イスラム国)に対する過去最大級の空爆を行った。 すでに […]

【正しいお悔やみ(哀悼)の言葉】安らかに『お眠り』『永眠』『お休み』ください…は間違い?(仏式)

弔電/参列の注意事項 死者に向けられる 『安らかにお眠りください』 『安らかにお休みください』 『安らかにご永眠ください』 弔意を表す表現として、葬儀の挨拶や弔電の常とう句(決まり文句)ですが、厳密に言えば仏教において、こうした表現は正しくありません。 葬儀で当たり前に使っているこれらの表現が、突然「正しくない」と言われて、 えっ!? っとなっている人も多いでしょう笑 『安らかに眠る』が広まった背 […]

【仏様って何?】『困った時の仏頼み』とは言わない理由…

我々にとって一体仏とは何であろうか? 『困った時の神頼み』とは言っても、『困った時の仏頼み』とは言わない。 その訳をご存知だろうか? 我々にとっての仏様という存在について迫る。 人は死後四十九日かけてあの世へ旅し、成仏、つまり「仏に成る」とされる。 祖母の葬儀で母が『おばあちゃん、成仏してくださいね』と言った。 祖父の葬儀で僧侶が『おじいちゃんは、仏様になるんだよ』と言った。 しかし、我々にとって […]

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG