【堕ろしたくは無かった…】15年以上たった今でも心が苦しくなります…

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月10日
  • 中絶

【人工中絶体験談】

私が23歳の時に妊娠が発覚しました。

その当時未婚で、結婚を考えて同棲している彼がいました。妊娠はとっても嬉しいことで、出産することを前提に準備をしていました。

私は夜勤もある仕事で、不規則な生活をしていて、仕事内容も重い物を持ったりすることもありました。また新人の指導をしていたので、そちらの業務でも忙しく働いていました。

つわりが始まり、だるくなったり頭痛がしたり体がしんどくなりましたが、若かったのもあり、何とか乗り越えられると思っていました。

そんな時、彼が『今回はあきらめないか』と言ってきました。

青天の霹靂とはこのことです。結婚を前提に同棲をしていたのに、なぜあきらめなくてはいけないのか、どうしてもわかりませんでした。

まだお互い年齢が若いこと、当時彼は働き始めたばかりだったことなどが理由でした。

二人で何度も話し合い、お互いの両親にも報告せずに中絶をきめました。

もちろん職場にも言っていなかったため、休みの日を中絶の日にしました。そのため、週数が経ってからの手術となり、中絶を決めてからもしばらくは、お腹には赤ちゃんがいました。

それが辛かったです。

中絶の手術中、どうやら私は暴れたようで、先生からは『誰でも中絶したくてするわけじゃないから、そういう人は多い』と言われました。

手術が終わってすぐに生理痛のような痛みが襲いましたが、あんなに辛かったつわりが、全くなくなっていました。

そのことが、本当に赤ちゃんが自分の中からいなくなってしまった事実を、如実に表しているようで、本当に本当に辛かったです。

その日は一日泣き、痛みと闘いました。

しかし、翌日からはまた仕事です。医者には一日くらいは休んだ方が良いと言われましたが、そんなこと言ってられません。仕事をしていた方が気がまぎれて良かったのです。

あれから15年以上たちますが、中絶した2月14日はバレンタインデーで、浮かれる気にはなれず、水子供養をしています。

【妊娠15週目】

死産/流産/中絶体験談募集

苦しい胸の内を人に聞いてもらいたい・・・

表に出すことで少しでも楽になれるのなら・・・

或いは同じ苦しみを持っている人に、(あなただけじゃないよ)

そんな声をかけてあげたい・・・

あなたの体験談を募集しています。

contact-us

【身近な人の死/葬儀/法事/自死・葬儀川柳】質問・疑問・体験談・悩み・葬儀川柳募集葬儀屋の実態だの愚痴やらを書きたくて、趣味で始めたブログですが、気が付けば毎日2千人近い人が訪れてくださるようになり、たびたび体験談や質問をいただ[…]

お問い合わせフォーム
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG