【人工中絶】悩んだ末の決断と中絶を選んだ私が思う事

【人工中絶・体験談】

どんな綺麗ごとを口にしようとも、中絶とは一種の殺人に他ならない。

その決断は、多くの場合大きな傷となって、当人達を苦しめる。

20歳。社会人として働き始めて数カ月、妊娠している事がわかりました。

相手は7歳上。働いてはいましたが、貯金もない彼氏。

私はお金の事やこれからの生活の事など、何も考えずに、ただ出産する気でいましたが、両親は猛反対。

「社会に出たばかりで働く大変さ、子どもを養う大変さもわからないのに、産んでどうするんだ!子どもを不幸にするだけ。産むならもう家に帰ってくるな!」と言われました。

悩みに悩んだ末、中絶し、その後彼氏とも別れることに。

しばらくは中絶してしまった事をとても後悔していました。 なぜあの時、その決断をしたのか。でももし出産していたとしたら、自分も子どもも、とても大変な辛い思いをしていたかもしれない。 この道を選んで良かったんだ。 そう思うことで、罪悪感から逃げたい自分がいました。

今でも、あの時産んであげられていたら、今は○歳だなぁ…なんて考える事も時々あります。 自分がした選択が良かったか悪かったかなんて、いくら考えてもわかりません。

でもいま思うのは、そういう軽はずみな行動をし、犠牲にした命があるからこそ、今いる自分の子どもは、もっと大切にしたいということです。

【妊娠10週前後】

あわせて読みたい❕
関連記事

私は去年の夏、けい留流産による掻爬手術を受けました。子供が欲しいなと思って妊活を始めて3ヶ月たった頃、妊娠が判明。とても嬉しい気持ちでした。しかしその後7週目の受診で、赤ちゃんは一卵性の双子と発覚!とても驚き正直戸惑いもありました[…]

【稽留(けいりゅう)流産】お空に帰った双子ちゃん
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG