【稽留(けいりゅう)流産】お空に帰った双子ちゃん

【流産・死産体験談】

私は去年の夏、けい留流産による掻爬手術を受けました。

子供が欲しいなと思って妊活を始めて3ヶ月たった頃、妊娠が判明。とても嬉しい気持ちでした。

しかしその後7週目の受診で、赤ちゃんは一卵性の双子と発覚!とても驚き正直戸惑いもありました。 しかしお腹の中の双子と今3人で過ごしているんだと思うと、とても温かい気持ちで、産まれた後の生活を想像するのも幸せでした。

それなのに・・・それは突然の宣告でした。12週で初めての妊婦健診を受けた時、赤ちゃんが2人とも成長しておらず、心肺が停止していると言われたのです。

急すぎて気持ちがついていきませんでした。

その週末にすぐに掻爬手術を受けることに。それまで泣かないように頑張っていましたが、手術室に入る前に「これでとうとうお別れなんだ」と思うと涙が止まりませんでした。

病院の先生や看護師さんはとてもいい方で、ずっと泣いている私に寄り添ってくれたので、私も気が済むまで泣くことができました。

今まであった悲しかったことなんて、何でもないと思うくらい、辛く悲しい経験でした。

【12週(成長は8週相当)】

あわせて読みたい❕
関連記事

まだ妊娠10週の、妊娠初期のころに流産を経験しています。そろそろ母子手帳がもらえるかな、私のところに来てくれた赤ちゃんは、どのくらい成長しているかな、と期待に胸を膨らませながら産婦人科に行った日、お腹の赤ちゃんの成長が止まっているこ[…]

【流産と苦しい自責の日々】まさか自分が・・・
【稽留(けいりゅう)流産】お空に帰った双子ちゃん
最新情報をチェックしよう!
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG