【『南無~』って何?(意味/違い)】『南無妙法蓮華経』『南無阿弥陀仏』『南無釈迦牟尼仏』『南無大師遍照金剛』

  • 2015年5月13日
  • 2020年6月21日
  • 仏教

各宗派における【南無】

耳にすることも多い『南無阿弥陀仏』や『南無妙法蓮華経』等の念仏・題目・お経。

それぞれのにはどの様な意味や違いがあるのでしょうか?

細かく説明していきます。 

『南無』

【南無】の語源はサンスクリット語のナマス(namas)、ナモー(namo)を漢字に当てたもの。崇敬を表す感嘆詞。
【南無~】とは「~に帰依する」の意。つまり「(無条件で)一生あなたに付いていきます!」という意味になる。
 サンスクリット語とは古代インドの言語で、文字は日本でもお馴染みの梵字。

【南無妙法蓮華経】

『妙法蓮華経(法華経・ほけきょう)に帰依します』の意。
【南無妙法蓮華経】と言うと、日蓮宗や創価学会の専売特許といったイメージがありますが、古くから天台宗や法華宗など「法華経」最も重要な経典のひとつとする宗派も多く、仏教界(特に大乗仏教)では非常に有力な経典のひとつです。
【法華経(ほけきょう)】の教え

『この世に生きとし生けるモノは、実に神秘的なパワーを秘めている。これが即ち仏の心(仏性)である。殆どの人間は自らの仏性に気が付いてすらいないが、今をしっかりと生き、輪廻転生を繰り返せば、いずれは皆仏に成れる。

釈迦はそのことに気付き(目覚め)、その力を開放して仏になった人間のひとりだが、皆もそれに続きなさい』という教えだ。

宗派によって扱いは異なるが、素人目にはこれぞ「仏教の真髄」と映る。私自身は創価学会とは縁も由もない人間だが、彼らが一心不乱にお題目を唱える理由も、分かる気がする。

【南無阿弥陀仏】

『阿弥陀様に帰依します』の意。
浄土宗・浄土真宗では、他の如何なる方法でもなく、阿弥陀如来の力によってのみ人は救われると説く(他力本願)。故に只ひたすらに阿弥陀仏への救済をお願いする。
高徳院(鎌倉大仏)
【阿弥陀如来(鎌倉大仏)】

【南無釈迦牟尼仏】

『お釈迦様に帰依します』の意。

禅宗(曹洞宗・臨済宗)で良く唱えられる。

釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)とは、お釈迦様のこと。言わずと知れた仏教の開祖「釈迦如来」への忠誠を誓う言葉だが、そもそも禅宗では、念仏や題目を唱えただけで人々が救われるとは考えていない。

仏に寄り添い、同じように行動、実践することが第一とされている。

よって開祖への言葉と言えども、さほど有名ではない。

【南無大師遍照金剛】

『(大日如来の化身である)弘法大師に帰依します』の意。
【大師(だいし)】とは、真言宗の開祖弘法大師・空海のこと。
【遍照金剛(へんじょうこんごう)】とは、真言宗における教主(最高仏)、大日如来の別名。

真言宗で唱えられる最も短いお経。

真言宗では、空海とは大日如来が人々に自らの教えを伝える為の化身とする。つまり「大日如来の化身である弘法大師・空海様に付いていきます!」という意味になる。

2大スターの【南無~】

最初に書きましたが。「南無~」とは、特定の仏様や経典の力にすがりたい時に口にする言葉です。「~」の部分に仏様や経典の名前を入れてみてください。

多少言い間違えたって、気にする必要はありません。

信仰にとって大切なのは、正しく言えることこではく、どれだけ心がこもっているかです。

最後に最も身近な仏への『南無~』をご紹介。

【南無観世音菩薩】

日本各所にある観音様にお参りした時は、

【南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)】、

※観世音菩薩・観自在(かんじざい)菩薩・・・観音様の正式名称。

北海道大観音

【南無地蔵(大)菩薩】

道端のお地蔵様を見たら、

【南無地蔵(大)菩薩・なむじぞう(だい)ぼさつ】

と唱えれば、たちまち「観音様(おじぞうさま)お助けください。」という意味になります。

観音様のお地蔵様は庶民信仰における不動の2トップですから、お目にかかる機会は多いと思いますので、是非使ってみてください。

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG