【ひとりで悩まないで!】妊娠/中絶についての各種無料相談窓口の特徴とご案内

  • 2020年9月9日
  • 2020年9月8日
  • 中絶

誰かに相談しよう

妊娠が発覚したとき、誰にも相談できずに悩んでいる人が少なくありません。

中には、誰にも言えないまま、中絶できる時期を過ぎてしまい、産むことも中絶することもできずに苦しんでしまうことも。

妊娠が発覚して、悩みごとがある場合は、無料の相談窓口を利用してみることがおすすめです。

妊娠・中絶について無料の相談窓口はたくさんある

妊娠や中絶について相談できる窓口はたくさんあります。

もちろん、有料のカウンセリングや相談窓口を使う方法もありますが、無料かつ匿名で相談できる窓口もたくさんあります。

  • 本当に無料で相談できるんだろうか?
  • 何か裏があるのでは?
  • 本当に信頼できる団体なの?

そのような心配をされる方もいるかもしれません。

そこで今回は、信頼できて、かつ無料の相談窓口をご紹介します。

妊娠・中絶についての相談窓口

妊娠や中絶の相談窓口には、無料のものから有料のものまで大きくわけると4つの種類が存在します。

それぞれ特徴があるため、自分にあった相談窓口をご利用ください。

特別養子縁組のあっせん団体の相談窓口

1つ目は、特別養子縁組や里親制度のあっせんをしている団体の相談窓口です。

特別養子縁組・里親制度とは、どうしても赤ちゃんを育てられない妊婦さんのために、赤ちゃんを育てる育ての親を見つけてマッチングする仕組みです。

国の許可を受けて運営している非営利組織が多いため、信頼できて、かつ無料の窓口であることがおすすめの理由です。

都道府県が設置している相談窓口

2つ目は、行政が設置している都道府県の妊娠・中絶相談窓口です。

例えば、東京都に住んでいる場合は「東京 妊娠 窓口」などとインターネットで調べてみましょう。

すると、東京都が運営している『東京都妊娠相談ほっとライン』というものが出てきます。

国や都道府県が設置している窓口は、原則としてその地域に住んでいる人のみが使用可能です。

(その地域に住んでいる人たちの税金で運営されているためです)

自分の住んでいる地域の窓口を利用します。

特に対面での相談は、是非都道府県の相談窓口へ相談しましょう。

産婦人科の相談窓口

3つ目は、産婦人科です。

医学的な相談の場合は、産婦人科のクリニック・病院に行って産婦人科医に相談するのが確実です。

中には、妊娠や中絶に関するカウンセリンングの窓口を設けている産婦人科もあります。

相談無料、秘密は守ります。
体のこと、おなかの赤ちゃんのこと、お金のこと、心配なことをご相談ください。

妊娠相談・特別養子縁組 | 認定NPO法人フローレンスの赤ちゃん縁組

男性やご家族が相談可能な窓口も

『妊娠に関して悩んでいる方であれば、どなたでも無料相談できる』と明記されている相談窓口も少なくありません。

パートナーの男性や、ご家族などで、正しい知識や手続きの方法などがわからずに困っている場合は、このような窓口での相談もぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい❕
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG