【ロードバイクはカーボン製が良いの?】カーボン製のロードバイクのメリットとデメリット

ロードバイクの素材と特徴

ロードバイクを買いたいとその道に詳しい知人に相談したところ、断然カーボン製のロードバイクが良いと勧められた、そんな体験をした方もいるはずです。

しかし、カーボン製のロードバイクは何が良いのか、またどんなデメリットがあるのかという点も分からず買ってしまうのも考えもの。

今回このカーボン製のロードバイクのメリットやデメリットについて紹介します。

購入前に検討する材料になれば幸いです。

そもそもカーボン製のロードバイクとは?

ロードバイクはカーボン製が良いの?】カーボン製のロードバイクのメリットとデメリット

カーボン製のロードバイクと言ってもどんなものがそうなのか分からない、そういった意見もあるのではないでしょうか。

一言で言うと自転車のフレーム(本体)が、カーボン(炭素の繊維の束)で作られているロードバイクです。

炭素と言うイメージから真っ黒なロードバイクをイメージするかもしれませんが、多くのロードバイクでは、塗装がされているため、様々な色や模様のモデルがあります。

カーボン自体は、航空機やスポーツカー、ロケットなどにも使われている優れた素材です。

そういった事を聞くと、高性能な印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。

他にどんな素材のロードバイクがあるの?

ロードバイクはカーボン以外にも様々なものがあります。

主に市販されているものとしては、アルミニウムの合金(まれにアロイとも呼ばれます)や、クロムモリブデン鋼(クロモリと呼ばれます)、スチール、そしてチタンです。

しかしこれらはいずれも金属であり、樹脂と炭素繊維でできたカーボンのロードバイクは、特異な素材と言えます。

カーボン製のロードバイクのメリット

ロードバイクはカーボン製が良いの?】カーボン製のロードバイクのメリットとデメリット

これまでサラッとカーボン製のロードバイクの特徴について触れてきました。

そんなカーボン製のロードバイクのメリットを紹介していきましょう。

主なメリットとして軽い、デザインが凝っている、そして所有欲が満たされるといったものが挙げられますが、これらについてまとめました。

軽くて走りやすい

カーボンは薄く加工しても金属並みの強度が持てることから、軽いロードバイクを作ることができます。

この軽さはロードバイクでは重要で、軽い分少ない力で走れるというのがメリットです。

特に坂道が多い峠道のような所では、他の素材のロードバイクよりも走りやすく、振動吸収も優れているので、疲れにくいロードバイクと言えます。

加工がしやすくデザインが凝っている

カーボンは金属ではありません。

金属はパイプを溶接したり、あるいは金型に流し込んだりと言ったことで製造されますがデザインに制約があります。

一方カーボンは炭素繊維と樹脂なので、加工の自由度がまるで異なるのです。

そのため、空力を意識した金属ではなかなか難しいデザインのロードバイクを作ったり、溶接の必要がないため溶接の跡がないすべらかなフレームになります。

こういったデザインの自由度があるため、自分好みのデザインのロードバイクが選べるのです。

所有欲が満たされる

最後は直接の性能ではありませんが、所有欲が満たされます。

カーボンは、ママチャリなど一般的な自転車では決して用いられることのない素材です。

そのため、ロードバイクを持っているという実感を強く持つことができます。

また、他の素材のものよりも塗装などにこだわったモデルが多く、そういった点も魅力に感じるというメリットもあるのです。

カーボン製のロードバイクのデメリット

ロードバイクはカーボン製が良いの?】カーボン製のロードバイクのメリットとデメリット

残念ながらカーボン製のロードバイクのデメリットもあります。

それは高額であること、乱暴に扱うと壊れやすいことです。

そういった点も含めてお話ししていきましょう。

高額なものが多い

素材が高価な分、お値段は張るものが多いのがデメリットです。

一部例外はありますが、基本的に最低でも20万円程度用意しておく必要があります。

これはアルミやクロモリと言った他の素材のロードバイクの倍近い金額です。

長い趣味にするのであれば問題ありませんが、一時乗るという衝動的な買い物としては、少々高額と言えるのではないでしょうか。

乱暴に扱うと壊れやすい

カーボン製のロードバイクは、炭素繊維と樹脂を組み合わせて製造されています。これは強度こそ金属並みなのですが、強い衝撃に対しては弱い特徴があります。

例えば、ロードバイクを倒して縁石などにぶつけても金属製のものであれば多少傷がついたり、時にへこんだりする程度で走ることはできます。

しかし、カーボンの場合は同じシチュエーションで割れてしまうことがあるのです。

最近は丈夫になってきてはいますが、こういったデメリットがあり、割れてしまうと二度と乗ることはできません。

また、ママチャリのように軒先に放置すると紫外線で劣化することも多く、保管にも気を使う必要があるのです。

カーボンのロードバイクを買う前に一度検討を

カーボンのロードバイクは、走りやすく性能も優れたものが多いというメリットがあります。

そういった面から、ロードバイクに乗っている人から初心者に勧められることが少なくありません。

しかし、高額であることや乱暴に扱うと破損するというデメリットもあるので、その点を考慮して購入を検討してみてはいかがでしょうか。

売れてます❕
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG