【ありがとう…】3ヶ月で旅立った我が子へ・・・

【流産・死産・中絶体験談】

妊娠11週での検診でのこと。

この日は初めて主人もエコーを見られるとのことでワクワクしながら検診へ行きました。そしていつものようにエコーで我が子を見ると、一瞬で違和感を覚えました。「2週間前から大きくなっていない…」と。

主人はエコーの画面に興奮しているのか「うわーすごい!」と言っていたのですが、私はもうこの時点でダメだとわかりました。

先生も時間を掛けて見てくれましたが「心拍が止まってしまってますね」と一言。主人もそこでようやく察したようでした。

恐らく9週目から10週目に入る前に心拍が止まったこと、今後手術が必要なことを説明してもらいましたが、ほとんど頭に入ってきませんでした。

病院を出た後は主人と2人で目が腫れるまで泣きました。

手術は10日後に決まり、それまで赤ちゃんとの最後の時間を一緒に過ごしました。

主人は流産宣告日以降は泣くこともなく、私のことを支えてくれましたが、手術日当日は「これで最後だね」と私のお腹を触りながら泣いていました。

お別れをした後は水子供養をし、毎日夫婦で手を合わせています。

たった3ヶ月の命でしたが、私たちのもとに来てくれて幸せでした。

【妊娠11週目】

あわせて読みたい❕
関連記事

私が反復流産を経験したのは今年の3月の話です。赤ちゃんは7週目で成長が止まってしまいました。この妊娠の半年前に私は一度流産を経験しており、なんとか立ち直って先に進もうとしていた矢先の出来事でした。妊活を再開して、一周期目で妊娠し[…]

【反復流産】気持ちを汲んでくれない医者や周囲の冷たさが辛い
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG