【葬儀/葬式川柳】笑いあり、涙あり!十七文字の別れ歌 其の参

葬儀/葬式川柳

大切なあの人への想い、十七文字の言葉に乗せて・・・

在りし日の 父に叱られ 目が覚める
☆解説

中学生の頃に父を突然亡くしました。

現実の出来事とは思えなくて通夜の晩にウトウトして父に叱られた夢を見て目が覚めました。一気に現実に引き戻された気持ちは今でも忘れません。

連れられし 子らは困惑 遺影誰?
☆解説

まるきり面識のない親戚の葬儀に連れてこられても、子供側は困っちゃうよね、と(笑)。

祭壇の 遺影に声が よみがえる
☆解説

祭壇に花とともに掲げられた遺影を見ていたら、生前に聞いた個人の声がふっと思いだされました。

父看取り 「じゃらん」片手に 母ニヤリ
☆解説

父を看取り、『これから青春だわ』と前向きな母の姿を詠みました。女性は強いです。

亡くなりて 心は近し 距離遠し
☆解説

大切な人が亡くなったら、いつも近くで見守ってくれている気がするけれど、会えない距離にいってしまったということです。

妻に聞く そこの人誰 あの人は?
☆解説

自分の身内の葬儀なのに、名前が思い出せず、妻の方がしっかり覚えているから、あれこれ聞いている様です。

肩までも 届く骸の 冷たさよ
☆解説

父の通夜で初めて遺体に触れた冷たさは、触れた手から肩までも伝わるような冷たさで、生涯忘れないと思います。

祖母は灰 火葬場デビュー ほろ苦し
☆解説

火葬が何なのかもよく分からないまま、火葬場に連れて行かれ、祖母の骨を見て恐くて泣いてしまった幼少期の句です。

宝物 見守ってくれた 父の愛
☆解説

ずっと私の事を見守ってくれた父に感謝の気持ちを込めました。父との思い出は私の大事な宝物です。

悲しみに 浸る間もなく 動き詰め
☆解説

悲しみに浸りたいのに、そんな暇もなく受け付けや接待をしなければならない心情を表しました。

永遠の 別れが見(魅)せた 伴侶の愛
☆解説

祖父に対していつも怒って邪魔者のように扱っていた祖母が、火葬場で祖父の棺桶を追いかけるように大泣きしているのを見て、一同が驚きに満ちていました。

側から見ているだけではわからない、夫婦の愛というものを見た気がします。【見せた】は【見せる・魅せる】の掛詞。

戒名に 居士を貰えず 嘆く叔母
☆解説

父に戴いた戒名が○○信士でした。私を含む子供たちは居士が付いてない事に対して、

『父は真面目で黙々と働いた人で名誉を重んじる人ではない』

と気にしていませんでしたが、父の姉がふと漏らした言葉に父の想いを垣間見た思いでした。

『本当は、居士欲しかったと思うよ!最後くらいヨイショしてやりかたかったね!』と。

微笑んだ 最期の顔に ホッとする
☆解説

最後に見る顔はとても穏やかで、笑っている様に見えた母。

叔父葬儀 呼ばれず後に 逝去知る
☆解説

叔父の他界を知らされず、最近来ないねと話すと、去年亡くなったとボソッと母がこぼした言葉に唖然。

綺麗だね 最期の顔に 笑みをみる
☆解説

最後に見る顔はとても美しく、ほほ笑んでいる様に見えた妻。

合理的? まとめて行う 通夜葬儀
☆解説

合理的という表現もあわせて、良いか悪いかは別として、忙しい現代にあって、葬儀を一日で終わらせられる一日葬は遺族からしたら楽ですよね。

仏壇に 供えたご飯 艶光る
☆解説

仏壇ににお供えするために丁寧に盛った白米は輝いて見え、故人が喜んでくれているかの様でした。

親戚の 金は出さずに 口は出す
☆解説

どこにでも金は出さないのに口だけ出す人っていますよね。

私も親戚の人に勝手に葬儀屋を決められた挙句、葬儀の内容まで口をだされた事があります。

悲しくて ただ哀しくて 愛(かな)しくて
☆解説

それ以上でもそれ以下でもありません…

あれ良いな 漬物瓶(つけものがめ)に 骨壷が
☆解説

父の葬儀でおじが骨壷を見て、『あれ漬物つけるの丁度良いな』と言っていたのを思い出して書きました。

あわせて読みたい❕
関連記事

葬儀/葬式川柳大切なあの人への想い、十七文字の言葉に乗せて・・・ありがとう 優しい父への 終(つい)の礼☆解説私をとても大事にしてくれた優しかった父へ最後に『ありがとう』とお別れの言葉をかけました。[…]

【葬儀/葬式川柳】笑いあり、涙あり!十七文字の別れ歌 其の四
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG