【葬儀/葬式川柳】笑いあり、涙あり!十七文字の別れ歌 其の四

葬儀/葬式川柳

大切なあの人への想い、十七文字の言葉に乗せて・・・

ありがとう 優しい父への 終(つい)の礼
☆解説

私をとても大事にしてくれた優しかった父へ最後に『ありがとう』とお別れの言葉をかけました。

最期まで あなたらしいね 強がりは
☆解説

いつも弱音も愚痴もはかない人で、最期まで気丈だったなと思います。

いつまでも 歩んだ日々を 忘れない
☆解説

共に生きた時間は永遠です。

火葬場で 悲しいよりも ホッとした
☆解説

ずっと介護していた祖父が亡くなって、悲しみよりも、解放された気持ちの方が大きかった。

ホッとした 寝ているように 見えたから
☆解説

大変な最期だったので、苦しみに満ちた顔だったらと想像して不安でしたが、寝ているだけのような顔をしていたので安堵した時のことを詠みました。

雨空が 私の代わりに 泣いている
☆解説

私が父が12歳の時に父が亡くなりましたが、幼い弟妹達のために自分がしっかりしないとと自覚していた私は、必死に涙をこらえて いたのですが、外は土砂降りだったのを元に書きました。

待っててね 遠い未来で 会いましょう
☆解説

私も何十年後かにそちらに(あの世)行くから、その時にまた会いましょうという思いを込めて。

笑顔だけ 最後の写真も 笑顔だけ
☆解説

お葬式で使う写真も今までの写真も、あなたはいつも笑顔でしたね。

有難う 静かな部屋に 手を合わせ
☆解説

誰もいなくなった静かな母の部屋で、手を合わせながら感謝の気持ちを伝えている自分の気持ちを詠みました。

恩返す 間も頂けず 逝きし人
☆解説

恩人の葬儀にて・・・

ご恩を返せないままになってしまったことへの後悔の念を込めました。

さようなら 言えなくなって 「また会おう」
☆解説

祖母が亡くなってから、気軽にさようならと挨拶出来なくなり、『またね』『また会おう』が口癖になってしまいました。

我を知る 人ぞだんだん 少なけり
☆解説

お葬式で親戚や知人が亡くなっていく場面に直面する度に、自分を知っている人がどんどん少なくなっていくことが寂しいと思った句です

残る人 思い出語る 長い夜
☆解説

お通夜では、長い夜を通して、皆で思い出話を話ている。

在りし日の 君を見つめて 「また会おう」
☆解説

君(亡くなった人)に言葉を投げても返事は返らない。記憶に残る君に今の別れを告げ、いづれ会う約束をする。

短命が 哀れだとは 思わない
☆解説

短い人生に幕を閉じた方に、残った方は悲しい思いをするが、『素晴らしい人生だったね』と思いながら見送ってあげたいから。

人生を 振り向き返ると 君がいた
☆解説

人生君と一緒にいた時間が長かったと失って気づいた。

笑顔咲く 君との軌跡 忘れない
☆解説

いろんなことを思い出し悲しいけれど笑顔が溢れる。

いまさらと 思うまにまに 涙落ち
☆解説

10代のころから父と折り合いが悪く、大人になってからは殆ど実家に寄り付かなかった。

父の葬儀で母から、父が事ある度に私のことを心配していたということを聞いて、『今更何だよ』と思いながらも、涙が止まらなかった。

過ぎし日に 今会えればと ふさぐ我
☆解説

大切なモノは無くして初めて気づくもの。

生きているうちに、話しておけば、伝えておけば、そしてやってあげればよかったと悔いが残っています。

参列後 微笑み集った 玄関前
☆解説

泣いたり悲しんだりの葬儀が終了した後に、葬儀会場の玄関先に家族・親戚・知人が集い、思い出話や今後の話を談笑して絆を改めて確かめ、前向きな未来を誓う姿を詠みました。

あわせて読みたい❕
関連記事

葬儀/葬式川柳大切なあの人への想い、十七文字の言葉に乗せて・・・遺品箱 開けて中見て そっと閉じ☆解説葬儀後、親族手分けして遺品を整理していたら祖父のタンスの奥深くから古びた箱が。開けたら中身は、とても祖母に[…]

【葬儀/葬式川柳】笑いあり、涙あり!十七文字の別れ歌 其の五
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG