【観覧注意】顔の無い遺体!?大事故で頭部がグチャグチャに…(納棺師の裏話)

納棺師の見る光と闇

映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。

しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。

納棺師のもとに届いた驚愕の依頼!あなたはこの現実に耐えられますか!?

プロローグ

飛び降り自殺に飛び込み自殺、交通事故、仕事中の事故などにより、とんでもなく損傷の激しい遺体を目にすることがあります。

納棺師の体験談

港湾関係のお仕事の方の葬儀依頼。

仕事中に事故に遭い、ご遺体は管轄の警察署に保管中とのこと。

ご遺族によると、警察から顔の損傷が激しいと聞いているが、何とか面会できるようにしてほしいとの依頼をいただいた。

そういうことなら仕方がない!やりましょー!

たまたま馴染みの納棺師が仕事終わりで近くにいるとのことで、状態の確認から手伝ってもらうことに。

先に納棺師は警察署まで向かってもらい、私も急いで車をかっ飛ばす!

すると先についた納棺師から恐怖の電話が入る。

人物
納棺師
色即是食ぅさん大変です!、か、顔が無いっす…

∑(`□´/)/ ぬぁにぃー!?

顔が無いだと!?

慌てて警察署の霊安室に飛び込むと…

扉が開いており、広げられた納体シートの上に、こちら側に足を向けて横たわる男性が見える。

顔は!?

有る!

あるやんけー!何やねん!ボケー!カスー!お前のかあちゃんでべそーー!

と、勢い込んで近づいた瞬間…

無い…

顔が無ーい!!!

∑(`□´/)/ ぬぁにぃー!?

顔が無いだと!?

何と、上顎から上の原型が無いではないか!

警察の話によると、どうやら貨物用のコンテナに顔面を潰されたらしい。

辛うじて下顎は残っていたので、足側から見た時は一瞬顔があるように見えたのだ。

しかし、コンテナが落ちたのか、横から挟まれたのかはわからないが、上顎から上は、完全に潰れてグチャグチャになっていた。

言うなれば、車に轢かれたネコみたいな感じ。

うーん。。。

困った。。。

納棺師と2人、暫し腕組みをして考える。

 
作るしか無いね…
人物
納棺師
まぁ…作るしか無いっすね。。。

だが、なかなかの費用がかかるし、そもそも故人(の顔)じゃなくなる。

単なる制作物だもん・・・

結局遺族と話をして、そのまま火葬だけすることになった。

まぁ、正解だよ。綺麗な顔の故人を覚えておいてあげてください。

ひと言

莫大な費用と超一流の腕と、長い制作時間を用意できる、ハリウッドの特殊メイクならいざ知らず、葬儀業界レベルでは、遺族の満足のいく修復や製作は難しいのが現状です。

修復をして、後悔する遺族も多くいらっしゃいます。

もちろん最後に一目会いたい気持ちは痛いほど分かりますが・・・

酷い姿は敢えて見ずに、心の中の綺麗な姿の故人を汚さないというのも、大いに評価できる、勇気ある決断だと思いますよ。

>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG