【殺人ウィルスと感染症の歴史】新型コロナ・ペスト・HIV・インフルエンザ…

史上最悪のウイスルランキング

★天然痘ウイルス

感染症名天然痘
症状高熱・頭痛・発疹
致死率40%
宿り主人間
予防方法種痘(ワクチン)
治療方法化学治療による対症療法

ウイルス概要

紀元前1000年前後のエジプトのミイラからも天然痘の痕跡が見つかっている、非常に古くらからある感染症。恐ろしい程強力な感染力を誇り、時には国や民族を滅ぼす遠因となることもあった。

20世紀には世界中で大流行し、3-5億人程の人間が命を落としている。別名「悪魔のウイルス」。

人類が初めてワクチンを開発した、或いは初めて撲滅に成功した感染症として知られる。現在はアメリカとロシアの研究機関にのみ存在するが、一方で生物兵器として秘密裏に保管している国、或いは研究機関があるのではないかとの懸念が存在する。

天然痘ウイルス


★黄熱ウイルス

感染症名黄熱病
症状発熱・頭痛・悪寒・鼻や歯茎からの出血・黄疸
致死率30‐50%
宿り主人間・サル
予防方法黄熱ワクチン
治療方法特効薬は無く、対症療法のみ

ウイルス概要

ネッタイシマカなどによって媒介される中南米の風土病。野口英世がこの病気の研究中に感染し、命を落としたことでも有名。

発症した場合の致死率は高いが、ワクチンが開発されており、感染を防ぐことは可能。

黄熱ウイルス


★狂犬病ウイルス

感染症名狂犬病(狂水症)
症状【初期】風に似た症状、【後期】水や風などへの恐怖症・麻痺・精神錯乱
致死率100%
宿り主イヌ・コウオリ・キツネ・マングースなど様々
予防方法狂犬病ワクチン
治療方法狂犬病ワクチン(発症後の治療方法は無し)

ウイルス概要

人獣共通の感染症。イヌや人だけでなく、ほぼ全ての哺乳類に感染する。

年間の死者のうち半数の3万人以上がアジアでの死亡例。唾液を通して感染する為、動物(特にアジア)に噛まれた場合は早急にワクチンを接種する必要がある。昆虫によっても媒介される。

発症すれば致死率はほぼ100%と言われるが、潜伏期間に複数回にわたりワクチンを接種することで殆どの場合、狂犬病の発症を抑えることが出来る。

エイズと共に最も致死率の高い病気として、ギネスブックに登録されている。

狂犬病ウイルス


★インフルエンザウイルス

感染症名インフルエンザ・インフルエンザ脳炎
症状発熱・頭痛・下痢・倦怠感・筋肉痛・咳・嘔吐・鼻汁
致死率0.05%(季節性インフルエンザ)
宿り主人間
予防方法インフレンザワクチン
治療方法抗インフルエンザ剤(リレンザ・タミフル等)

ウイルス概要

古代エジプトの時代から確認されているウィルスで、構造の違いからA型・B型・C型が存在する。

本来は水鳥を宿り主としていたが、突然変異により人間への感染能力を手に入れたと考えられる。

冬から春にかけて大規模な感染拡大を引き起こす傾向があり、日本国内だけでも毎年数百万人から一千万人程度の感染者が出る(季節性インフルエンザ)。

過去には6億人が感染し、4千万人‐1億人が死亡したとされる大流行の事例(スペイン風邪)もある。

毎年決まった時期に流行する季節性インフルエンザとは別に、ウィルスの突然変異により季節に関係なく流行する、新型インフルエンザがある。

インフルエンザウイルス



★デングウイルス

感染症名デング熱
症状発熱・頭痛・筋肉痛・皮膚発疹(はしかに似た症状)
致死率1‐5%(適切な治療を行えば1%未満)
宿り主人間
予防方法ワクチン無し
治療方法対症療法のみ

ウイルス概要

熱帯病のひとつ。主な宿り主は人間で、ネッタイシマカを通じて感染する。

熱帯症としてはマラリアに次いで感染数が多い。交通手段の発達で人間の移動が急速に活発化したことにより、人口の多い都市や街を中心に爆発的な感染の広がりを見せている。

デングウイルス


★HIV(ヒト免疫不全)ウイルス

感染症名後天性免疫不全症候群 (AIDS)
症状【初期】全身の倦怠感・極度の体重減少・極度の過労・風に似た症状【後期】ニューモシスチス肺炎・悪性リンパ腫・皮膚がん
致死率発症すれば100%
宿り主人間
予防方法抗HIV薬
治療方法抗HIV薬

ウイルス概要

サル免疫不全ウィルスの突然変異。感染経路は血液感染・性的感染・母子感染。

HIVウイルスの侵入後、5-10年の無症候期を経て、AIDSを発病する。発病後無治療の場合の生存期間は6カ月~19カ月、治療を行った場合でも生存期間は最長で10年~40年。

発症すればほぼ100%死亡するが、現在は抗ウイルス薬の登場により、適切に治療さえすれば、死亡することはほとんど無い。

また、抗HIV薬を1日1錠飲むことで、90%以上の確率で感染を予防できるとされ、性産業従事者やゲイ・バイセクシャル等に高い支持を受けている。

HIV(ヒト免疫不全)ウイルス


★エボラウイルス

感染症名エボラ出血熱
症状高熱・頭痛・腹痛・下痢・鼻や口、皮膚、消化器官など全身から激しい出血
致死率50‐90%
宿り主コウモリ(食用が原因で人間に感染)
予防方法ワクチン無し
治療方法対症療法のみ

ウイルス概要

人類が発見したウィルスの中で、最も危険なウィルスのひとつと言われる。1976年にアフリカで発見され、度々流行しては、多くの人間を死に至らしめる。

人間の免疫系統をかく乱させる能力を活かして体内に侵入する為、感染力は非常に高い。

致死率は非常に高く、高熱や下痢、筋肉痛などの症状に苦しんだ後、全身から出血して死に至る。これは人間の免疫系等を混乱させ、自らの血管を攻撃させることによる。

貧困国であるアフリカの感染が常であり、先進国がその治療に力を注がなかったことが批判の対象となったが、近年の爆発的流行を受け、最近はその治療に力が注がれるようになった。いくつかの有効な治療方法の報告もある。

エボラウイルス


★西(ウエスト)ナイルウイルス

感染症名西ナイル熱・ウェストナイル脳炎
症状発熱・嘔吐・頭痛・腹痛・筋肉痛・発疹
致死率3‐15%
宿り主鳥(感染した鳥から吸血した蚊を介して、人間に感染する)
予防方法無し
治療方法対症療法のみ

ウイルス概要

文字通りアフリカで発見されたウィルスで、現在は世界中に感染が拡大している。

地球の温暖化により媒介する蚊の生息可能地域が広がっており、近い将来日本も感染の恐怖に脅かされることになる日は近いかもしれない。

西(ウエスト)ナイルウイルス


★ポリオウイルス

感染症名急性灰白髄炎
症状発汗・下痢・便秘・悪心・嘔吐・咽頭痛・咳・麻痺・運動障害
致死率5 – 10%
宿り主人間
予防方法ワクチン
治療方法無し

ウイルス概要

古代エジプトの石碑にも見られる古くから存在するウイルス。

マイナーな風土病としてその存在は殆ど知られていなかったが、20世紀に入り、ヨーロッパやアメリカで大流行。1940年代から50年代には、毎年50万人を超える人々が、死亡または重度の麻痺に苦しめられることになる。

感染した場合でも90%~95%は特段症状はなく、稀に風邪に似た症状が見られる患者が数%程度存在するが、軽微な症状で済む。

しかし、中枢神経系に侵入された場合は、運動系に永続的な麻痺が残り、最悪の場合呼吸器系に異常をきたして死亡する。

5歳以下の子供への感染率が高く、「小児麻痺」と呼ばれていた程だが、意外にも致死率は成人の方がはるかに高い。

日本では1940年代から60年代に大流行している。

ワクチンが開発されたことにより、先進国ではほぼ過去の病気とされているが、発展途上国の極一部では依然、大きな脅威となっている。

ポリオウイルス


★SARS(サーズ)コロナウイルス

感染症名SARS(重症急性呼吸器症候群)
症状肺炎・38℃以上の高熱・せき・呼吸困難
致死率9.6 – 11%
宿り主キクガシラコウモリ
予防方法ワクチン無し
治療方法対処療法のみ

ウイルス概要

熱帯病のひとつ。主な宿り主は人間で、ネッタイシマカを通じて感染する。

熱帯症としてはマラリアに次いで感染数が多い。交通手段の発達で人間の移動が急速に活発化したことにより、人口の多い都市や街を中心に爆発的な感染の広がりを見せている。

SARS(サーズ)コロナウイルス


★MERS(マーズ)コロナウイルス

感染症名MERS(中東呼吸器症候群)
症状肺炎・下痢・腎不全
致死率50%前後
宿り主ヤマコウモリ または ラクダ
予防方法ワクチン無し
治療方法対症療法のみ

ウイルス概要

同じコロナウイルスだがSARSウイルスとは種類が異なる、重度の肺炎を引き起こす新型のコロナウイルス。

元々は中東で見られる病気だが、2015年5月に中東を訪問した韓国人男性が自国で発症。韓国政府の低い危機管理能力と、これまた低い国民の危機意識が影響し、韓国でアウトブレイクを引き起こした。

2019年現在もサウジアラビア等で感染・死亡が確認されている。

MERS(マーズ)コロナウイルス


★2019新型コロナウイルス(2019-nCoV)

感染症名肺炎
症状発熱・全身の倦怠感・筋肉痛・咳・吐き気
致死率50%前後
宿り主コウモリ(推定)
予防方法ワクチン無し
治療方法対症療法のみ

ウイルス概要

2019年12月、中国湖北省武漢市の市場で発生。爆発的に世界中に感染地域を広げている新型のコロナウイルス。発生した地名を取って武漢コロナウイルスとも呼ばれる。

2019新型コロナウイルス(2019-nCoV)


あわせて読みたい❕
関連記事

史上最悪の自然災害ランキング豊かな自然を擁する我々の住む星『地球』。生命を育み、繁栄をもたらしてくれる自然だが、時には大きな牙をむき、多くの生命を死に追いやってきた。そんな自然の驚異の前では、我々生物は何とも無力だ。そんな有史に[…]

【世界の自然災害】大災害&天災概要・死者・被害比較
【殺人ウィルスと感染症の歴史】新型コロナ・ペスト・HIV・インフルエンザ...
最新情報をチェックしよう!
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG