【新型コロナウイルスが教えてくれたこと】当たり前のことが有難い‐大切な人の死に想う

昨今は世の中がコロナの話題一色だ。

先日中学を卒業したばかりの知り合いがいる。中学校生活最後の一ヶ月は、学校閉鎖となり、満足に友達にすら会えずに卒業しなければならなかった。
そんな彼らに学校最後の日、担任の先生がかけてくれた言葉が素晴らしい。
日々に感謝!君たちは
毎日を当たり前のように生き
当たり前のように学校に行き
当たり前のように友達がいて
当たり前のように勉強し
当たり前のように遊び
当たり前のように家に帰って行く。

その当たり前だと思っていたこの現実が、どれほど幸せで有難いことか・・・
身をもって知ることが出来ただろう

50代中盤で亡くなった女性の葬儀に想う。

女性の平均年齢を鑑みれば、あまりにも早い。まだまだこれからだったのに・・・
周囲に渦巻くやるせ無さで、こちらの呼吸も苦しくなる。

しかしながら、人間とは身勝手な考えの生き物だ。

私の両親は今のところお陰様で2人とも健在だが、先述の先生の言葉を借りるなら、私自身、

生きているのは当たり前!当たり前のように毎日を過ごし
当たり前のように親がいて
その親が当たり前のように毎年歳を取り
当たり前のように平均年齢くらいまで生きて
当たり前のように私が送り出す

そう信じて疑わない。

しかし、この世に当たり前だと軽んじて良い日常など存在しないのだ。
当たり前だと思っている現実が、当たり前に存在することの有り難さを、故人が身をもって私たちに教えてくれた。
この教えを無駄にしなためにも、今日も生きているのとに、周囲の人間がただそこにいてくれることに、そして当たり前の日常が当たり前にあることに深く感謝し、いちにちいちにちを大切に生きていかなければならないのだ。
故人様の心よりのご冥福をお祈りして・・・
合掌

そう言えば先日、日本の国民的スターが突然、家族に面会することも叶わず、ひっそりと骨になった。

本人を含めて誰がこんな現実を誰が想像しただろうか?

だがしかし、もうテレビの向こうの楽し気な(存命の)志村けんさんを見て、笑う日常は戻ってこない。

日常とはかくも儚きものなり・・・

まるで春の風に舞うサクラの花びらの様に・・・

最新情報をチェックしよう!
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG